収納力がある大容量ランドセルはどうして人気がある?

 

最近はA4フラットファイルサイズ対応が主流になってきており、テレビのCMなどでも聞く機会が増えてきた「大容量ランドセル」は、それぞれのランドセルメーカーによって微妙にサイズや収納力が違っています。

 

A4フラットファイルは地域によって使う学校と使わないという学校がありますが、授業などで主にプリントをはさんでまとめるときに使用するので持ち帰ることも多く、教科書やノートよりも大きいため、A4フラットファイル対応のランドセルでないと折り曲げて押し込んだり、カブセ(ふた)の部分に横にしてはさんだり、手提げかばんに入れて持って帰るということになります。

 

 

新ブランド「ARTIFACT(アーティファクト)」を紹介!

 

 

ARTIFACT(アーティファクト)は「芸術品」という意味を持っており、株式会社ラ・ポンテが展開する2021年度に新登場したブランドです。2022年度も個性的でスタイリッシュなデザインの新モデルランドセルがラインナップされています。
アーティファクトは、タブレット端末収納にも対応しています

 

詳しい情報はこちらから ▲

 

関連記事「アーティファクトランドセルの特徴と口コミ・人気ランキングは?」はこちらから

 

 

ランドセルのサイズは大きくわけて2種類

近年では、学校で使われるA4フラットファイルを無理なく収納するために、A4フラットファイルサイズ対応の大容量ランドセルが主流になってきました。

 

2011年に脱ゆとり教育が始まり、2020年度には学習指導要領が改定され、教科書のページ数や冊数がこれまでよりも増加して、毎日の荷物の量が多くなりました。大きくわけてA4クリアファイル・A4フラットファイル対応のランドセルのサイズです。

 

A4クリアファイルサイズ対応のランドセル

 

クリアファイルは書類をはさんで保管したり保護したりする透明のファイルです。
A4クリアファイルが楽に入るサイズなので、学校から配布されたプリントなどをクリアファイルに入れて、紙を折り曲げずに持ち帰ることができます。ただし、A4フラットファイルを楽に入れることができないので、無理やり入れると折れ曲がってしまいます。

 

A4フラットファイルサイズ対応のランドセル

 

フラットファイルは分厚い紙で出来ており、A4サイズの用紙をファイルします。A4フラットファイルサイズ対応のランドセルは、現在ランドセル市場で主流となっており、A4フラットファイルがすっぽりと入る大きさのランドセルなので、がさつな入れ方をしてしまう男の子でもプリントなどをきれいに入れることができます。

 

大容量のランドセルは何をポイントに選べばいいの?

小学校へ入学してから「やっぱりもっとサイズを大きいものにしておけばよかった!」と後悔しないためにも、ランドセルは大容量のものがおすすめです!
そして、お子さんのランドセルを選ぶときに一番考えてあげたいのは、お子さんの体に負担がかかりにくく背負いやすいランドセルです。その他に丈夫さ、デザイン、カラー、安全面などではないでしょうか。

 

小学生が毎日持ち帰りしている荷物の量はとても多く、安全面のことも考えるとランドセルの収納力は選ぶときのポイントの1つとしてとても重要になってきます。

 

小学生の持ち物

 

・教科書・ノート
・筆箱
・A4フラットファイル
・A4クリアファイル
・連絡帳・連絡袋
・体操服
・給食袋
・上靴
・歯ブラシ
・水筒
・傘・レインコート(雨の日) など

 

その日の授業や学年によって、鍵盤ハーモニカやリコーダー、絵具、習字道具、水泳の用意など、多くの荷物を持っていかなければいけない日もあり、片手がふさがるだけではなく、荷物の重さでバランスが取れずに転んでケガをしてしまう可能性もあります。

 

そのため、収納力がある大容量ランドセルにして、少しでも多くの荷物をランドセルに収納することで、登下校中のお子さんの両手が空いて、転んだときに両手をつくことができたり、荷物が自転車や車などにひっかけられるなど、安全面でのリスクを減らすことができます。

 

ランドセルの容量(サイズ)を見るポイント

 

大マチ(教科書などを入れるメインポケット)

大マチはランドセルの側面の部分で、最近は大容量のものが多いため奥行き12p〜13.5pのゆとりがあるものや、高さも業界平均よりもあるものなどメーカーによって奥行きと高さが違っています。選ぶときには大マチの幅や高さを比べてみましょう。

 

小マチ(前段についているサブポケット)

小マチはランドセルの前段のサブポケットの部分で、小マチの幅でランドセルの容量が決まるといってもいいかもしれません。教科書やノート以外の荷物を整理して持って行くことを考えたとき、小マチの収納力も選ぶときのポイントとなります。

 

近年では小マチに収納性を持たせている製品がふえてきており、イオンの「かるすぽ みらいポケット」では、通常時は3cmの奥行きの小マチが、容量を拡大したときには最大8cmに伸びることで、荷物をたくさん収納することができます。

※出典:イオンの公式ページより「かるすぽ みらいポケット」

 

 

ランドセルの小マチって本当に必要なの?

大容量ランドセルが主流となってきている近年では、デザイン的に小マチが狭いランドセルもありますが、大マチだけではなく小マチも幅が広いものが多くなってきました。

 

一昔前のランドセルでは、小マチはそれほど使うことがなく幅は狭かったので、現在の大容量ランドセルで小マチの幅がそれほど重要なのか…と思えてしまう方もいるのではないでしょうか?

 

脱ゆとり教育が始まり教科書のサイズが大きくなったり、ページ数が増えたり、高学年になると通学する小学校もよりますが、地図帳や副読本なども持ち帰るなど荷物が増えるため、筆箱などが大マチだけでは入りきらないことがあります。

 

そこで注目されているのが小マチの使い方で、各メーカーがそれぞれの工夫をして小マチの幅を広くスペースを作ることで、筆箱や給食袋、体操服などもランドセルに収納することができようになりました。

 

荷物の量によって小マチの幅を自由に伸縮させるものや、少し幅のあるものを挟み込むように固定して収納できるものもあったりなど、大容量ランドセルを選ぶときには、小マチが使いやすいものを選ぶことがおすすめです。

 

大容量ランドセルって大きい分重くなるの?

大容量ランドセルのイメージとしては、たくさん荷物が入る分、ランドセルの大きさも大きくなるイメージがありませんか?
ランドセルの重さは、天然皮革のランドセルは1300g〜1500g前後のものが多く、人工皮革のランドセルは1000g〜1300g前後のものが多くあります。

 

ランドセルの重さは、背中とランドセル本体の隙間をなくしてフィットさせ、重心を上の方に持ってくることでランドセルの重さを軽く感じさせることができるよう、各ランドセルメーカーによってさまざまな工夫がされているため、大容量だから重いということはありません。

 

近年のランドセルは、A4フラットファイルサイズ対応の大容量ランドセルが主流となっており、大マチ幅の平均は12cm、メーカーによっては13pを超えるものもあり、水筒や上履きまでランドセルに収納することができるなど、荷物が多いときには小マチが伸びるタイプのものまであります。

 

小学校へ入学するまで、お子さんの体が小さいこともあり、できるだけコンパクトで軽いものを持たせてあげたいと思いますが、入学してから荷物をランドセルに入れて通学するようになると、学年が上がるとともに荷物が増えます。
ランドセルを購入するときには、小さめのランドセルを購入するよりも、大容量で体感重量が軽くなる工夫がされているものを選ぶようにしましょう。

 

収納力がある大容量で背負いやすいおすすめのランドセルランキング

最近では、ほとんどのメーカーのランドセルがA4フラットファイルサイズ対応になってきており、教科書やノート、ファイル以外の荷物をランドセルに少しでも多く収納する工夫がされた大容量のランドセルが増えています。

 

収納力があって大容量のおすすめランドセルを紹介しますので、ランドセル選びの参考にしてみてください。

 

フィットちゃん

 


◆サイズ(内寸)
 横幅 23.3cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm

A4版の自由帳を20冊入れても余裕のメインポケット、サブポケットは分厚い筆箱も入るサイズで、前ポケットには小さな小物も収納可能で、A4フラットファイルも楽々スッキリ収納することができます。
また、全商品の底板に衝撃緩和材が入っているので、これからの学習で使用することが増えてくるタブレットなどのデジタル端末も収納することができます。

 

 フィットちゃん 公式ページはこちら
 フィットちゃんランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

フィットちゃんの大容量ランドセル

 

あい・愛ティアラ 安ピカッ

 


◆WEB販売価格:48,400円(税込)
◆カラー:全6色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.3cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆主素材:クラリーノ エフ
◆重量:約1,240g


サイドの刺繍、内装、背あてなどにハートのモチーフがちりばめられており、ハートが好きな女の子にぴったりなかわいいデザインのランドセルです。おしゃれなデザインだけでなく、車のライトが当たるとピカッと光る「安ピカッ」機能がついているので、安全・安心の人気シリーズのランドセルです。

 

 「あい・愛ティアラ 安ピカッ」の詳細はこちら

 

 

グッドボーイ DX 安ピカッ

 


◆WEB販売価格:55,000円(税込)
◆カラー:全4色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.3cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆主素材:クラリーノ タフロック
◆重量:約1,250g


傷に強い素材のクラリーノ タフロックが使用されており、3方強力補強がされ元気な男の子でも安心して使用できます。また、3段オートロック錠前で荷物の量によって調節できるなど、昨年のグッドボーイ安ピカッタイプの機能性が今年度のモデルでさらに進化しました。こちらも数量限定モデルです。

 

 「グッドボーイ DX 安ピカッ」の詳細はこちら

 

 

キッズアミ(KIDS AMI)

 


◆サイズ(内寸)
 横幅 23.5cm×高さ 31.5cm×マチ幅 12cm+8cm

キッズアミのランドセルは、大マチ幅12cm+小マチ幅が最大約8cm拡がる大人気モデルのペリカンぽっけに、大マチ内部に新機能であるタブレットポケットがついたモデルや、大マチ幅が13.5cmのモデルなどがあり、全てのモデルが大容量で大マチに11インチのタブレットがスッポリ収納することができます。

 

 キッズアミ(KIDS AMI) 公式ページはこちら
 キッズアミ(KIDS AMI) ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

キッズアミ(KIDS AMI)の大容量ランドセル

 

ペリカンポッケプラス

 


◆販売価格:72,600円(税込)
◆カラー:全8色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 31.5cm×マチ幅 12cm+8cm
     (小マチのファスナー開閉で奥行 12cm+8cm)
◆主素材:クラリーノ タフロック NEO
◆重量:約1,260g


タブレット端末収納タイプのランドセルなので、タブレット端末を持ち帰る場合、タブレット端末をきちんと固定して収納できたり、タブレットに付属するコードを収納したり、ランドセルにタブレットを入れているときにモバイルバッテリーで充電できる機能があったりなど、さまざまな工夫がされているので安心です。

 

 キッズアミ ペリカンポッケプラス【女の子】の詳細はこちら
 キッズアミ ペリカンポッケプラス【男の子】の詳細はこちら

 

 

ラビットライト

 


◆販売価格:55,000円(税込)
◆カラー:全4色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 31cm×マチ幅 13.5cm
◆主素材:クラリーノ エフ
◆重量:約1,050g


「シンプル×スポーティ」をモチーフになっており、かぶせ、大マチ、肩ベルト、前段ポケットにスニーカーをイメージしたカラー反射材がプリントされています。
「軽い。だけど、しっかり丈夫」を合言葉に、大マチは13.5pと大容量、革や金具の素材と加工法、ひとつひとつを丁寧に企画開発された軽量ランドセルです。

 

 「ラビットライト」詳細はこちら

 

 

池田屋

 


◆サイズ(内寸)
 横幅 23cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm

池田屋のランドセルは、小マチが最大4.5cmまで広がるので、十分な容量の大マチと合わせると総マチ幅は最大で16.5cmになります。
サブバックで持っていくはずの体操服や水筒まですっぽりと収納することができるので、両手が自由になり通学も安心です。荷物が少ない日は小マチを畳んですっきりコンパクトに調節することができることも子どもたちに大好評です。

 

 池田屋 公式ページはこちら
 池田屋ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

池田屋の大容量ランドセル

 

イタリア製防水牛革プレミアム

 


◆販売価格:68,000円(税込)
◆カラー:全9色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆主素材:防水牛革
◆重量:約1,300g


本体には特殊な防水加工が施された牛革が使用されており、本体と違うカラーがシンプルなデザインをおしゃれにしてくれています。
シンプルなデザインだからこその刺繍シールや反射シール(別売)を、自分の好きなようにつけることができるので自分だけのランドセルにアレンジすることができます。

 

 「イタリア製防水牛革プレミアム」の詳細はこちら

 

 

ベルバイオスムース カラーステッチ

 


◆販売価格:59,500円(税込)
◆カラー:全9色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆主素材:特注ベルバイオ
◆重量:約1,100g


このモデル限定で開発された特注素材のベルバイオが使用されています。最高級イタリア製の牛革のような高級がある風合いやツヤ感が表現されており、人工皮革だからこその軽さもあり、防水力が高く高性能なランドセルです。カラーステッチがポイントになっている人気のランドセルです。

 

 「ベルバイオスムース カラーステッチ」の詳細はこちら

 

 

羽倉(HAKURA)

 


◆サイズ(内寸)
 横幅 23.2cm×高さ 30.6cm×マチ幅 12cm

A4フラットファイル対応でマチ幅が12cmあるので、増加傾向にある教材もしっかり収納することができます。荷物が少ない低学年やB5サイズの教科書が多い時などには水筒や体操服なども入れられて、前ポケットにはタブレットがすっぽり入るなど、ランドセルひとつで登校できるので両手が空いて安全に登校することができます。

 

 羽倉(HAKURA) 公式ページはこちら
 羽倉(HAKURA) ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

羽倉(HAKURA)の大容量ランドセル

 

羽倉(HAKURA)のオーダーメイドランドセル

 


◆販売価格:62,700円(税込)〜
◆カラー:全 メイン21色×サイド12色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.2cm×高さ 30.6cm×マチ幅 12cm
◆主素材:耐性牛革
◆重量:約1,320g


メイン21色・サイド12色から、自分だけの組み合わせでオーダーができます。カブセのホワイトにサイドカラーは7色から選ぶことができます。羽倉のスタイリッシュなデザインとフラップ(カブセ)とマチ(本体部分)に、それぞれ異なる色と革素材を組み合わせた、周りとはちょっと違った個性的でかっこいい羽倉ならではのランドセルです。

 

 「羽倉(HAKURA)のオーダーメイドランドセル」の詳細はこちら

 

 

耐性牛革スタンダード

 


◆販売価格:62,700(税込)
◆カラー:全18色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.2cm×高さ 30.6cm×マチ幅 12cm
◆主素材:耐性牛革
◆重量:約1,320g


耐性牛革を使用したカブセにビスがない新定番モデルで、樹脂による色止め加工を施すことでマッドな仕上がりになっています。耐久性にも優れているので天然皮革でも扱いやすく、本革のなめらかな質感を手軽に味わうことができるランドセルです。

 

 「耐性牛革スタンダード」の詳細はこちら

 

 

セイバン 天使のはね

 


◆サイズ(内寸)
 横幅 23.5cm×高さ 31cm×マチ幅 12〜13cm

教科書やノートなどの教材を入れるメインスペースの大マチは、A4フラットファイルがすっぽりと入ります。高学年になると副教材などさらに教材が増えても安心の収納力です。教材が少ないときには、余った隙間に上靴や給食エプロンなども入れることができるので、手で荷物を持つことがなく両手があきます。

 

 セイバン 公式ページはこちら
 セイバン「天使のはね」ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

セイバン「天使のはね」の大容量ランドセル

 

モデルロイヤル クリスタル

 


◆期間限定販売価格:62,370円(税込)
◆カラー:全6色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆主素材:アンジュエールグロス
◆重量:約1,290g


雪の結晶やガラスの靴などの美しいモチーフ、カブセにはスワロフスキー・クリスタルが使用されており、サイドにはティアラをデザインした立体的な刺しゅうがされた、シンデレラのような世界が表現された上品で華やかなランドセルです。
マチ幅が約12cmでたっぷり収納ができ、子ども想いの機能性も高く、お子さんの体に負担のかかりにくい背負いやすいランドセルです。

 

 「モデルロイヤル クリスタル」の詳細はこちら

 

 

モデルロイヤル ベーシック

 


◆期間限定販売価格:57,420円(税込)
◆カラー:全4色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆主素材:アンジュエール グロス
◆重量:約1,270g


フォーマルなデザインにアクセントカラーのスマートなシルエットに差し色が大人びたイメージを表現されており、カブセと前ポケット上部には、上品なイメージが漂うレオンの飾り鋲、サイドに入ったトリコロールの王冠刺しゅうがワンポイントになっています。まっすぐ背負えて背負いごこちが快適になる、セイバンならではの工夫がされているので、お子さんの体への負担が軽減されます。

 

 「モデルロイヤル ベーシック」の詳細はこちら

 

 

ふわりぃ

 


◆サイズ(内寸)
 横幅 23.5cm×高さ 30.5cm×マチ幅 13.5cm

ランドセルの中に荷物が入りきらないときのために、従来のマチ幅11cmから最大13.5cmに容量がアップしました。荷物がたくさん入るので手荷物が減って手ぶらになれることで安全に通学できます。
真ん中のポケットは荷物が多いときに全部広げれば最大約5cm広がる「のび〜るポケット」が搭載されており、使わないときにはぺったんこにすることができます。

 

 ふわりぃ 公式ページはこちら
 ふわりぃランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

ふわりぃの大容量ランドセル

 

プラチナセレクト

 


◆WEB販売価格:63,800円(税込)
◆カラー:全10色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 30.5cm×マチ幅 13.5cm
◆主素材:クラリーノ レミニカ
◆重量:約1,230g


シンプルでオーソドックスなデザインになっており、マチにハートとリボンをモチーフにした気品を感じさせるシンプルなティアラの刺しゅうが入っているなど、大人っぽいランドセルがいい女の子におすすめです。
軽さ、丈夫さなどの機能性もよく、タブレットも収納することができます。

 

 「プラチナセレクト」の詳細はこちら

 

 

スーパーフラッシュ

 


◆WEB販売価格:57,420円(税込)
◆カラー:全15色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 30.5cm×マチ幅 13.5cm
◆主素材:クラリーノ タフロック NEO
◆重量:約1,180g


ランドセルの360°全方向から反射するように、さまざまなところに反射材が使用されているので、暗い夜道などでも車のライトがあたると、お子さんの存在がわかる安心・安全なランドセルです。
のび〜るポケットが搭載されているので、荷物の多い日にもたくさん入るので両手がふさがらないので安心です。

 

 「スーパーフラッシュ」の詳細はこちら

 

 

黒川鞄

 


◆サイズ(内寸)
 横幅 23.5cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm

黒川鞄の「はばたく ランドセル」は、A4フラットファイルに対応しています(総コードバンは除きます)。厚みのあるペンケースもらくらく入り、たくさんの教材をランドセルにまとめて収納することができるので、両手を空けた状態で安全に通学することができます。

 

 黒川鞄 公式ページはこちら
 黒川鞄ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

黒川鞄 大容量ランドセル

 

スムース牛革 ビッグ

 


◆販売価格:85,800円(税込)
◆カラー:全14色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆主素材:牛革
◆重量:約1,580g


革素材の王道であるスムース牛革でもっとたくさん荷物が入るランドセル が欲しいという要望を受け、改良が重ねられてようやく収納力アップが実現したビッグモデルのランドセル です。きめ細かい牛革本来の銀面(表面)が生かされたやわらかい光沢となめらかな手触りです。製法や金具の材質などにこだわった大きいサイズながら軽さも追及されたランドセル です。

 

 「スムース牛革 ビッグ」の詳細はこちら

 

 

シボ牛革 ビッグ

 


◆販売価格:85,800円(税込)
◆カラー:全15色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.3cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆主素材:牛革
◆重量:約1,580g


牛革の表面の細かなシワ加工が味のある質感を生み出しており、大人向けのバッグでも人気が高いシボ加工が施されているので、シンプルなデザインのなかにも周りの子とは少し違った味わいが出ます。
雨・雪・キズに特に強く、軽く、大容量モデルなのでたくさんの荷物を収納することができます。低学年のお子さんの小さな手でもロッカーへの出し入れがしやすいリフトハンドルがついているなどお子さんにやさしいランドセルです。

 

 「シボ 牛革 ビッグ」の詳細はこちら

 

 

人気ランドセルの内寸を比較してみました!

大容量ランドセルは、小マチが大きくなる工夫がされているランドセルもあります。最近のランドセルの容量はA4フラットファイルサイズ対応で収納力が高いものが多いので、ランドセルの容量とともに背負いやすくて使いやすいものを子どもに選んであげてください。

 

ここでは、各メーカーのモデルによってサイズが違っているため、各メーカーの大容量のあるモデルのサイズで比較をしてみましたので、大容量ランドセルを購入するときの参考にしてみてください。

 

大マチ

小マチ

横幅 高さ マチ幅
セイバン 23.5cm 31cm 12〜13cm
フィットちゃん 楽スキッ 23.3cm 31cm 12cm
ふわりぃ のび〜るポケット 23.5cm 30.5cm 13.5cm 最大約5cm
イオン みらいポケット 23.5cm 31.5cm 12.5cm 最大約8cm
池田屋 23cm 31cm 12cm 最大約4.5cm
土屋鞄 23.2cm 31cm 11.5cm
ららや 23cm 32cm 12.5cm 最大約5cm
カバンのフジタ 23.5cm 31.5cm 12.5cm
LIRICO 23.5cm 31.3cm 12.5cm
モギカバン(MOGI) 23.2cm 31cm 12.5cm
カザマランドセル 23.5cm 31cm 12cm 最大約3.5cm

 

大容量でタブレット端末収納ができるモデルが登場しています

※セイバン 公式ページより

 

新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、自宅でのリモート授業などが行われることもあり、端末導入のスケジュールが大幅に前倒しされ、多くの小中学校で、1人1台タブレット端末が導入されて授業で活用されるようになっています。

 

デジタル教科書が本格的に導入される予定の2024年度までは、タブレット端末を導入している学校としていない学校があります。

 

タブレット端末を使用した授業が始まると、タブレットを学校に置いていく場合は別ですが、持ち帰る場合にはランドセルに収納して登下校することになります。

 

タブレット端末収納に対応したランドセルであれば、よりデジタル端末への衝撃を和らげることができるので、タブレットを安全に持ち歩くことができるので安心して収納することができることもあり、最近ではタブレット端末収納タイプのモデルが販売されるようになってきました。

 

タブレット端末を収納できるランドセルについて詳しく知りたい方は「タブレット収納に対応したランドセルとは?大容量ランドセルならタブレットは入る?」を参考にしてみてください。

 

 

女の子・男の子におすすめのランドセル人気モデル・ブランドを紹介!

2022年度女の子におすすめ!ランドセルランキング
 フィットちゃん あい・愛ティアラ 安ピカッ

 

フィットちゃん ランドセルの特徴

 

  • 背負いやすく、体が成長してもきつく感じない工夫などがされている
  • デザインやカラーのバリエーションが豊富にある
  • 大手メーカーなので保証なども含めて安心できる

 


サイドの刺繍、内装、背あてなどにハートのモチーフがちりばめられており、ハートが好きな女の子にぴったりなかわいいデザインのランドセルです。おしゃれなデザインだけでなく、車のライトが当たるとピカッと光る「安ピカッ」機能がついているので、安全・安心の人気シリーズのランドセルです。

 

カラー

ラベンダー×ベビーピンク 他 全6色

主素材

クラリーノ エフ

背中

エアーフレッシュ

サイズ(内寸)

A4フラットファイルサイズ対応

横幅 23.3cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm

重量

約1,240g

価格

通常価格:59,400円(税込)

WEB価格:53,460円(税込)

 

 

 セイバン モデルロイヤル クリスタル

 

セイバン ランドセルの特徴

 

  • 機能性が高く背負いやすさや軽く感じる工夫がされている
  • デザインやカラーをこだわって選べる
  • 大手メーカーなので保証なども含めて安心できる

 


雪の結晶やガラスの靴などの美しいモチーフ、カブセにはスワロフスキー・クリスタルが使用されており、サイドにはティアラをデザインした立体的な刺しゅうがされた、シンデレラのような世界が表現された上品で華やかなランドセルです。
マチ幅が約12cmでたっぷり収納ができ、子ども想いの機能性も高く、お子さんの体に負担のかかりにくい背負いやすいランドセルです。

 

カラー

ビビッドピンク×ベビーピンク 他 全6色

主素材

アンジュエールグロス

背中

ブレスレザー

サイズ(内寸)

A4フラットファイルサイズ対応

横幅 23.5cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm

重量

約1,290g

価格

期間限定価格:62,370円(税込)

 

 

 黒川鞄 スムース牛革 ビッグ

 

黒川鞄ランドセルの特徴

 

  • シンプルで背負いやすく、使い心地がよい
  • 天然素材で高級感のあるものを小さい頃から触れさせることができる
  • 手作りならではの丈夫さ

 


革素材の王道であるスムース牛革でもっとたくさん荷物が入るランドセル が欲しいという要望を受け、改良が重ねられてようやく収納力アップが実現したビッグモデルのランドセル です。きめ細かい牛革本来の銀面(表面)が生かされたやわらかい光沢となめらかな手触りです。製法や金具の材質などにこだわった大きいサイズながら軽さも追及されたランドセル です。

 

カラー

ワイン×ピンク 他 全14色

主素材

牛革

背中

ソフト牛革

サイズ(内寸)

A4フラットファイルサイズ対応

横幅 23.5cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm

重量

約1,580g

価格

85,800円(税込)【牛革】

 

 

 萬勇鞄 クローネティアラ【牛革】

 

萬勇鞄 ランドセルの特徴

 

  • 手作りで丁寧、丈夫さ、防水力に優れている
  • 飽きのこないなデザイン・素材のバリエーションが豊富
  • 6年間安心の修理保証

 


クローネティアラはかわいいティアラとハートがモチーフになっており、背あてやカブセの裏にも女の子らしさが満載のかわいらしいランドセルです。
ラインストーンがついたティアラの刺繍がかわいいだけではなく上品さも与えてくれます。コードバンは2色、牛革・パール系人工皮革は豊富なカラーがそろっています。

 

カラー

ダークブラウン×ジュエルピーチ 他 全7色【牛革】

主素材

牛革

サイズ(内寸)

A4フラットファイルサイズ対応

横幅 23.5cm×高さ 31.5cm×マチ幅 12cm

重量

約1,400g

価格

69,300円(税込)【牛革】

 

 

 池田屋 イタリア製防水牛革プレミアム

 

池田屋 ランドセルの特徴

 

  • 軽さ、丈夫さ、防水力が優れている
  • シンプルなデザインで高性能
  • 壊しても、壊されても、6年間完全無料修理
  • 刺繍シールや反射シールなどで自分のアレンジができる

 


本体には特殊な防水加工が施された牛革が使用されており、本体と違うカラーがシンプルなデザインをおしゃれにしてくれています。
シンプルなデザインだからこその刺繍シールや反射シール(別売)を、自分の好きなようにつけることができるので自分だけのランドセルにアレンジすることができます。

 

カラー

アカ×ピンク 他 全9色

主素材

防水牛革

背中

ピンホールクラリーノ

サイズ(内寸)

A4フラットファイルサイズ対応

横幅 23cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm

重量

約1,300g

価格

68,000円(税込)

 

 

 

2022年度男の子におすすめ!ランドセル人気モデル""
 黒川鞄 シボ牛革 ビッグ

 

黒川鞄 ランドセルの特徴

 

  • シンプルで背負いやすく、使い心地がよい
  • 天然素材で高級感のあるものを小さい頃から触れさせることができる
  • 手作りならではの丈夫さ

 


牛革の表面の細かなシワ加工が味のある質感を生み出しており、大人向けのバッグでも人気が高いシボ加工が施されているので、シンプルなデザインのなかにも周りの子とは少し違った味わいが出ます。
雨・雪・キズに特に強く、軽く、大容量モデルなのでたくさんの荷物を収納することができます。低学年のお子さんの小さな手でもロッカーへの出し入れがしやすいリフトハンドルがついているなどお子さんにやさしいランドセルです。

 

カラー

黒 他 全15色

主素材

牛革

背中

ソフト牛革

サイズ(内寸)

A4フラットファイルサイズ対応

横幅 23.5cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm

重量

約1,580g

価格

85,800円(税込)

 

 

 フィットちゃん グッドボーイ DX 安ピカッ

 

フィットちゃん ランドセルの特徴

 

  • 背負いやすく、体が成長してもきつく感じない工夫などがされている
  • デザインやカラーのバリエーションが豊富にある
  • 大手メーカーなので保証なども含めて安心できる

 


傷に強い素材のクラリーノ タフロックが使用されており、3方強力補強がされ元気な男の子でも安心して使用できます。また、3段オートロック錠前で荷物の量によって調節できるなど、昨年のグッドボーイ安ピカッタイプの機能性が今年度のモデルでさらに進化しました。こちらも数量限定モデルです。

 

カラー

クロ×マリン 他 全4色

主素材

クラリーノ タフロック

背中

エアーフレッシュ

サイズ(内寸)

大容量「楽スキッ」タイプ

A4フラットファイルサイズ対応

横幅 23.3cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm

重量

約1,250g

価格

通常価格:61,600円(税込)

WEB価格:55,000円(税込)

 

 

 モデルロイヤル ベーシック

 

セイバン ランドセルの特徴

 

  • 機能性が高く背負いやすさや軽く感じる工夫がされている
  • デザインやカラーをこだわって選べる
  • 大手メーカーなので保証なども含めて安心できる

 


フォーマルなデザインにアクセントカラーのスマートなシルエットに差し色が大人びたイメージを表現されており、カブセと前ポケット上部には、上品なイメージが漂うレオンの飾り鋲、サイドに入ったトリコロールの王冠刺しゅうがワンポイントになっています。まっすぐ背負えて背負いごこちが快適になる、セイバンならではの工夫がされているので、お子さんの体への負担が軽減されます。

 

カラー

ブラック×マリンブルー 他 全4色

主素材

アンジュエール グロス

背中

ブレスレザー

サイズ(内寸)

A4フラットファイルサイズ対応

横幅 23.5cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm

重量

約1,270g

価格

期間限定価格:57,420円(税込)

 

 

 池田屋 ベルバイオスムース カラーステッチ

 

池田屋 ランドセルの特徴

 

  • 軽さ、丈夫さ、防水力が優れている
  • シンプルなデザインで高性能
  • 壊しても、壊されても、6年間完全無料修理
  • 刺繍シールや反射シールなどで自分のアレンジができる

 


このモデル限定で開発された特注素材のベルバイオが使用されています。最高級イタリア製の牛革のような高級がある風合いやツヤ感が表現されており、人工皮革だからこその軽さもあり、防水力が高く高性能なランドセルです。カラーステッチがポイントになっている人気のランドセルです。

 

カラー

クロ×クロ 他 全9色

主素材

特注ベルバイオ

背中

特注ピンホールクラリーノ

サイズ(内寸)

A4フラットファイルサイズ対応

横幅 23cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm

重量

約1,100g

価格

59,500円(税込)

 

 

 鞄工房山本 レイブラック(牛革)

 

鞄工房山本 ランドセルの特徴

 

  • 丁寧な手作りで丈夫
  • デザイン性が高い
  • 背負いやすい工夫がされている
  • 納得できる素材選びができる

 


本体の黒に映えるレッド、ブルー、ブラウンのアクセントカラーのステッチが入っており、前締めベルトだけでなく、革の裁断面を仕上げるニスの色にまでこだわっています。内装やかぶせの裏は黒に統一されており、男の子らしさが強調された、かっこいいランドセルです。

 

カラー

黒×ブラック 他 全4色

主素材

牛革

背中

人工皮革

サイズ(内寸)

A4フラットファイルサイズ対応

横幅 23.3cm×高さ 30.5cm×マチ幅 12cm

重量

約1,390g

価格

69,900円(税込)

 

 

 

2022年度 おすすめのランドセルメーカーランキング

4月になると多くのランドセルメーカーから、新しいモデルのランドセルが販売されるようになります。ここでは、おすすめのランドセルメーカーの紹介をしますので、これからのランドセル選びの参考にしてくださいね。

 

フィットちゃんランドセル

 


フィットちゃんランドセルはセイバンの天使のはねと同じように人気があり、評価が高いランドセルメーカーです。
大手ランドセルメーカーならではの機能性と、色やデザインが豊富なので、「かわいい」「かっこいい」ランドセルがたくさんラインナップされています。
また、数は限られていますがオーダーメイド対応で品質がいいもので低価格なモデルを出しています。

 

 フィットちゃん 公式ページはこちら
 フィットちゃんランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

鞄工房山本

 


奈良県橿原市の工房でランドセルを作りつづけて50年を迎える鞄工房山本は、鞄業界では作業の委託・分業が多いなか、一貫製造体制を守り続けており、革の型入れ・裁断から仕上げまですべての工程を、職人さんがこだわりを持って行っています。
22シリーズ86種類、カラーバリエーションも豊富にそろっており、素材選びから背負いやすさへの工夫、丈夫さ、安全性も高く、6年間飽きのこないランドセルがそろっています。

 

 鞄工房山本 公式ページはこちら
 鞄工房山本ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

羽倉(HAKURA)

 


千年の伝統を持つ日本一の鞄生産量を誇る鞄の街・豊岡から、高い品質基準を満たした鞄職人の誇りが詰まっている「豊岡鞄」が、2006年に特許庁に認められ地域ブランドになりました。「HAKURA」は、豊岡鞄ブランドと認定された初のランドセルです。
全27色の中から選ぶことができ、天然皮革の滑らかな艶や優しい色合いは、130年の伝統が培った職人技があるからこそです。ランドセルから工業製品の名残である「鋲(びょう)」を無くしシンプルなデザインになっています。お子さんが背負いやすような工夫もされており、高品質で安全性も高いランドセルです。

 

 羽倉(HAKURA) 公式ページはこちら

 

 

池田屋

 


1950年に創業された池田屋のランドセルは、「厳選したよいものを」「お客様の立場に立ったものづくり」の2つのこだわりを持ってランドセルを作っています。
池田屋のランドセルは、職人さんによる常に背負いやすいランドセルへの工夫や努力がされており、子どもの小さな肩にかかる負担が軽減できるようにすべてのパーツの見直し、形状、素材、動きなどが検証されています。

 

 池田屋 公式ページはこちら
 池田屋ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

セイバン天使のはねランドセル

 


セイバンのランドセルはテレビのCMでもよく見ることが多く最もシェアが高い、ランドセル業界で最大手のメーカーです。
セイバンのランドセルは機能性が高く、背負うときに子どもに負担をかけないような工夫がされている、総合的にバランスが取れているランドセルメーカーです。
PUMAやコンバースなどのコラボなど豊富なラインナップがあります。

 

 セイバン 公式ページはこちら
 セイバン「天使のはね」ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

カバンのフジタ

 


ランドセルを作り始めてから60年になるカバンのフジタのランドセルは、シンプルでカラフルなものが多く、飽きのこない色やデザインだけではなく背あてにも色がついていたりなど、見ているだけでもワクワクする色の組み合せになっています。
アルファベットの「X」のような形状の肩ベルトや背あての部分に背負いやすくする工夫がされていることで、ランドセル本体と背中の隙間がなくなりフィットして体感重量が軽くなっている、お子さま想いのランドセルです。

 

 カバンのフジタ 公式ページはこちら
 カバンのフジタランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

萬勇鞄

 


6年間快適に使用できるよう、一番負担がかかりやすい背あてと肩ベルトの部分を頑丈に、職人さんが1つ1つの工程を手縫いで丁寧に仕上げています。牛革やコードバン素材のランドセルにも刺繍等を施すなどデザイン面にもこだわりがあります。
工房系のランドセルはシンプルなものが多いなか、萬勇鞄のランドセルはカラーバリエーションやデザインが豊富にあるので、お子さんの好みに合わせたお気に入りのランドセルを選ぶことができます。

 

 萬勇鞄 公式ページはこちら
 萬勇鞄ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

モギカバン

 


1929年に創業したモギカバンのランドセルは、伝統を重んじながらも、時代や環境の変化に対応した先進性を追求した、シンプルなのに存在感のあるランドセルです。
素材へのこだわり、熟練の職人さんの技術、少しでも重さを軽減するためのウィング背カンや、ランドセルのヘリをなくしたキューブ型など、機能性や安全性など6年間安心して使用することができます。

 

 モギカバン 公式ページはこちら

 

 

ふわりぃ

 


老舗のランドセルメーカーである株式会社協和の「ふわりぃ」は、何よりもお子さんを最優先に考えた「子ども第一主義」の背負いやすいランドセルを作っています。
成長とともに変わっていく体型・身長などにも対応できるように作られており、障がい児用のUランドセルも高い評価を得ています。
また、オーダーメイドランドセルは、6年間使えるランドセルが自分の好きなデザインや柄にできるため特に人気が高くなっています。

 

 ふわりぃ 公式ページはこちら
 ふわりぃランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

黒川鞄工房

 


黒川鞄工房は創業120年の「古き良き伝統ある暖簾(のれん)」と「創業者の理念」が継承された、現在五代目のオーナーである老舗ランドセルメーカーです。
分業化してランドセルを作るのではなく、ランドセルを1人で最初から作り上げられることができる職人さんが、工房で頑丈で美しいランドセルを作っています。
お子さんの健康を考えた「はばたく 肩ベルト」は、肩ベルトを立ち上げることで体感重量が軽くなり姿勢が良くなる効果が期待でき、お子さんの体への負担を軽減することができます。

 

 黒川鞄 公式ページはこちら
 黒川鞄ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

大容量ランドセルについてのまとめ

決して安い買い物ではないランドセルは、購入した後に失敗したなと思うことがあっても簡単に買い替えるということができず、小学校6年間を使用し続けることになります。

 

高学年になったときに授業に必要になるものはどんどん増えていくため、低学年のときに大容量のランドセルを選ぶと大きくてかわいそうに思えてしまうかもしれませんが、ランドセルの収納サイズはA4フラットファイルに対応した幅と奥行きの大きさのものを選ぶことをおすすめします。

 

また、大容量ランドセルを選ぶときには、お子さんの体に負担がかからないように、背中にぴったりとフィットして荷物が重くても軽く感じるような工夫がされた、背負いやすい機能が搭載されているメーカーのものを選びましょう。