キズや汚れから守ってくれるランドセルカバーはどれがいい?

6年間という長い期間使用することになるランドセルは、どんなに大切に使っていても汚れやキズができてしまいます。大切なランドセルを少しでも汚れやキズから守るためにあると便利なのが、ランドセルカバーです。

 


ランドセルカバーは6年間使うランドセルを汚れやキズなどから守るためのものですが、実際にはランドセルカバーを使用しているのはランドセルを使用している子どもの約半数です。

 

使用されている素材が汚れやキズに強いものも増えてきていることもカバーを使用しないという理由の1つにありますが、カバーを使用したランドセルと使用していないランドセルでは、汚れやキズのつき方はまったく違ってきます。

 

近年のランドセルはおしゃれでカラーやデザインも豊富なラインナップがそろっているので、あえてカバーをして隠れてしまうのがもったいないという方は、無地で透明のランドセルカバーにすることで元のカラーやデザインを活かすことができます。
最近のランドセルカバーはおしゃれなものが多いので、気分によって何枚かを使い分けて楽しむこともできます。

 

たくさん種類があるランドセルカバーのなかから選ぶときに、まずはこの3つのポイントを押さえておきましょう!

 

@ ランドセルカバーのサイズ

 

ランドセルメーカーやブランドによってデザインやサイズが違っていたりするためことがあるため、購入する前にはランドセルのサイズの確認をしましょう。
一般的にランドセルカバーはランドセルのカブセ(ふた)の部分につけるため、かぶせの形状、A4クリアファイル・A4フラットファイル対応のサイズ、購入するランドセルのデザインによって通常のサイズでつけることができないものもあります。

 

A ランドセルカバーのデザイン

 

ランドセルカバーのデザインによって、購入したランドセルの色やデザインに合わなくてアンバランスなランドセルになってしまうことがあります。
無地で透明・ワンポイント・総柄など、もともとのランドセルのデザインをできるだけ生かせるものを親子で選びましょう。

 

B ランドセルカバーの素材

 

ランドセルの素材によって、かぶせの素材にカバーが張り付いてしまうことがあります。本革のランドセルの場合、ビニール製のカバーをつけたままにしておくとカビが生えてしまうことがあるので、通気性をよくするためにこまめに外したりしなければなりません。
また、丈夫な素材で破れにくいものでは、綿100%のPVC(ポリ塩化ビニール)加工されたものやポリエステル製のものが丈夫です。

 

男の子・女の子どちらにもおすすめのランドセルカバーとは?

ランドセルカバーには男の子用のデザインや女の子用のデザインなどさまざまな種類のものがあり、ランドセルのかぶせをキズや汚れから守る「ランドセルカバー」をネットで検索すると、たくさんの種類のおしゃれなカバーがあります。

 

もちろん、楽天やAmazonなどから購入してもいいのですが、購入したランドセルメーカーから販売されているランドセルカバーなら、サイズがぴったり合うのでおすすめです。
ランドセルカバーには男の子用のデザインや女の子用のデザインなどさまざまな種類のものがあります。

 

そのなかでも男の子・女の子どちらにも人気が高いのはこの3つです。

  • 透明でシンプル
  • 不透明でワンポイントが入っている
  • 不透明でおしゃれなデザインのもの

 

基本的にもともとのランドセルのデザインを生かしつつ、きちんとキズから守り、雨や雪などの水から守り、暗い夜の道でも車のライトが当たると反射する反射材がついているものが人気です。

 

また、透明なランドセルカバーは使っているうちにだんだんと白く曇ってきてしまうことがあるのですが、メーカーによっては透明さが持続する素材も開発されています。

 

不透明なランドセルカバーでは、シンプルなデザインのものが男の子にも女の子にも人気があり、なかにはデザインや色を選んでオーダーメイドができるところもあり、シンプルでおしゃれなランドセルカバーの人気が高まっています。

 

 

フィットちゃん ランドセルカバー

 

 

 


フィットちゃんのランドセルカバーは取り付けが簡単でランドセルの色を活かすことができる透明のカバー、気分によっておしゃれなカバーにすることができるタータンチェックやファンシーな柄などの可愛い模様のランドセルカバーがあり、ランドセルのサイズに合わせてぴったりのカバーを選ぶことができます。ちなみに、ネットでランドセルを購入すると、ランドセルカバーではありませんが、雨除けカバーが購入特典でついてきます。

 

 

セイバン ランドセルカバー

 

 

 


セイバンのランドセルカバーは、反射材付きの透明のカバー、透明なカバーにかわいいリボンやかっこいいエンブレムが入ったカバー、クロス柄やストライブ柄など、たくさんの種類のおしゃれなサイズがぴったりのランドセルカバーを選ぶことができます。ランドセルと一緒に購入すると500円OFFになります。(一部対象外のものがあります)

 

 

ふわりぃ ランドセルカバー

 

 

 


反射材付きの透明カバーにおしゃれなデザインが入ったカバー、シンプルな反射材付きの透明カバー、ラミネートコットンのはっ水ランドセルカバーなど、種類がたくさんあります。
かぶせのキズや汚れを保護するだけではなく選ぶことが楽しくなります。ランドセルと同時購入の場合で50%OFFになります。ちなみに、ネットでランドセルを購入すると、ランドセルカバーではありませんが、雨除けカバーが購入特典でついてきます。

 

 

ランドセルカバーとレインカバーの違いってなに?

ランドセルカバーは必要か?というと、最近のランドセルにはキズや汚れの防止、はっ水などの加工がされているので、ランドセルカバーいらないのではという人もいれば、お気に入りのランドセルを6年間きれいに使えるように、ランドセルカバーを使うという人もどちらも半々です。

 

ランドセルカバーは、かぶせの部分にキズや汚れたりするのを防ぐためにつけていたり、女の子の場合は、おしゃれでかわいいランドセルカバーを気分でつけかえるという子もいるようです。

 

しかし、普段つけているランドセルカバーは、ランドセル全部をカバーしているわけではないので、雨降っていて風が強い日や大雨が降ってしまった時などに、教科書やノートなどの中身が濡れてしまうことがあります。

 

雨の日に防水ができるレインカバーやレインコートは、ランドセル全体にすっぽりとかぶせるように使えば、大雨が降ったときでもランドセル全部をカバーしてくれるので、教科書やノートなどの中身を水から守ることができます。

 

キズや汚れからランドセルを守るためにつけるランドセルカバーも、雨の日にランドセルや中身を水から守るためにつけるレインカバーも、メーカーによってA4クリアファイル・A4フラットファイルサイズ対応などによってサイズが違うため、きちんとサイズの確認をするようにしましょう。

 

また、レインコートタイプを購入するときには、ランドセル対応のものでないとレインコートの中にランドセルが入らないので、ランドセル対応と記載があるものを選びましょう。

 

ランドセルカバーもお手入れが必要です

ランドセルを汚れやキズなどから守ってくれるランドセルカバーですが、ランドセル本体のお手入れをすることに加えて、ランドセルカバーも簡単なお手入れをすることが必要です。

 

ランドセルカバーをつけていれば、ランドセルのかぶせの部分のキズや汚れから守ることができますが、長い期間ずっとつけっぱなしにしてしまうと、かぶせの表面とカバーが貼りついてしまうことがあります。

 

貼りついてしまうとはがすときにランドセルの表面を傷めてしまうこともあるので、定期的にカバーを外したり、雨の日に濡れてしまったときにはカバーを外して水分を拭き取ったりなど、しっかりと乾かしてからカバーをつけましょう。

 

雨の日は普段使っているカバーではなく、ランドセルの隙間から雨が入らないように撥水加工がされているレインカバーに付け替えることがおすすめです。

 

ランドセルカバーがあれば、ランドセルを汚れやキズから守ったり、ランドセルがおしゃれになることで毎日の通学が楽しくなれるのではないでしょうか。

 

ランドセルカバーを選ぶときのポイントをおさえつつ、お気に入りのランドセルカバーを選びましょう!