A4クリアファイルサイズとA4フラットファイルサイズの違いとは?

ランドセルのサイズには、主に「A4クリアファイルサイズ対応」と「A4フラットファイルサイズ対応」のものがあります。現在はA4フラットファイルサイズ対応のランドセルが人気がありますが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

 

A4クリアファイルとA4フラットファイルの違い

 

  • A4クリアファイル

    横幅:約22cm
    プラスチック製の柔らかいファイルです。学校で配布されたプリントに穴を空けずファイルにそのまま挟んで持ち帰ることができます。

  • A4フラットファイル

    横幅:約23cm
    厚紙でできた堅いファイルで、プリントに2つ穴を空けてとじます。マチがあるので授業で使うたくさんのプリントをとじることができます。

 

 

A4クリアファイルサイズ対応とA4フラットファイルサイズ対応のランドセルの違い

 

A4クリアファイルサイズ対応

 

A4クリアファイルがすっぽりと入るサイズになっており、A4フラットファイル対応のサイズのランドセルと比べると小さめで20〜100g程度軽くできています。
ランドセルの中にA4フラットファイルを入れようとすると、端が折れてしまいファイルの中のプリントまでも折れてぐちゃぐちゃになってしまいます。
また、1p程度の大きさの違いでも入る荷物の量が変わってくるため、教科書以外の他の荷物が入る量が少なくなり、手提げバッグなどが必要になります。

 

A4フラットファイルサイズ対応

 

A4フラットファイルがすっぽりと入るサイズになっており、A4クリアファイルサイズ対応のランドセルと比較すると、横幅が1p大きいだけと思えますが、教科書以外の他の荷物なども多めに入るので両手があきます。
A4クリアファイルと比べると1p分の重さ、20〜100g程度は増えますが、背負いやすさの工夫がされたランドセルであれば重さはあまり気になることはありません。

 

ランドセルを購入する前に確認しておきたいこととは?

A4クリアファイルサイズ対応のランドセルか、A4フラットファイルサイズ対応のランドセル、どちらにしようか迷ってしまうという場合、まずはお子さんの入学する小学校でA4フラットファイルを頻繁に持ち帰るのかどうかを確認してみましょう。

 

学校によっては、A4フラットファイルを授業で頻繁に使うものの、学校に置いたままにしておくところもあったり、A4フラットファイル自体を使用しないという学校もあったりします。

 

A4クリアファイルサイズ対応のランドセルであっても、カブセの部分に挟んだり、手提げかばんを使用することが認められている学校であればA4クリアファイルでも問題はないかと思います。

 

A4フラットファイルサイズ対応のランドセルが人気なのはどうして?

現在、A4フラットファイルサイズ対応のランドセルが主流になってきているのは、多くの学校でA4フラットファイルが使用されるようになったことと、脱ゆとり教育によって増えた教科書や教材を収納できるランドセルをというニーズが増えてきたことにあります。

 

A4フラットファイルサイズ対応のランドセルが人気の理由

 

A4フラットファイルがすっぽり入る

横幅が23pのA4フラットファイルが折れ曲がることなくすっぽりと入る余裕のあるサイズになっているので、教科書をキレイに収めることはもちろん、プリントが破れたりぐちゃぐちゃになってしまうことがありません。
また、荷物がキレイに入るので小さな体でも重心が安定して歩きやすくなります。

 

荷物がたくさん入る

学校へ毎日持っていく荷物は学年が上になるにつれて多くなり、手提げ袋を持たせることで手がふさがってしまうと、荷物が車や自転車にからんでしまうなど、安全面での心配が出てきてしまいます。
A4フラットファイルがすっぽり入るということの他に、教科書やノート以外の荷物もできる限りランドセルに入れて両手をあけた方が安全です。

 

使いやすさでストレス軽減

小さな体に大きめのランドセルはかわいそうと、少しでも軽いランドセルを選んであげたいとA4クリアファイルサイズ対応のものを選んでしまうと、カブセの部分にA4フラットファイルを挟んで持ち帰るということになります。
毎日背負うランドセルだからこそ、A4フラットファイルがすっぽり入って収納がしやすいランドセルを選ぶことで、ストレスを感じることがなく6年間使用することができます。

 

小学校へ持っていく荷物ってどれぐらいあるの?

毎日の通学では曜日によっても持っていくものや持って帰ってくるものが違ったり、イベントや学年が上がることによって必要になる副教材などがたくさんあります。

 

できることならばそれらの持ち物が全部ランドセルに収納できれば両手があき安全です。それぞれの地域の学校によって、持っていくものや授業で使用するものなども違ってきます。

 

 

学校へ毎日持っていくもの

 

  • 教科書
  • ドリル
  • ノート
  • 連絡帳
  • 筆箱
  • 下敷き
  • プリント
  • クリアファイル・フラットファイル(収納する場合)
  • 給食袋(ナフキン・マスク・ハンドタオルなど)
  • コップ(学校による)

 

 

授業や曜日によって持っていくもの

 

  • 手提げバック
  • 算数セット
  • 上履き
  • 体育館シューズ
  • 給食エプロン
  • 体操服
  • 鍵盤ハーモニカ・笛
  • 絵の具セット
  • 裁縫セット
  • 書道セット
  • 水着

 

 

天気によって持っていくもの

 

  • 雨傘
  • レインコート
  • 長靴

 

ランドセルのサイズのまとめ

学校へ持っていく荷物は日によって教科書やノートだけではなく、体操服やシューズ、雨具、副教材などたくさんあり、小さな体のお子さんがたくさんの荷物を持っているだけで心配になってしまいます。

 

しかし、重い荷物を背負ったときに負担を軽減させるための工夫がされていたり、反射材、引っ張られ防止などの安全機能、大容量のランドセルを選ぶことで、お子さんに安心してランドセルを背負わせることができます。

 

そのためにも、やはりランドセルのサイズはA4クリアファイルサイズ対応のランドセルを選ぶことがおすすめです。