ランドセル選びの失敗談!選ぶポイントとは?

4月の入学式に向けてランドセルの準備を本格的に始めている方も多いなか、6年間という長い期間使用するランドセルは、お子さんが背負いやすく使いやすいものを購入してあげたいと思いますよね。

 

 

それと同時に、価格も決して安くはないため選び方を失敗すると、購入したあとに後悔してしまうことになります。そこで、今回は「もっとこうすればよかった」ということにならないためのポイントを紹介したいと思います。

 

まずは、ランドセルを購入するときにどこをポイントとして購入しているのでしょうか。

 

カラーやデザインだけでは選ばない!

ランドセルが販売されているお店の棚には、カラーやデザインが豊富なランドセルがたくさん並んでいます。最初に目に入るためどうしても重要視しがちです。しっかりとお子さんと一緒に選んだはずなのに、購入する前にはなかなか気がつかないことがあります。

 

 

娘が淡い水色がかわいいと気に入り購入しましたが、使っているうちに汚れが目立ってしまい結局ランドセルカバーをかぶせて使うことに。汚れが目立たない濃い色を選べばよかったです。


 

 

外側のデザインとカラーだけで選びましたが、購入してから内側が気にいらず…。中身もしっかりと見てから購入するべきでした。


 

 

娘がほしいといったのはキャラクターとコラボしたキラキラ系のランドセル。入学時はお気に入りで背負っていっていたものの、数年たったときには飽きてしまい、もっとシンプルなものにしておけばよかったです。


 

 

周りと違うものがいいと個性が強いカラーのランドセルを購入したものの、高学年になってやっぱりシンプルな定番カラーにするべきだったと後悔。


 

幼稚園や保育園の年長さんの年齢では、可愛らしい刺繍が入ったキラキラ系や、キャラクターとコラボしたランドセルをほしがります。

 

慣れない小学校生活なので、お子さんが気に入ったランドセルを持たせてあげたいという気持ちはわかるのですが、女の子も男の子も数年たったときには、そのキャラクターやこだわりすぎたデザインが逆にはずかしく思ってしまう可能性があります。

 

できることならば、シンプルなデザインやカラーのものを選んであげるほうが、高学年になったときに困りません。
しかし、お子さんの意見をどうしても取り入れてあげたいという場合、今はたくさんの種類があるカバーを高学年になったときにつけることもできます。

 

男の子には丈夫なランドセルを!

ランドセルは6年間ずっと使用するものなので、男の子でも女の子どちらも丈夫なものを選んであげたいですね。丈夫さは素材でも違いがありますが、縫い目や製法によっても丈夫さが違ってきます。

 

 

デザインとカラーがいいなと思って選んだものの、実際に購入してじっくり見てみたら縫い目がかなり雑だった。後から縫い目がしっかりしているものほど丈夫だということを知って、もっと早いうちからランドセルについて調べておけばよかった。


 

 

息子のランドセルの扱いが雑で購入してから2年しかたっていないのに、形が変わりつつあるのでもっと丈夫なものを選べばよかったです。


 

 

息子がランドセルを背負ったまま友達と道路にすわりこんだままずりずりと移動。そしてランドセルもずりずりとなって革が擦れてぼろぼろに…。もっと丈夫な素材を使ったランドセルを選べばよかったです。


 

ランドセルの丈夫さは、縫い目にバラツキがなくしっかりとした縫い目のランドセルほど丈夫にできています。また、素材の丈夫さでは天然皮革のコードバンや牛革も丈夫なのですが、最近では人工皮革でも耐久性・耐傷性に優れた素材が開発されています。

 

6年間しっかりと壊れない製法や縫い目、丈夫な素材が使用されたランドセルを選ぶことで、購入したあとすぐにランドセルが壊れてしまったということを避けることができます。

 

特に男の子は元気に遊びまわるので、やはり丈夫なランドセルを選んであげるほうが、お子さんも気にせずにランドセルを使えて、親も高いランドセルを雑に扱わないで〜!と気にすることが減りますね。

 

ランドセルの重さよりも背負いやすさで選んで!

最近のランドセルはA4フラットファイルが入るサイズに対応しているものが多く、小さな体の小学校1年生のお子さんには重く感じてしまうのではないかと心配になってしまいます。

 

 

息子の体は小さめだったので軽いランドセルにしたくてA4フラットファイルサイズ対応ではないものを選んだものの、荷物があまり入らずA4フラットファイルも持ち帰ることも多く、フタのところにはさんでいます。


 

 

軽いランドセルがよかったので、とにかく軽いものをと1000g以下のランドセルを購入したら細かい部分がすぐに壊れてしまいました。
軽さだけを考えすぎたため耐久性が低いものを購入してしまい後悔です。


 

 

デザインや本革の風合いがよくて購入したランドセルですがランドセル自体が重く、小学校1年生の荷物は親が思っているよりも想像以上に重くて、もっと軽いランドセルにすればよかったです。


 

ランドセルの重さは、背中とランドセル本体の隙間をなくしてフィットさせ、重心を上の方に持ってくることでランドセルの重さを軽く感じさせることができます。これを体感重量というのですが、各ランドセルメーカーによってさまざまな工夫がされています。

 

学校によってA4フラットファイルをかなりの頻度で持ち帰るところもあれば、ファイルを全然使用しないというところもあります。そのため、A4フラットファイルを使用しない学校の場合は、対応していないサイズのものでもいいのではないかと考えてしまいます。

 

ランドセルのサイズが小さくなる分軽くなる気がきますが、荷物が多く入らない分両手がふさがってしまい安全性に問題が出てきてしまうため、ランドセルのサイズや重さよりも体感重量が軽くなる工夫がされているものを選ぶことが大切です。

 

天然皮革のランドセルの場合、重さは1300g〜1500g前後のものが多くなり、肩になじむまで革が硬いのですぐには体にフィットしませんが、馴染んでしまえば本当に使いやすくなります。

 

人工皮革のランドセルの場合、重さは1100g〜1300g前後のものが多く、天然皮革ほど素材が硬くないので、試しに背負ってみたときに体にフィットするかどうかがわかりやすくなっています。

 

ここで注意が必要なのが、1000gを下回るようなランドセルは耐久性が低く軽さだけを追求しているものが多いので、壊れてしまう可能性が高いためおすすめできません。

 

ランドセル選びの失敗談のまとめ

ランドセル選びに失敗したという先輩ママたちの話を紹介しましたが、やはりランドセル選びを失敗しないためには、ある程度のランドセルの知識と、実際に販売店、ショールーム、展示会などで手にとってみて、ランドセルのデザイン、カラー、内装、機能、重さ、背負いやすさを確認することがおすすめです。

 

その上で、購入したいブランドの公式オンラインショップなどで、WEB割引がされていていたり特典がついている場合は購入した方がお得ですよね。

 

ぜひ、先輩ママたちの失敗談を参考にして、親子でお気に入りのランドセルを選んでくださいね。