障がい児用オーダーメイドランドセルとは?

 

障がいのあるお子さんをお持ちの保護者の方の中には、「ランドセルはどうせ使えない」と諦めてしまう方も多いようですが、お子さんをお持ちならばランドセルを背負わせてあげたいと思うのと同時に、何より保護者の方がランドセルを背負ったお子さんの姿が見たいのではないでしょうか。

 

 

「特別支援学級」と「特別支援学校」どちらを検討する?

障がいを持っているお子さんが入学を迎える家庭では、一人ひとりに応じた教育を行うための環境として、特別支援学級、特別支援学校のどちらかで就学先を検討することになると思います。

 

 特別支援学校

 

文字の読み書き、時計や時間、お金の計算など、日常生活で使える勉強をして自立ができるようになることを目的としており、学校には通常の教員免許の他に、さまざまな障害について基礎的な知識や対処法などを習得した、特別支援学校教員の免許を持っている先生がいます。

 

送迎バスや添乗員、医療行為が行える看護師、専門の療法士、施設のバリアフリー、設備や器具などが配置されており、視覚、聴覚、知的障害、肢体不自由者、病弱者などの障害を持つお子さんのための環境と体制が整っています。

 

 特別支援学級

 

通常の小学校の中に「養護学級」「特別支援学級」「なかよし学級」など、さまざまな呼び方で呼ばれており、通常クラスのお子さんとの交流や一部の授業では一緒に授業を受けることができます。

 

一人ひとりの障害に応じた習得が難しい科目や教科などの教育を受けることができますが、障害児に対する特別な免許を持っていない先生が担任になるため、それぞれの障害ごとの特性や教育などの理解がされにくいということがあります。

 

特別支援学校に通う場合、お弁当・水筒・着替え・上履きなど、荷物が多いので1つにまとめられるようにリュックで通学することが多くなり、普通学校の支援級の場合はランドセルで通学することができるようですが、どちらも地域や学校によって違うため入学前の確認が必要になります。

 

障がい児ランドセルを選ぶときのポイントとは?

「障がい児用のオーダーメイドランドセル」は、障がいを持っているお子さんでもランドセルで通学ができるようないろいろな配慮がされている、一人ひとりの障がいに対応したランドセル作成をしてくれます。

 

障害があってもランドセルをあきらめなくてもいいように、お子さんに合ったさまざまな工夫がされたランドセルを、選ぶときのポイントをおさえつつ色やデザインをドキドキワクワクしながら楽しく選びたいですね。
ここでは障害を持つお子さんのママさんのアンケートであげられた声と、障がい児が使いやすいランドセルを選ぶときのポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

障がいがあるお子さんを持つママさんのアンケートであげられた声

 

  • 体が小さいから背負えるか心配
  • 筋力や体幹が弱く重いランドセルではバランスがとりづらい
  • 体が小さくて肩ひもがずり落ちる
  • 手先が不器用なのでロックの開閉がしづらい
  • ランドセルの中の物を取り出しづらい
  • 車イスにかけられる普通のランドセルがない

など

 

 

障がい児が使いやすいランドセルのポイント

 

@軽い
ランドセルの素材は人工皮革の軽いタイプのものがよく、とくに軽くてお子さんが背負いやすい工夫がされているランドセルは、障がいを持っているお子さんの体に負担をかけずにすみます。

 

A持ち手
学校のロッカーへのランドセルの出し入れを子ども自身がしやすくなり、送り迎えのときなど親がランドセルを持ってあげるときにも持ち手があると便利です。

 

B丈夫さ
発達障害を持っているお子さんでADHDの症状がある場合には、乱暴に扱って壊れてしまうということがあるかもしれないので、6年間保証がついている耐久性の高いものがおすすめです。

 

C開け閉めがしやすい
指先がうまく動かずファスナーの開け閉めが苦手な子のために、ファスナーの取っ手の部分にループがつけられていると開け閉めがしやすくなります。

 

Dワンタッチロック
指先がうまく動かず動作が遅くなってしまう場合、ランドセルのカブセを閉める部分の金具がワンタッチで閉まるタイプのものだと1人でも閉めることができるのですが、開けるときにすぐに開かないと再びロックされてしまうタイプのものもあるため、子どもが開閉しやすいものを選んであげましょう。

■ワンタッチマグネットロック

(ふわりぃオーダーメイドUランドセル)

ふたの開け閉めがうまくできずカブセの部分が長くて邪魔になってしまう場合、カブセの部分が短いタイプのものや金具の部分がマジックテープになっているものにすると、先についている金具があたってしまうこともないためおすすめです。

■マジックテープ

(ふわりぃオーダーメイドUランドセル)

ランドセルの正面の下部にマジックテープがついており、開閉するときの補助としてフタにループがついており、最も操作が簡単な軽量タイプです。

■ふわりぃロック

(ふわりぃオーダーメイドUランドセル)

ボタンを押すと簡単に開き、閉めるときは錠前をパチンとはめてロックができる軽量タイプです。

 

E肩ベルト
小さい子でも肩ベルトがずり落ちてしまわないように、左右の肩ベルトをつないで背負いずれを防止できるベルトがあるとランドセルがずり落ちません。
また、肩ひもが立ち上がっているタイプのものを選べば、机の上にランドセルを立たせた状態にでき、そのまま腕を通してさっと背負うことができます。

 

F車イス取付可
障がいを持っていてもランドセルを背負うことができれば問題はないのですが、車イスが必要なお子さんもいると思います。
そのような場合、普通のランドセルだと車イスの手押し部分にランドセルをかけても、ずり下がったり斜めに傾いてしまったりなど不安定になってしまうため、車イスに取りつけしやすいランドセルで固定用のベルトがあるものがおすすめです。

 

ふわりぃ障がい児用オーダーメイドUランドセルとは?

障がいを持っている子どもに対応しているランドセルをオーダーメイドで作っているのが、ふわりぃランドセルでおなじみの株式会社協和から発売されている、「ふわりぃ障がい児用オーダーメイドUランドセル」です。

 

「障がいのある子もない子も、みんな元気な1年生として、ランドセルを背負って学校に行ってもらいたい」というランドセルメーカー協和の願いから、試行錯誤されて完成したランドセルで、ふわりぃ障がい児用オーダーメイドUランドセルは、「一般社団法人全国肢体不自由児者父母の会連合会」にも推奨されており、2004年グッドデザイン賞を受賞しています。

 

ふわりぃ障がい児用オーダーメイドUランドセルには、3つの基本形にオプションを組み合せて、一人ひとりに合わせた少しでも扱いやすくなるような最適なランドセルをカスタマイズして作製してくれます。

 

 

最もスタンダードで扱いやすい全カブセ(Aタイプ)

全カブセタイプのランドセルは、通常のランドセルと同じような作りになっていますが、通常のランドセルよりも軽量設計になっており、車いすやバギーにつけるためのオプションパーツなどをつけることができます。

※「ふわりぃ」公式ページより画像を引用しています。

 

■Aタイプ(コンパクト型・全カブセタイプ)全16項目(ピンク色は有料オプション)

素材 クラリーノ
重さ 約870g〜(パーツ重量除く)
サイズ

A4フラットファイルサイズ対応
(内寸)幅23.5cm×30.5cm×マチ12cm

注文方法 オンラインで受付
価格 47,300円(税込)〜
備考 車いす取付可、背負い可

 

開閉しやすい半カブセ(Bタイプ)

カブセが半分になっているタイプのランドセルで、開閉がしやすく軽量設計になっており、車いすやバギーにつけるためのオプションパーツなどをつけることができます。

※「ふわりぃ」公式ページより画像を引用しています。

 

■Bタイプ(コンパクト型・半カブセタイプ)全15項目(ピンク色は有料オプション)

素材 クラリーノ
重さ 約800g〜(パーツ重量除く)
サイズ

A4フラットファイルサイズ対応
(内寸)幅23.5cm×30.5cm×マチ12cm

注文方法 オンラインで受付
価格 46,200円(税込)〜
備考 車いす取付可、背負い可

 

車いすに取付けやすい横型(Cタイプ)

背負ったときに横幅が肩からはみ出してしまうと危険なので、背負い用にはむいていませんが、車いすやバギーに取付やすいタイプのランドセルです。

※「ふわりぃ」公式ページより画像を引用しています。

 

■Cタイプ(横型タイプ)全16項目(ピンク色は有料オプション)

素材 クラリーノ
重さ 約830g〜(パーツ重量除く)
サイズ

A4フラットファイルサイズ対応
(内寸)幅34.5cm×25cm×マチ12cm

注文方法 オンラインで受付
価格 45,100円(税込)〜
備考 車いす取付可

 

 

車いすの機能について

 

■車いすフック用ループ

車いすの押し手やフックにランドセルをかけるためのパーツで、オーダーメイドUランドセルすべてのタイプに使用でき、不要な時にはランドセル本体から取り外すことができます。

 

■車いす固定用ベルト

車いすにループでランドセルをかけたときに、さらにランドセルを安定させるために背もたれ等にベルトをまわして固定させます。不要な時にはランドセル本体から取り外すことができます。

 

 

肩ひも・背カンについて

 

 

肩ひも

 

◆ふわりぃ肩ひも

一般的なランドセルと同じで、本体と同じクラリーノの素材の肩ひもにクッション材が入っているのでやわらかく、肩ひもの付け根が立ち上がって立体的なアーチが施されているので、肩にやさしくぴったりフィットします。ベルトの長さの調節はベルト穴で行うことができます。

 

■らくらく肩ひも

市販のカジュアルなリュックサックにも使用されているような素材感の筒織ナイロン生地で、肩ひもの両側がクラリーノでトリミングされています。左右のベルトにそれぞれmm単位で長を調節できるバックルがついています。肩ひもが立ち上がっていないので車イスにもおすすめです。

 

■背負いズレ防止ベルト
小さいお子さんが背負ったときにズレやすい肩ひもを、左右ベルトでつなぐことでズレるのを防ぐことができます。開閉が簡単にできるバックルがついており、ベルトの長さも調整することができます。
リュックサックにも使用することができ、反射鋲がついているので暗い道でも車のライトを反射するので安全です。

 

 

背カン

 

■フリフリ背カン
肩ひもが左右に動くタイプの背カンで、お子さんの服や成長に合わせて動くので、いつでも自然に背負うことができます。らくらく肩ひもの場合、背負うだけではなく肩ひもが立ち上がっていないので車イスにも使用することができます。

 

▲ ふわりぃ肩ひもの場合(背負い)

 

▲ らくらく肩ひもの場合(車イス・背負い)

 

■ぬい込み固定
らくらく肩ひものみ適用可で、肩ひもの付け根をぬい込んであるので左右にひろがりません。車イスの移動が多く、背負う機会が多くないお子さんにおすすめです。

▲ぬい込み固定(車イス)

 

Uランドセルは17色のカラーから選ぶことができます!

オーダーメイドのランドセルなので、オプションでランドセルの本体、コンビカラー、内装、ステッチなど、お子さんが好きな色や柄を選ぶことができるので、親子で楽しくランドセル選びをすることができます。

 

本体

 

コンビカラー

 

ステッチ

 

内装

 

カラーだけでもこれだけの種類があり、これだけではなく背あての部分やサイドのデザイン、カブセの型押し、飾り鋲なども選ぶことができるので自分だけのカスタマイズをすることができます。

 

ふわりぃ オーダーメイドUランドセル Q&A

 

 

障がいを持っていても、やっぱりお子さんにランドセルを持たせてあげたいと思いますよね
ここでは、障がい児用オーダーメイドランドセルについての質問にお答えします


 

 

Q.軽いランドセルが欲しいのですが、どんなタイプのランドセルがいいですか?


 

 

A.オーダーメイドのランドセルの場合、もともとの仕様にオプションをつけたりすることで重さが変わってきます。軽くしたいならば錠前をワンタッチマグネットロックではなく、マジックテープのものを選ぶと軽くなります。
また、半かぶせタイプのものならば、かぶせが半分なのでその分軽くなります。


 

 

体が小さいお子さんや筋力や体幹が弱く重いランドセルではバランスがとりづらいお子さんは、軽いランドセルがおすすめですね。


 

 

Q.子どもの体が小さいので背負うと肩ひもがずり落ちるのですが、ズレないようにする方法はありますか?


 

 

A.有料オプションになるのですが、左右どちらかに麻痺があったり、バランスよく歩くのが難しかったり、体型が細身、なで型というお子さんにおすすめなのが「背負いズレ防止ベルト」で、背負ったときに肩ひもがズレるのを防ぐことができます。


 

 

Q.手先が不器用なのでロックの開閉がしづらいのですが、簡単に開閉ができるものはありますか?


 

 

A.ふたを閉めると自動的につまみが回転して施錠されるものや、マジックテープ、錠前をパチンとはめてボタンを押せば簡単に開くものがあるので、手先が不器用でもお子さんに合ったタイプのものを選ぶことができます。


 

 

Q.車イスにも使えるランドセルがなかなかないのですが、車イスにも使えて、背負うこともできるランドセルはありますか?


 

 

A.オーダーメイドUランドセルの全てのタイプに、ランドセルを掛けることができるループ「車いすフック用ループ(オプション)」をつけることができ、不要なときにはランドセルから外すことができます。


 

 

ちなみに、横型のタイプは、背負うとお子さんの肩幅からランドセルがはみ出してしまうため、ぶつかってしまったりして危険なので、背負うことはおすすめされていません。


 

 

 

障がい児用に対応してくれる鞄工房山本のランドセルとは?

これまで、障がい児用のランドセルといえば、障害児用のランドセルメーカーしか対応してもらえないと思っていた方も多いと思いますが、実は工房系のランドセルを作っている鞄工房山本では車いす用に加工してもらうことができます。

 

奈良県橿原市の工房でランドセルを作りつづけて50年を迎える鞄工房山本は、鞄業界では作業の委託・分業が多いなか、一貫製造体制を守り続けており、革の型入れ・裁断から仕上げまですべての工程を、職人さんがこだわりを持って行っています。
22シリーズ86種類、カラーバリエーションも豊富にそろっており、素材選びから背負いやすさへの工夫、丈夫さ、安全性も高く、6年間飽きのこないランドセルがそろっています。

 


鞄工房山本では、お子さんがランドセルと一緒に小学校に通えるように、ランドセルの大マチ部分に、車椅子用に取りつけるための特注ベルトをつけてもらうことができます。

 

 

障害児用のランドセルメーカーとして、ふわりぃ障がい児用オーダーメイドUランドセルが有名ですが、鞄工房山本の車いす用のランドセルも検討してみたい!という方は、奈良本店(TEL:0744-20-1771)まで連絡してみてくださいね。

 

 鞄工房山本の車いす用についての詳細はこちらから

 

 鞄工房山本 公式ページはこちら
 鞄工房山本ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

体が小さい子さんにおすすめの軽いランドセルはこちら!

一昔前の軽いランドセルというと、品質があまりよくないものが多かったのですが、近年では各メーカーによる研究・開発によって改善されてきたこともあり、大手メーカーが販売している「軽い・コンパクト・大容量」で1,000g以下の最軽量モデルのランドセルが登場しています。
障害を持っているお子さんで、体が小さく体幹が弱いお子さんの場合でも、体に負担をかけにくく背負うことができます。

 

セイバン スゴ軽エアー

 


◆期間限定販売価格:54,450円(税込)
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 25cm×高さ 32cm×マチ幅 13cm
◆カラー:全4色
◆主素材:クラリーノ エフ「レインガード Fa」
◆重量:約990g

1リットルの牛乳パックの重さよりも軽い約990gのセイバン最軽量モデルのランドセルです。
へりの無いコンパクト構造でへりの素材分の重量を軽くする一方で、一般的にコンパクト構造での課題となる、軽いからこその素材や品質といった6年間の耐久性についても研究が重ねられ、「丈夫さを兼ね備えた軽量モデル」が実現しました。

 

 スゴ軽 エアーの詳細はこちら

 

 

ふわりぃ ぴったりふわりぃ

 


◆WEB価格:54,450円(税込)
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 30.5cm×マチ幅 12cm
◆カラー:【女の子】全2色 【男の子】全2色
◆主素材:クラリーノ エフ
◆重量:約930g

ランドセルのフチをカットしてスッキリさせた分、丈夫さと容量はそのままで約50g軽量化しました。中でも「ぴったりふわりぃ」は、ふわりぃ最軽量の約930gと驚きの軽さで、お子様の負担にならない軽く背負える工夫がいっぱいです。

 

 ぴったりふわりぃ【女の子】の詳細はこちら
 ぴったりふわりぃ【男の子】の詳細はこちら

 

 

ふわりぃ マイフレンド

 


◆WEB価格:39,420円(税込)
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 30.5cm×マチ幅 12.5cm
◆カラー:【女の子】全4色 【男の子】全2色
◆主素材:クラリーノ エフ
◆重量:約980g

オンラインショップ限定のモデルで、約980gと最軽量のランドセルなので、体の小さなお子さんの体への負担を少しでも軽減することができ、A4フラットファイル対応サイズでタブレット収納もすることができます。

 

 マイフレンド【女の子】の詳細はこちら
 マイフレンド【男の子】の詳細はこちら

 

 

はなまるランドセル24

 


◆販売価格:30,800円(税込)
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆カラー:ミント 他 全24色
◆主素材:クラリーノ エフ
◆重量:約980g

24色の定番のカラーからトレンドのカラーまで豊富にそろっており、お子さんのお気に入りのカラーを選ぶことができます。背あてのヘリをカットして軽量化したことによって980gと、かるすぽの機能が備わった背負いやすい最軽量ランドセルです。

 

 「はなまるランドセル24」の詳細はこちら
 イオン 公式ページはこちら

 

 

障害児ランドセルも補助金の対象になる「特別支援教育就学奨励費」とは?

障害を持つお子さんがいる家庭では、通院や薬だけでなく療育などいろいろな場面でお金がかかってしまいますよね。そのような家庭の負担が軽くなるようにサポートしてくれるのが特別支援教育就学奨励費です。

 

特別支援教育就学奨励費は、お子さんが「特別支援学校」や「特別支援学級」などに通っている場合、その家庭の収入に合わせて、学校で使用する勉強道具から通学費、給食費などに必要な費用の一部を国や地方自治体が補助をしてくれる制度で、ランドセルもそのなかに1つに入ります。

対象となる主な経費
・通学費
・給食費
・教科書費
・学用品費
・修学旅行費
・寄宿舎日用品費
・寝具費
・寄宿舎からの帰省費 など

実際に支給を受けることができるのは、小・中学在学中ですが、入学前に購入したものも含むことができるので、申請する場合を考えて購入したときのレシートや領収書を取っておくことをおすすめします

 

特別支援教育就学奨励費は、障害の程度によって支援が受けられる条件が違うので、お子さんが支援対象になるのか確認しましょう。
生活保護や要保護児童生徒援助費補助金などを受けている場合は対象外となります。

 

学校教育法施行令が定める障害の程度については「文部科学省:学校教育法施行令第二十二条の三に規定する就学基準」で確認することができます。

 

この制度は、地方自治体によって詳細が大きく異なるので、支援を受けるために事前に教育相談をする必要がある場合があります。
お住まいになっている地方自治体や在学している、または入学する予定の学校に問い合わせをしましょう。

 

自分だけのオーダーメイドランドセル

 

近年ではラン活がどんどん早まってきていることもあり、お子さんの障がいの重さによって、希望進路を「特別支援学級」と「特別支援学校」のどちらかで悩んで、ランドセルを購入するなら早めに購入したいと思うものの、特別支援学級の中にはランドセル必須でない学級もあったりすることもあり、購入しても無駄になってしまうのでは…となかなか踏み出せずにいる方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、障がいの重さにもよるのですが、身体に障がいを持っていても、子どもが少しでも扱いやすくなるランドセルをオーダーメイドで作ってもらえたことで、ランドセルを背負わせてあげたいという夢をあきらめずにすんだという話も聞きます。

 

ふわりぃの他にもランドセルのようなリュックタイプのものや、車いすやバギーにかけることができるように加工をしてくれる会社や工房などもあるようです。

 

就学先にもよるとは思いますが、ランドセルを使用できるのであれば、オーダーメイドランドセルを子どもと一緒にどれがいいのか悩みながら選ぶことは、小学校入学準備での親子のいい思い出にもなりますね!

 

※ふわりぃ障がい児用オーダーメイドUランドセルは、サンプルを1週間程貸し出しをしてくれるので、貸し出しの予約を早めにして試してみましょう。