ランドセルのサンプル貸出サービスってなに?

 

お子さんの入学に合わせて始めているラン活で6年間使うことになるランドセルを選ぶとき、やはり実物を手に取って見て、背負って試着してみたいと思いますよね。

 

しかし、欲しいと思っているランドセルメーカーの直営店舗や出張展示会などに遠方すぎることで行くことができない方、下の子が小さすぎて行くことができない方、昨年度からは新型コロナウイルス感染症の影響から、実際に見に行きたくてもお店が休業していたり、外出自粛中でお店に行きづらかったりなどの理由から店舗に行くことができないという方もいます。

 

2022年度 販売開始日・出張展示会の日程詳細はこちら▼

 

そのような方におすすめなのが、外出しなくても安心してランドセルをお子さんと楽しみながら試着することができるランドセルのサンプル貸出サービスです。

 

ランドセルメーカー(ブランド)によって、貸出サービスが急遽中止になる場合もあるため、利用したい方は公式サイトで貸出期間や注意事項などをよく確認して下さい。

 

新ブランド「ARTIFACT(アーティファクト)」を紹介!

 

 

ARTIFACT(アーティファクト)は「芸術品」という意味を持っており、株式会社ラ・ポンテが展開する2021年度に新登場したブランドです。2022年度も個性的でスタイリッシュなデザインの新モデルランドセルがラインナップされています。

 

詳しい情報はこちらから ▲

 

 

自宅で試着できるランドセル貸出サービスの楽しみ方とは?

ランドセル貸出サービスは、新型コロナウイルス感染症によって、外出自粛中や外出をすることに不安があってお店に行きづらく、メーカーの直営店舗や出張展示会などに行ってランドセルの試着がなかなか思うようにできない方のために始まりました。

 

ランドセル貸出サービスのメリット

  • サイズや重さを確認できる
  • 貸出期間中は通学をイメージしながら何度でも背負うことができるので、中身を入れて重さを確認したり、自宅でランドセルを収納する場所をどこにするか考えて試してみることができます。

  • 背負って外に出ることができる
  • 外に出たときの自然光でのランドセルの色を確認したり、背負って歩いたときの背負いやすさや、外が暗くなったときの反射材の具合なども確認することができます。

 

貸出期間中は納得いくまで、自宅でじっくり、ゆっくり試着することができます。
オンラインショップで購入を考えている方も、実物が確認できないというデメリットをこの貸出サービスによって解消されるので、安心してオンラインでも購入することができます。

 

ランドセル貸出サービスは、各メーカーや工房によって貸出期間・貸出料金・送料など、貸出条件が違っているので、詳しい情報は公式サイトで確認しましょう。

 

2022年度 ランドセルサンプル貸出サービスがあるメーカー

現在、2022年度のランドセルサンプル貸出サービスが行われている主なランドセルメーカー(ブランド)を紹介します。

 

キッズアミ

・レンタル料:無料(1回につき1本)
貸出サービス及びオンライン接客サービスの申込みが必要(先着順にて発送)
・生地色見本も同梱
・貸出日数 到着後3日(例:4月20日到着であれば4月23日中に返送)
・送料 返却時自己負担

 

【注意事項】
※お客様の不注意による破損などは、修理代金等が発生する可能性あり

 

 キッズアミ(KIDS AMI)公式ページはこちら
 キッズアミ(KIDS AMI)ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

モギカバン

・レンタル料:無料(1回につき1本)
・電話で申し込み
原則として直営店舗(群馬・栃木)から、およそ15km(直線距離)以内は貸し出し除外地域
詳細はサンプル貸出サービスにてご確認ください。
・貸出日数 お手元に届いてから、3日以内に返送
・送料 返却時自己負担

 

 モギカバン 公式ページはこちら
 モギカバン(MOGI)ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

カバンのフジタ

・レンタル料:無料(1回につき1本)
貸出サービスの申込みが必要
・貸出日数 2泊3日
・送料 往復自己負担(お届けの際は、ヤマト運輸の着払い)
・「オンライン接客サービス」セットで申し込みができます

 

【注意事項】
※ランドセルは山形県からの発着になります。
※運送業者によって運賃は異なります。

 

 カバンのフジタ 公式ページはこちら
 カバンのフジタランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

萬勇鞄

・レンタル料:無料(一家族 1本)
貸出サービスの申込みが必要
・貸出日数

【貸し出しスケジュール】
 @水曜日9:00までにお申し込み
 A水曜日に萬勇鞄より発送→翌日 午前指定でお届け
 B金曜日/土曜日に試着、返却のため日曜日に発送
 C月曜日【萬勇鞄 午前着】で萬勇鞄に返却完了

・送料 返却時自己負担

 

 萬勇鞄 公式ページはこちら
 萬勇鞄ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

土屋鞄

・レンタル料:3,000円(税込)(1回につき1本)
貸出サービスの申込みが必要
公式サイトからレンタルしたい製品を選ぶことができます。「次回準備中」と表示されているものは現在貸出中です。
・貸出日数 届いた日を含む3日間(3日以内に返送)
・送料 無料
【注意事項】
※お客様の不注意による破損などは、修理代金等が発生する可能性あり

 

 土屋鞄 公式ページはこちら

 

 

フィットちゃん

ランドセルの試着アプリを提供
ランドセルのサンプル貸出サービスはありませんが、アプリで手軽に色々なランドセルを試して、家族で楽しみながら見ることができます。

 

 フィットちゃん 公式ページはこちら
 フィットちゃんランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

まとめ

ランドセルのサンプル貸出サービスは、ラン活をしている時期が重なると貸出サービスも予約がいっぱいになってしまいます。

 

メーカーの実店舗や出張展示会へ行くことができないことがわかっている方は、できるだけ早い時期に貸出予約をしておくことをおすすめします。

 

メーカーによって貸出期間や送料など違っているので、貸出サービスを利用したいと考えている方はマメに公式サイトをチェックしておくことで、きちんとラン活に出遅れることなくお気に入りのランドセル見つけることができるのではないでしょうか。

 

2022年度 おすすめのランドセルメーカーランキング

4月になると多くのランドセルメーカーから、新しいモデルのランドセルが販売されるようになります。ここでは、おすすめのランドセルメーカーの紹介をしますので、これからのランドセル選びの参考にしてください。

 

フィットちゃんランドセル

 


フィットちゃんランドセルはセイバンの天使のはねと同じように人気があり、評価が高いランドセルメーカーです。
大手ランドセルメーカーならではの機能性と、色やデザインが豊富なので、「かわいい」「かっこいい」ランドセルがたくさんラインナップされています。
また、数は限られていますがオーダーメイド対応で品質がいいもので低価格なモデルを出しています。

 

 フィットちゃん 公式ページはこちら
 フィットちゃんランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

鞄工房山本

 


奈良県橿原市の工房でランドセルを作りつづけて50年を迎える鞄工房山本は、鞄業界では作業の委託・分業が多いなか、一貫製造体制を守り続けており、革の型入れ・裁断から仕上げまですべての工程を、職人さんがこだわりを持って行っています。
22シリーズ86種類、カラーバリエーションも豊富にそろっており、素材選びから背負いやすさへの工夫、丈夫さ、安全性も高く、6年間飽きのこないランドセルがそろっています。

 

 鞄工房山本 公式ページはこちら
 鞄工房山本ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

羽倉(HAKURA)

 


千年の伝統を持つ日本一の鞄生産量を誇る鞄の街・豊岡から、高い品質基準を満たした鞄職人の誇りが詰まっている「豊岡鞄」が、2006年に特許庁に認められ地域ブランドになりました。「HAKURA」は、豊岡鞄ブランドと認定された初のランドセルです。
全27色の中から選ぶことができ、天然皮革の滑らかな艶や優しい色合いは、130年の伝統が培った職人技があるからこそです。ランドセルから工業製品の名残である「鋲(びょう)」を無くしシンプルなデザインになっています。お子さんが背負いやすような工夫もされており、高品質で安全性も高いランドセルです。

 

 羽倉(HAKURA) 公式ページはこちら

 

 

池田屋

 


1950年に創業された池田屋のランドセルは、「厳選したよいものを」「お客様の立場に立ったものづくり」の2つのこだわりを持ってランドセルを作っています。
池田屋のランドセルは、職人さんによる常に背負いやすいランドセルへの工夫や努力がされており、子どもの小さな肩にかかる負担が軽減できるようにすべてのパーツの見直し、形状、素材、動きなどが検証されています。

 

 池田屋 公式ページはこちら
 池田屋ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

セイバン天使のはねランドセル

 


セイバンのランドセルはテレビのCMでもよく見ることが多く最もシェアが高い、ランドセル業界で最大手のメーカーです。
セイバンのランドセルは機能性が高く、背負うときに子どもに負担をかけないような工夫がされている、総合的にバランスが取れているランドセルメーカーです。
PUMAやコンバースなどのコラボなど豊富なラインナップがあります。

 

 セイバン 公式ページはこちら
 セイバン「天使のはね」ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

カバンのフジタ

 


ランドセルを作り始めてから60年になるカバンのフジタのランドセルは、シンプルでカラフルなものが多く、飽きのこない色やデザインだけではなく背あてにも色がついていたりなど、見ているだけでもワクワクする色の組み合せになっています。
アルファベットの「X」のような形状の肩ベルトや背あての部分に背負いやすくする工夫がされていることで、ランドセル本体と背中の隙間がなくなりフィットして体感重量が軽くなっている、お子さま想いのランドセルです。

 

 カバンのフジタ 公式ページはこちら
 カバンのフジタランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

萬勇鞄

 


6年間快適に使用できるよう、一番負担がかかりやすい背あてと肩ベルトの部分を頑丈に、職人さんが1つ1つの工程を手縫いで丁寧に仕上げています。牛革やコードバン素材のランドセルにも刺繍等を施すなどデザイン面にもこだわりがあります。
工房系のランドセルはシンプルなものが多いなか、萬勇鞄のランドセルはカラーバリエーションやデザインが豊富にあるので、お子さんの好みに合わせたお気に入りのランドセルを選ぶことができます。

 

 萬勇鞄 公式ページはこちら
 萬勇鞄ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

モギカバン

 


1929年に創業したモギカバンのランドセルは、伝統を重んじながらも、時代や環境の変化に対応した先進性を追求した、シンプルなのに存在感のあるランドセルです。
素材へのこだわり、熟練の職人さんの技術、少しでも重さを軽減するためのウィング背カンや、ランドセルのヘリをなくしたキューブ型など、機能性や安全性など6年間安心して使用することができます。

 

 モギカバン 公式ページはこちら
 モギカバン(MOGI)ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

ふわりぃ

 


老舗のランドセルメーカーである株式会社協和の「ふわりぃ」は、何よりもお子さんを最優先に考えた「子ども第一主義」の背負いやすいランドセルを作っています。
成長とともに変わっていく体型・身長などにも対応できるように作られており、障がい児用のUランドセルも高い評価を得ています。
また、オーダーメイドランドセルは、6年間使えるランドセルが自分の好きなデザインや柄にできるため特に人気が高くなっています。

 

 ふわりぃ 公式ページはこちら
 ふわりぃランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

黒川鞄工房

 


黒川鞄工房は創業120年の「古き良き伝統ある暖簾(のれん)」と「創業者の理念」が継承された、現在五代目のオーナーである老舗ランドセルメーカーです。
分業化してランドセルを作るのではなく、ランドセルを1人で最初から作り上げられることができる職人さんが、工房で頑丈で美しいランドセルを作っています。
お子さんの健康を考えた「はばたく 肩ベルト」は、肩ベルトを立ち上げることで体感重量が軽くなり姿勢が良くなる効果が期待でき、お子さんの体への負担を軽減することができます。

 

 黒川鞄 公式ページはこちら
 黒川鞄ランドセルの特徴・口コミはこちら