仕事を辞める?働くお母さんを悩ます「小1の壁」ってなに?

 

現代は、両親が仕事をしているというご家庭が増えています。しかし、お子さんが小学校へ入学してからの毎日の生活への対応が大変で、仕事を続けるか辞めるか悩むママさんが多くいます。

 

この時期に悩むママさんが多くいることから、「小1の壁」とも言われており、仕事を続けるか辞めるか、どちらを選択しても後悔しないために、しっかりと考えて判断しなければなりません。

 

仕事を辞めようと思う「壁」の理由とは?

小学校へ入学してから2週間ぐらいの期間は、給食はまだなく午前中で授業が終わります。授業といっても、まずは学校へ慣れるための2週間といってもいいかもしれません。2週間を過ぎてからは、給食が始まりだいたい14時〜15時の下校となります。

 

地域によって違うのかもしれませんが、まだ学校に慣れないこの最初の2週間は、子どもの下校に親が通学路の途中まで迎えに行く、という形をとっているところも多いようです。

 

このようなことから、「小1の壁」と言われる問題には次のような理由があげられます。

 

放課後の居場所の確保

お子さんの下校する時間帯に自宅に誰もいない場合、おじいちゃんやおばあちゃんが近所にいて協力してもらえたり、一緒に住んでいるご家庭では、1人で留守番をさせなくてもいいのですが、お子さんを見てくれる方が周りにいない場合は、学童保育へ預けるということになります。

 

保育園でお子さんを預かってもらっていたときには、自治体が運営しているところでだいたい19時頃まで預かってもらえるところが多く、民間で運営しているところではもっと遅い時間まで預かっていてくれるところがあります。

 

そして、小学校へ入学してからの放課後に預かってもらえる学童保育の時間は、自治体が運営しているところで平日は下校時間から17〜18時頃までが一般的です。

 

民間の学童保育では、時間延長で18時以降も預かってくれるところもあるようですが数が少なく、月極で延長利用の契約をするとなると、毎月の費用が高くなってしまいます。
そのため、親が仕事から帰ってくる前に、子どもに鍵を持たせて1人で自宅で留守番をさせるというご家庭もあるようです。

 

小学校生活への対応

小学校へ通うようになると、毎日持っていく教科書やノート、体操服、補助教材などの持ち物が多くなります。まだまだ自分1人で忘れ物をしないような準備をすることは難しいので、学校生活に慣れるまでは一緒に確認をしながらで親のサポートが必要です。

 

宿題や課題や学校の授業で必要な持ち物の用意など、親のフォローがいるものがたくさんあり、学校から配布されるプリントなども気にすることも必要になってきます。

 

PTA役員、保護者会なども平日にあり、授業参観などの学校行事もあり、働いている職場がこのような行事に理解のあるところならばいいのですが、それでも休みを取りにくいと思う人が多いようです。

 

お子さんのケア

小学校へ入学すると、お子さん同士のケンカやぶつかり合いが起こることもあり、幼稚園や保育園の頃よりも複雑化してくることもあります。学校へ行きたくないと言い出すおこさんもいれば、その日にあった出来事をあまり話してくれないというお子さんもいます。

 

そのため、子ども同士のトラブルがあって学校に呼ばれることもあったり、話してくれないため心配事が続くこともあり、お子さんと話をしてお子さんの心をケアする時間が取りにくいということが大きなストレスになって、仕事や育児の両立の負担になることがあります。

 

 

 

「小1の壁」を超えようとするには、職場や家庭の事情でなかなか難しいという環境にあるお母さんも多く、子どもの入学とともに仕事を辞めなくてはいけないという方もいます。

 

それでも、今まで続けてきた仕事を続けられるように、低学年の間はなるべく学童保育を上手に利用して、どうしてもというときに頼める人を作り、仕事を続けられるようにしたいですね。

 

仕事を辞める?辞めない?判断するポイントチェック

 

経済的に問題がないかどうか
今後のキャリアを希望するか
お子さんのケアがどれくらい必要か

 

お子さんが小学校へ入学してから仕事を辞めるか辞めないかは、それぞれのご家庭の事情によって上記の判断ポイントを確認しながら、メリットやデメリットを踏まえたうえでよく考えてから決めましょう。

 

お子さんの入学後の学校生活によって、親のフォローの必要性が変わってくるので、お子さんの様子によっては、仕事を辞めてケアをすることを検討したほうがよい場合もあります。

 

2015年から全学年が対象になった学童保育をどう利用する?

1人でまだ留守番をさせるのが心配な年齢である低学年のうちは、親が帰ってくる時間まで学童保育に預けることができれば安心です。以前は、学童保育に入所できる学年は小学校3年生までが対象だったので、小学校4年生になったら鍵を持たせるという家庭が多いようでした。

 

2015年度に学童保育は小学生全員が対象になり、現在は小学生の間は学童保育を利用するという家庭も増えました。しかし、高学年になると習い事なども自分で行けるようになってくるので、やはり学童保育を利用するのは低学年のお子さんの家庭が多いようです。

 

また、両親とも仕事をしている家庭では、春・夏・冬休みがあるため、子どもを預かってもらえる場所を確保しておかなければいけません。
学童保育へ入所させる予定でいる家庭では、自分で着替えや身支度などの身の回りのことができるように、少しずつ練習をしておいた方が子どもも慣れない環境でスタートするにはいいのではないでしょうか。

 

学童保育に入れる予定がある場合、ほとんどの地域では11月頃に申請書類の資料の配布や申し込みが始まるので、10月頃には自治体のホームページをチェックしておきましょう。

 

危険なリスクを減らす安全・防犯対策がされたランドセルで

低学年の子どもに鍵を持たせるというのは、鍵を失くしてしまうことがあるかもしれないということや、鍵を開けるときに不審者がいたりしたら…なんてこともないとは言えないため、その子どもの性格にもよりますが、安心して鍵を持たせるということはまだ難しいように思います。

 

ランドセルのポケットに入れておくことで、鍵を失くしたりする可能性は低くなるのですが、子どもはランドセルをおろして蓋を開けてから、鍵を取り出してまたしまうという行動が面倒だからと、鍵でドアを開けたあとにその辺に置いてしまったり、そのまま鍵穴にささったまま、ということもあるかもしれません。

 

そこでおすすめなのが、ランドセルの肩ベルトについている金具に伸び縮みするリール式キーホルダーをつけて、ベルトに固定できるキーケースをつけることです。

 

伸び縮みするリール式のキーホルダーがあれば、ランドセルを背負ったままで鍵を取り出すことができるので、落とすことも失くすこともないので安心です。

 

そのまま外に鍵がでていると犯罪に巻き込まれてしまうことがあるかもしれないので、ランドセルの内ポケットの中やキーケースの中にしまっておくことで、犯罪に巻き込まれてしまうリスクを減らすことができます。

 

子どもが1人で留守番ができるような年齢になったときに鍵を持たせることになりますが、毎日の登下校や留守番をしているときも含めて色々な危険が潜んでいるので、大丈夫かな?と不安に思ってしまいますよね。

 

子どもが1人で鍵を持つときには、犯罪や事故から子どもを守れるように、子どもに安全や防犯について話をすることや、近所の人に声をかけたり、それまでにとれる対策をしておくことで子どもを守ってあげたいですね。

 

■鍵を1人で持たせるまでに練習すること

  • 少しの時間から1人で留守番をすることに慣れさせること
  • 鍵を使う練習をする
  • 親の携帯や職場に連絡が取れるように電話をかける練習をする

 

安全・防犯対策がされているおすすめのランドセルメーカーを紹介!

フィットちゃんランドセル

 


フィットちゃんランドセルはセイバンの天使のはねと同じように人気があり、評価が高いランドセルメーカーです。
大手ランドセルメーカーならではの機能性と、色やデザインが豊富なので、「かわいい」「かっこいい」ランドセルがたくさんラインナップされています。
また、数は限られていますがオーダーメイド対応で品質がいいもので低価格なモデルを出しています。

 

 フィットちゃん 公式ページはこちら
 フィットちゃんランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

鞄工房山本

 


奈良県橿原市の工房でランドセルを作りつづけて50年を迎える鞄工房山本は、鞄業界では作業の委託・分業が多いなか、一貫製造体制を守り続けており、革の型入れ・裁断から仕上げまですべての工程を、職人さんがこだわりを持って行っています。
22シリーズ86種類、カラーバリエーションも豊富にそろっており、素材選びから背負いやすさへの工夫、丈夫さ、安全性も高く、6年間飽きのこないランドセルがそろっています。

 

 鞄工房山本 公式ページはこちら
 鞄工房山本ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

羽倉(HAKURA)

 


千年の伝統を持つ日本一の鞄生産量を誇る鞄の街・豊岡から、高い品質基準を満たした鞄職人の誇りが詰まっている「豊岡鞄」が、2006年に特許庁に認められ地域ブランドになりました。「HAKURA」は、豊岡鞄ブランドと認定された初のランドセルです。
全27色の中から選ぶことができ、天然皮革の滑らかな艶や優しい色合いは、130年の伝統が培った職人技があるからこそです。ランドセルから工業製品の名残である「鋲(びょう)」を無くしシンプルなデザインになっています。お子さんが背負いやすような工夫もされており、高品質で安全性も高いランドセルです。

 

 羽倉(HAKURA) 公式ページはこちら

 

 

池田屋

 


1950年に創業された池田屋のランドセルは、「厳選したよいものを」「お客様の立場に立ったものづくり」の2つのこだわりを持ってランドセルを作っています。
池田屋のランドセルは、職人さんによる常に背負いやすいランドセルへの工夫や努力がされており、子どもの小さな肩にかかる負担が軽減できるようにすべてのパーツの見直し、形状、素材、動きなどが検証されています。

 

 池田屋 公式ページはこちら
 池田屋ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

セイバン天使のはねランドセル

 


セイバンのランドセルはテレビのCMでもよく見ることが多く最もシェアが高い、ランドセル業界で最大手のメーカーです。
セイバンのランドセルは機能性が高く、背負うときに子どもに負担をかけないような工夫がされている、総合的にバランスが取れているランドセルメーカーです。
PUMAやコンバースなどのコラボなど豊富なラインナップがあります。

 

 セイバン 公式ページはこちら
 セイバン「天使のはね」ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

カバンのフジタ

 


ランドセルを作り始めてから60年になるカバンのフジタのランドセルは、シンプルでカラフルなものが多く、飽きのこない色やデザインだけではなく背あてにも色がついていたりなど、見ているだけでもワクワクする色の組み合せになっています。
アルファベットの「X」のような形状の肩ベルトや背あての部分に背負いやすくする工夫がされていることで、ランドセル本体と背中の隙間がなくなりフィットして体感重量が軽くなっている、お子さま想いのランドセルです。

 

 カバンのフジタ 公式ページはこちら
 カバンのフジタランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

萬勇鞄

 


6年間快適に使用できるよう、一番負担がかかりやすい背あてと肩ベルトの部分を頑丈に、職人さんが1つ1つの工程を手縫いで丁寧に仕上げています。牛革やコードバン素材のランドセルにも刺繍等を施すなどデザイン面にもこだわりがあります。
工房系のランドセルはシンプルなものが多いなか、萬勇鞄のランドセルはカラーバリエーションやデザインが豊富にあるので、お子さんの好みに合わせたお気に入りのランドセルを選ぶことができます。

 

 萬勇鞄 公式ページはこちら
 萬勇鞄ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

モギカバン

 


1929年に創業したモギカバンのランドセルは、伝統を重んじながらも、時代や環境の変化に対応した先進性を追求した、シンプルなのに存在感のあるランドセルです。
素材へのこだわり、熟練の職人さんの技術、少しでも重さを軽減するためのウィング背カンや、ランドセルのヘリをなくしたキューブ型など、機能性や安全性など6年間安心して使用することができます。

 

 モギカバン 公式ページはこちら

 

 

ふわりぃ

 


老舗のランドセルメーカーである株式会社協和の「ふわりぃ」は、何よりもお子さんを最優先に考えた「子ども第一主義」の背負いやすいランドセルを作っています。
成長とともに変わっていく体型・身長などにも対応できるように作られており、障がい児用のUランドセルも高い評価を得ています。
また、オーダーメイドランドセルは、6年間使えるランドセルが自分の好きなデザインや柄にできるため特に人気が高くなっています。

 

 ふわりぃ 公式ページはこちら
 ふわりぃランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

黒川鞄工房

 


黒川鞄工房は創業120年の「古き良き伝統ある暖簾(のれん)」と「創業者の理念」が継承された、現在五代目のオーナーである老舗ランドセルメーカーです。
分業化してランドセルを作るのではなく、ランドセルを1人で最初から作り上げられることができる職人さんが、工房で頑丈で美しいランドセルを作っています。
お子さんの健康を考えた「はばたく 肩ベルト」は、肩ベルトを立ち上げることで体感重量が軽くなり姿勢が良くなる効果が期待でき、お子さんの体への負担を軽減することができます。

 

 黒川鞄 公式ページはこちら
 黒川鞄ランドセルの特徴・口コミはこちら