選ぶ色によって印象が違うピンクのランドセルとは?

 

一昔前のランドセルは女の子のランドセルと言えば赤でしたが、近年ではランドセルのカラーバリエーションが豊富になったこともあり、定番の赤系のランドセルの人気と同じぐらい、おしゃれなピンクのランドセルの人気が高くなっています。

 

また、シンプルなデザインのものからハートやリボンのかわいい刺繍がはいっているものなどもあるので、お子さんの好きなタイプのものを選ぶことができます。

 

 

実際にピンクのランドセルを使っている方の口コミってどう?

ここでは、サイト管理人の周りにいる実際にピンクのランドセルを使用していたママさんの口コミを集めてみたので参考にしてみてください。

 

 

実際にピンクのランドセルを使っている方の口コミ

 

 

 

ピンクが大好きな娘が選んだのは、やっぱりピンクのランドセルでした。たくさんあるピンクのなかでもシンプルなデザインで濃いピンクのランドセルを選んだ娘は、毎日自分の好きなピンクで通学できるのが嬉しいようでした。6年生になった現在も色に飽きることなく使えています。

6年生 女の子のママ


 

 

パステルピンクのランドセルを購入しましたが、中学年になった頃から色とデザインがかわいすぎるとだんだん嫌がりはじめたこともあり、デザインだけでももっとシンプルなものにすればよかったと後悔しています。

4年生 女の子のママ


 

 

カタログで見たピンクのランドセルに娘がひとめぼれしました。実際に見てみるとデザインはシンプルながらも女の子らしく、刺繍やヘリの部分のテープがピンクのコンビカラーでとても気に入りました。

2年生 女の子のママ


 

 

娘と一緒に見に行って気に入ったランドセルは、本体がピンクで背あての部分の色が淡いピンクの少し違う色になっていて、親子で「かわいい!」と迷うことなくすぐに決まりました。高学年になっても嫌がることなく使えています。

5年生 女の子のママ


 

 

ずっとピンクのランドセルがいいと言っていたのですが、実際に見に行ってみるとピンクにもたくさんの種類があって迷いましたが、高学年になったときに嫌にならないように、デザインもシンプルで赤に近い濃いピンクにしました。
現在6年生ですが、かわいすぎずとても似合っています。

6年生 女の子のママ


 

 

やわらかくかわいい印象を与えるピンクのランドセルは、革の染色技術が発達してきた20年程前からランドセル市場に出回るようになり、だんだんと選ぶ方が増えてきました。

 

ピンクが出たばかりの頃は女の子のランドセルは定番の赤を選ぶ方がほとんどだったので、なかなか浸透しませんでしたが、近年ではピンクといっても、パールが入ったものや色の濃さの違い、ポイントにヘリの部分の色が違っているものなど、同じピンクといっても色のバリエーションは多くあるので、選ぶピンクの色の種類によって高学年になっても後悔することなく使用することができるようです。

 

男の子が使えるピンクのランドセルはあるの?

男の子が選ぶランドセルの色で人気が高いのは、黒や紺、青などですが、なかには「ピンクがいい!」というお子さんもいますよね。

 

しかし、ランドセルメーカーで販売されているピンクのランドセルのラインナップは、デザインが女の子向けのデザインや装飾がかわいいものが多いので、なかなか男の子向けのピンクのランドセルは少ないようです。

 

6年間使用することを考えると、入学前にはピンクがよくても、高学年になったときにピンクが嫌になってしまうことがあるかもしれません。
そのときの思いつきで言っているのか、周りのお友達にからかわれたりすることがあるかもしれないというリスクなど、購入する前に親子で話し合ってみましょう。

 

「それでもピンクがいい!」というお子さんには、シンプルなデザインのピンクのランドセルや、本体が黒でヘリにピンクが入っているものなどもおすすめです。

 

 

HAKURA はねかる

 


◆販売販売価格:59,400円(税込)
◆カラー:ネイビー×パステルピンク 他 全15色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.2cm×高さ 30.6cm×マチ幅 12cm
◆主素材:コードレ(人工皮革)
◆重量:約1,250g


天然皮革ではなく軽さを重視する方におすすめの最軽量モデルの「はねかる」は、人工皮革とポップなカラーリングと羽倉らしいシンプルなデザインでかっこいいランドセルです。本体がピンクではありませんが、黒にビビッドピンクのヘリが魅力的です。また、「はねかる」とは別に「羽倉のオーダーランドセル」でカブセの部分をいくつかのピンク色から選べるランドセルもあります。

 

 「HAKURA はねかる」の詳細はこちらから

 

 

池田屋 マットクラリーノ カラーコンビ

 


◆販売価格:55,000(税込)
◆カラー:チョコ×キッズピンク 他 全9色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆主素材:クラリーノ
◆重量:約1,100g


人工皮革であるクラリーノだからこその軽さとお手頃な価格となっており、池田屋特注のツヤを抑えたマット仕上げの落ち着いたデザインで、肩ベルトには牛革が使用されています。コンビカラーのステッチがおしゃれでカラーバリエーションが豊富な人気のランドセルです。

 

 「マットクラリーノ カラーコンビ」の詳細はこちらから

 

 

セイバン モデルロイヤル クラシック MyStyle カブセ裏オーダー

 


◆期間限定販売価格:56,430(税込)
◆カラー:カーマインレッド×ストライプ (本体6色×カブセ裏柄7種)
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆主素材:クラリーノ エフ 「レインガード Fα」
◆重量:約1,280g


刺しゅうなどの装飾を控えたクラシカルなデザインに、カブセ裏のデザインをストライプやチェック、ドットなどにかっこよくカスタマイズすることができます。快適に背負うための「天使のはねランドセルの基本機能」がすべて搭載されており、本体カラー6色×カブセ裏柄7種の全部で42通りの中から好きな組み合わせで選ぶことができます。

 

 「モデルロイヤル クラシック MyStyle カブセ裏オーダー」の詳細はこちらから

 

 

ピンクのランドセルを選ぶ際の注意点

 

ピンクのランドセルは、選ぶ色の濃さによって高学年になったときに、この色にしてよかったと思うお子さんと、かわいすぎて恥ずかしいと思うお子さんがいるようです。

 

そのため、ピンクのランドセルを選ぶ時には、小学校入学の時にお子さんが選ぶランドセルが、高学年になったときに大人っぽいものを好み始めて後悔することがないように考える必要があります。

 

せっかく楽しく時間をかけて選んだランドセルを、高学年になったときに後悔しないように、選ぶときには次のポイントを参考に6年間使うことができるピンクのランドセル選びをしましょう。

 

素材を選ぶ

ピンクと言ってもカラーの種類が実際にはたくさんあります。同じ色でも天然皮革と人工皮革で印象が変わってくるので、実物を見て比較してみましょう。天然皮革でシワのようなふくらんだ模様のシボ加工が施されているものは、光沢が少なくマットな落ち着いた雰囲気になります。

 

落ち着いたデザインを選ぶ

小学校低学年のときの趣味で、キャラクターや派手な刺繍やモチーフのものを選んでしまうと、高学年になるにつれてシンプルなものを好む傾向にあるため、恥ずかしいと感じてしまうお子さんが多いようです。なるべく落ち着いたデザインのものを選ぶようにしましょう。

 

かわいらし過ぎる甘いピンクは避ける

高学年になって大人っぽくシンプルなものを好むようになってくると、かわいすぎるパステルカラーが嫌だというお子さんも増えてきます。どうしてもパステルカラーがいい場合、ピンクのパステルカラーの本体にブラウンなど違う色のふちが入っているものを選ぶと、かわいいだけの印象が変わります。

 

 

ピンクのランドセルは選ぶデザインやカラーによってその印象はまったく違ってきます。高学年になったときにピンクははずかしくなってしまうのも…と心配になってしまうかもしれませんが、やっぱり、好きなカラーでお子さんが喜んで学校に通えるといいですね。ぜひ後悔しない小学校生活を送れるように、親子で納得のできるランドセル選びをしてください!

 

ピンクのランドセルは2022年度最新モデルのカタログ請求でチェック!

早まるランドセル購入の時期に乗り遅れず気に入ったランドセルを購入するため、各ランドセルメーカーや工房系のランドセルのカタログ請求を早めにして、販売が始まる前に気になるランドセルメーカーや工房系ランドセルのカタログをインターネットで請求しておきましょう。

 

次年度のランドセルのカタログは予約をすることができ、新しいカタログが出来次第発送されます。また、メーカーによっては、無料で生地の見本を一緒に送ってくれるところもあるので、資料請求をするときにメーカーに確認しておきましょう。

 

気になるメーカーや工房のカタログ請求をして、あらかじめデザインやカラーを見比べておくことで、たくさん種類や色があってもそれほど迷わずに選ぶことができます。

 

2022年度4月入学のお子様のランドセルカタログ請求はこちら

 

2022年度 各メーカー・工房系 出張展示会日程・店舗情報

 

2022年度 おすすめのピンクのランドセルランドセルメーカー

おすすめのランドセルを紹介しますので、これからのランドセル選びの参考にしてくださいね。

 

フィットちゃん プティガール 安ピカッタイプ

 


◆WEB販売価格:54,450円(税込)
◆カラー:ホットピンク×ホットピンク 他 全6色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.3cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆主素材:クラリーノ エフ
◆重量:約1,230g


人気が高いシリーズに、フィットちゃんならではの充実した機能性と新たに安全・安心の「安ピカッ」機能が付いたモデルが登場しました。サイドの小花とリボンの可愛らしい刺繍、ナチュラルなカブセデザインにリボン型の鋲が映えた、シンプルでかわいらしいデザインのランドセルです。

 

 「プティガール 安ピカッタイプ」の詳細はこちらから

 

 

羽倉(HAKURA) 羽倉のオーダーランドセル

 


◆販売価格:62,700円(税込)〜
◆カラー:ラベンダー×キャメル(メイン21色・サイド最大12色)
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.2cm×高さ 30.6cm×マチ幅 12cm
◆主素材:耐性牛革
◆重量:約1,320g


ピンク系のメインカラーにサイド最大12色から、自分だけの組み合わせでオーダーができます。羽倉のスタイリッシュなデザインとフラップ(カブセ)とマチ(本体部分)に、それぞれ異なる色と革素材を組み合わせた、周りとはちょっと違った個性的でかっこいい羽倉ならではのランドセルです。

 

 「羽倉のオーダーランドセル」の詳細はこちらから

 

 

カバンのフジタ アップリカ

 


◆販売価格:69,800円(税込)
◆カラー:チェリーピンク×スウィートピンク(背あて ピンク) 他 全5色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 31.5cm×マチ幅 12.5cm
◆主素材:牛革
◆重量:約1,350g


どの色にも似合うピンク色のステッチとキラキラのリボンモチーフの飾り鋲がおしゃれで、背あてはかわいいスウィートピンクになっており、素材には肌あたりのいい「ふっくら天然牛革」が使用されています。厳しい色落ち試験をクリアしているので汗をかいても服への色移りの心配はありません。

 

 「アップリカ」の詳細はこちらから

 

 

鞄工房山本 フィオーレ・コスモス(牛革)

 


◆販売価格:69,900円(税込)
◆カラー:ローズピンク(背あて ピンク) 他 全6色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.3cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆主素材:牛革
◆重量:約1,390g


職人さんによってすべての工程が奈良の工房でされているのでしっかりとした作りになっているランドセルです。コスモスのモチーフと波型のステッチで上品な可愛らしさを表現しており、幸せを運ぶクローバーや小さなお花のカシメ、背あてもピンクになっている、細かな部分にも女の子らしさがつまっているランドセルは高学年になっても飽きません。

 

 「フィオーレ・コスモス(牛革)」の詳細はこちらから

 

 

セイバン モデルロイヤルアリス

 


◆期間限定販売価格:56,430(税込)
◆カラー:シャーベットピンク 他 全4色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆主素材:アンジュエールグロス
◆重量:約1,300g


カブセにはリボンをモチーフにしたステッチや飾り鋲(びょう)、サイドにはお城の窓をイメージした盛り加工やきらびやかな刺繍など、細部にまで不思議の国の世界観が表現されています。セイバンの機能性だけではなく、パーツや刺繍、一つひとつのステッチまで、特にデザイン性が追求されているキュートなランドセルです。

 

 「モデルロイヤルアリス」の詳細はこちらから

 

 

2022年度 人気の高いランドセルメーカーを紹介!

2022年度に入学を迎えるお子さんをお持ちの方は、できるだけ早めにラン活の資料としてカタログ請求をしようと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

人気があるブランドのランドセルは、カタログでさえも予約をしていないとなくなってしまうこともあるほどなので、ほしいと思っているランドセルが決まっている方は、早めに資料請求をしておきましょう。

 

4月になると多くのランドセルメーカーから、新しいモデルのランドセルが販売されるようになります。ここでは、おすすめのランドセルメーカーの紹介しますので、これからのランドセル選びの参考にしてくださいね。

 

 

フィットちゃんランドセル

 


フィットちゃんランドセルはセイバンの天使のはねと同じように人気があり、評価が高いランドセルメーカーです。
大手ランドセルメーカーならではの機能性と、色やデザインが豊富なので、「かわいい」「かっこいい」ランドセルがたくさんラインナップされています。
また、数は限られていますがオーダーメイド対応で品質がいいもので低価格なモデルを出しています。

 

 フィットちゃん 公式ページはこちら
 フィットちゃんランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

鞄工房山本

 


奈良県橿原市の工房でランドセルを作りつづけて50年を迎える鞄工房山本は、鞄業界では作業の委託・分業が多いなか、一貫製造体制を守り続けており、革の型入れ・裁断から仕上げまですべての工程を、職人さんがこだわりを持って行っています。
22シリーズ86種類、カラーバリエーションも豊富にそろっており、素材選びから背負いやすさへの工夫、丈夫さ、安全性も高く、6年間飽きのこないランドセルがそろっています。

 

 鞄工房山本 公式ページはこちら
 鞄工房山本ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

羽倉(HAKURA)

 


千年の伝統を持つ日本一の鞄生産量を誇る鞄の街・豊岡から、高い品質基準を満たした鞄職人の誇りが詰まっている「豊岡鞄」が、2006年に特許庁に認められ地域ブランドになりました。「HAKURA」は、豊岡鞄ブランドと認定された初のランドセルです。
全27色の中から選ぶことができ、天然皮革の滑らかな艶や優しい色合いは、130年の伝統が培った職人技があるからこそです。ランドセルから工業製品の名残である「鋲(びょう)」を無くしシンプルなデザインになっています。お子さんが背負いやすような工夫もされており、高品質で安全性も高いランドセルです。

 

 羽倉(HAKURA) 公式ページはこちら

 

 

池田屋

 


1950年に創業された池田屋のランドセルは、「厳選したよいものを」「お客様の立場に立ったものづくり」の2つのこだわりを持ってランドセルを作っています。
池田屋のランドセルは、職人さんによる常に背負いやすいランドセルへの工夫や努力がされており、子どもの小さな肩にかかる負担が軽減できるようにすべてのパーツの見直し、形状、素材、動きなどが検証されています。

 

 池田屋 公式ページはこちら
 池田屋ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

セイバン天使のはねランドセル

 


セイバンのランドセルはテレビのCMでもよく見ることが多く最もシェアが高い、ランドセル業界で最大手のメーカーです。
セイバンのランドセルは機能性が高く、背負うときに子どもに負担をかけないような工夫がされている、総合的にバランスが取れているランドセルメーカーです。
PUMAやコンバースなどのコラボなど豊富なラインナップがあります。

 

 セイバン 公式ページはこちら
 セイバン「天使のはね」ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

カバンのフジタ

 


ランドセルを作り始めてから60年になるカバンのフジタのランドセルは、シンプルでカラフルなものが多く、飽きのこない色やデザインだけではなく背あてにも色がついていたりなど、見ているだけでもワクワクする色の組み合せになっています。
アルファベットの「X」のような形状の肩ベルトや背あての部分に背負いやすくする工夫がされていることで、ランドセル本体と背中の隙間がなくなりフィットして体感重量が軽くなっている、お子さま想いのランドセルです。

 

 カバンのフジタ 公式ページはこちら
 カバンのフジタランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

萬勇鞄

 


6年間快適に使用できるよう、一番負担がかかりやすい背あてと肩ベルトの部分を頑丈に、職人さんが1つ1つの工程を手縫いで丁寧に仕上げています。牛革やコードバン素材のランドセルにも刺繍等を施すなどデザイン面にもこだわりがあります。
工房系のランドセルはシンプルなものが多いなか、萬勇鞄のランドセルはカラーバリエーションやデザインが豊富にあるので、お子さんの好みに合わせたお気に入りのランドセルを選ぶことができます。

 

 萬勇鞄 公式ページはこちら
 萬勇鞄ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

モギカバン

 


1929年に創業したモギカバンのランドセルは、伝統を重んじながらも、時代や環境の変化に対応した先進性を追求した、シンプルなのに存在感のあるランドセルです。
素材へのこだわり、熟練の職人さんの技術、少しでも重さを軽減するためのウィング背カンや、ランドセルのヘリをなくしたキューブ型など、機能性や安全性など6年間安心して使用することができます。

 

 モギカバン 公式ページはこちら

 

 

ふわりぃ

 


老舗のランドセルメーカーである株式会社協和の「ふわりぃ」は、何よりもお子さんを最優先に考えた「子ども第一主義」の背負いやすいランドセルを作っています。
成長とともに変わっていく体型・身長などにも対応できるように作られており、障がい児用のUランドセルも高い評価を得ています。
また、オーダーメイドランドセルは、6年間使えるランドセルが自分の好きなデザインや柄にできるため特に人気が高くなっています。

 

 ふわりぃ 公式ページはこちら
 ふわりぃランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

黒川鞄工房

 


黒川鞄工房は創業120年の「古き良き伝統ある暖簾(のれん)」と「創業者の理念」が継承された、現在五代目のオーナーである老舗ランドセルメーカーです。
分業化してランドセルを作るのではなく、ランドセルを1人で最初から作り上げられることができる職人さんが、工房で頑丈で美しいランドセルを作っています。
お子さんの健康を考えた「はばたく 肩ベルト」は、肩ベルトを立ち上げることで体感重量が軽くなり姿勢が良くなる効果が期待でき、お子さんの体への負担を軽減することができます。

 

 黒川鞄 公式ページはこちら
 黒川鞄ランドセルの特徴・口コミはこちら