シンプルなランドセルにはどんな魅力があるの?

 

最近のランドセルはカラーが豊富なだけではなく、可愛い刺繍が入っていたりラインストーンの装飾がついていたり、人気のキャラクターがあしらわれているものなど、男の子向け、女の子向け、男女兼用のさまざまなランドセルがラインナップされています。

 

しかし、毎年のように新しいモデルが発表されて多くのカラーやデザインの中でも、昔から一定の人気を保っているのがシンプルなランドセルです。

 

シンプルなデザインのメリットとは

シンプルなデザインのランドセルを選ぶ方の理由で一番多いのは、高学年になっても飽きることがなく使うことができるということです。

 

かわいいデザインやキャラクターがあしらわれたランドセルを低学年のときに選んでしまうと、高学年になったときに子どもっぽく感じてはずかしいと思うお子さんもいます。
せっかく購入したランドセルなので、できることならばお気に入りのランドセルで6年間通学できるほうがいいですよね。

 

また、シンプルなデザインの中でも、天然皮革の牛革やコードバンが素材になっている場合、使用するほど天然皮革の風合いが感じられるようになり愛着もわきます。

 

しかし、シンプルなだけでは少しさみしいなと感じる場合には、ランドセルカバー、反射板キーホルダー、防犯ブザーなど、お子さんの好みで可愛いものやかっこいいものを選ぶことができるので、シンプルだからこそのコーディネートができます。

 

親子で選んだランドセルが違う場合はどうすればいい?

一昔前のランドセルならば、男の子は黒、女の子は赤とランドセルのカラーやデザインにそれほど悩むことはありませんでしたが、近年のランドセルのカラーやデザインが豊富なので、親子で気に入ったランドセルが違ってしまうということがあります。

 

親は6年間使用できることを考えて機能性や丈夫さ、背負いやすさなどで選ぼうとするのですが、子どもはやはりパッと見たときの印象で選びがちです。
最近は個性的なカラーやデザインのものを選ぶお子さんも増えてきているので、お子さんが気にいったものを…と思う気持ちもあるのですが、やはり親としては6年間飽きることがなく使用できるものを…という葛藤がありますよね。

 

お子さんに好きなデザインのものを選ばせたものの、選んだランドセルによっては高学年になっていくにつれ後悔したりすることも多いようです。

 

できることならばシンプルなデザインのランドセルを持たせたい!と考えている方は、あらかじめシンプルなデザインのランドセルを取り扱っているメーカーの絞っておき、親がどのランドセルがいいのかをピックアップしておいて、その中からお子さんが選ぶようにすることをおすすめします。

 

カタログ請求でピックアップしておくのがおすすめ!

 

実際にランドセルを見に行ったときに、親子で違ったランドセルを気に入って困ってしまわないように、カタログ請求をしておいてどこのメーカーがいいのか、どんなデザインやカラーがいいのかを、あらかじめ子どもお子さんと一緒にカタログを見てピックアップしておきましょう。

 

たくさんのランドセルメーカーがあるのでどれがいいのか悩んでしまう方は、メーカーの公式サイトでチェックしたり、気になるメーカーのカタログ請求をすることがおすすめです。

 

ただし、工房系のカタログは数量が決まっているのでなくなり次第配布終了になります。
メーカーによっては年中さんの夏ごろから請求予約が始まるところもあるので、早めに申し込みをしておきましょう。

 

2021年度4月入学のお子様のランドセルカタログ請求はこちら

 

2022年度4月入学のお子様のランドセルカタログ請求はこちら

 

 

ランドセルを選ぶときには、カラーやデザインだけではなく、次の6つのポイントを参考にしてみて下さい。お子さんの体に負担がかからず背負いやすいものを選んであげるようにしましょう。

 

 

ランドセル選びの6つのポイント!

 

Point@ 6年間飽きないデザインやカラー

 

PointA 素材を比較

 

PointB 背負いやすさの工夫

 

PointC A4フラットファイルサイズに対応

 

PointD 機能性や安全性が高いもの

 

PointE 人気モデルのランドセルは購入時期を早めに


 

 

2021年度 おすすめのランドセルメーカーランキング

4月になると多くのランドセルメーカーから、新しいモデルのランドセルが販売されるようになります。ここでは、おすすめのランドセルメーカーの紹介しますので、これからのランドセル選びの参考にしてくださいね。

 

フィットちゃんランドセル

 

 

フィットちゃんランドセルはセイバンの天使のはねと同じように人気があり、評価が高いランドセルメーカーです。
大手ランドセルメーカーならではの機能性と、色やデザインが豊富なので、「かわいい」「かっこいい」ランドセルがたくさんラインナップされています。
また、数は限られていますがオーダーメイド対応で品質がいいもので低価格なモデルを出しています。

 

 

鞄工房山本

 

 

奈良県橿原市の工房でランドセルを作りつづけて50年を迎える鞄工房山本は、鞄業界では作業の委託・分業が多いなか、一貫製造体制を守り続けており、革の型入れ・裁断から仕上げまですべての工程を、職人さんがこだわりを持って行っています。
22シリーズ86種類、カラーバリエーションも豊富にそろっており、素材選びから背負いやすさへの工夫、丈夫さ、安全性も高く、6年間飽きのこないランドセルがそろっています。

 

 

HAKURA

 

 

千年の伝統を持つ日本一の鞄生産量を誇る鞄の街・豊岡から、高い品質基準を満たした鞄職人の誇りが詰まっている「豊岡鞄」が、2006年に特許庁に認められ地域ブランドになりました。「HAKURA」は、豊岡鞄ブランドと認定された初のランドセルです。
全22色の中から選ぶことができ、天然皮革の滑らかな艶や優しい色合いは、130年の伝統が培った職人技があるからこそです。ランドセルから工業製品の名残である「鋲(びょう)」を無くしシンプルなデザインになっています。お子さんが背負いやすような工夫もされており、高品質で安全性も高いランドセルです。

 

 

池田屋

 

 

1950年に創業された池田屋のランドセルは、「厳選したよいものを」「お客様の立場に立ったものづくり」の2つのこだわりを持ってランドセルを作っています。
池田屋のランドセルは、職人さんによる常に背負いやすいランドセルへの工夫や努力がされており、子どもの小さな肩にかかる負担が軽減できるようにすべてのパーツの見直し、形状、素材、動きなどが検証されています。

 

 

セイバン天使のはねランドセル

 

 

セイバンのランドセルはテレビのCMでもよく見ることが多く最もシェアが高い、ランドセル業界で最大手のメーカーです。
セイバンのランドセルは機能性が高く、背負うときに子どもに負担をかけないような工夫がされている、総合的にバランスが取れているランドセルメーカーです。
PUMAやコンバースなどのコラボなど豊富なラインナップがあります。

 

 

カバンのフジタ

 

 

ランドセルを作り始めてから60年になるカバンのフジタのランドセルは、シンプルでカラフルなものが多く、飽きのこない色やデザインだけではなく背あてにも色がついていたりなど、見ているだけでもワクワクする色の組み合せになっています。
アルファベットの「X」のような形状の肩ベルトや背あての部分に背負いやすくする工夫がされていることで、ランドセル本体と背中の隙間がなくなりフィットして体感重量が軽くなっている、お子さま想いのランドセルです。

 

 

萬勇鞄

 

 

6年間快適に使用できるよう、一番負担がかかりやすい背あてと肩ベルトの部分を頑丈に、職人さんが1つ1つの工程を手縫いで丁寧に仕上げています。牛革やコードバン素材のランドセルにも刺繍等を施すなどデザイン面にもこだわりがあります。
工房系のランドセルはシンプルなものが多いなか、萬勇鞄のランドセルはカラーバリエーションやデザインが豊富にあるので、お子さんの好みに合わせたお気に入りのランドセルを選ぶことができます。

 

 

モギカバン

 

 

1929年に創業したモギカバンのランドセルは、伝統を重んじながらも、時代や環境の変化に対応した先進性を追求した、シンプルなのに存在感のあるランドセルです。
素材へのこだわり、熟練の職人さんの技術、少しでも重さを軽減するためのウィング背カンや、ランドセルのヘリをなくしたキューブ型など、機能性や安全性など6年間安心して使用することができます。

 

 

ふわりぃ

 

 

老舗のランドセルメーカーである株式会社協和の「ふわりぃ」は、何よりもお子さんを最優先に考えた「子ども第一主義」の背負いやすいランドセルを作っています。
成長とともに変わっていく体型・身長などにも対応できるように作られており、障がい児用のUランドセルも高い評価を得ています。
また、オーダーメイドランドセルは、6年間使えるランドセルが自分の好きなデザインや柄にできるため特に人気が高くなっています。

 

 

キッズアミ

 

 

ランドセル工房のナース鞄工は60年の歴史を持つ老舗ランドセルメーカーで、熟練の職人による手づくりでランドセルをひとつひとつ仕上げています。
男の子が好きなかっこいいランドセルや、女の子が好きなかわいいランドセルがランナップされており、シンプルなデザインなので高学年になっても飽きることなく、機能性や安全性も高く、耐久性、背負い心地にもこだわりを持って作られているランドセルです。