安心のランドセルの6年保証内容は確認しましたか?

4月の入学式から卒業までの6年間の通学途中で、どこでどうしたらこのような壊れ方をするんだろう??という壊れ方をして帰ってきたりすることがあります。そのようなときに必要になるのがランドセルを購入したときについてくる6年間修理保証です。

 

 

最近のほとんどのランドセルに購入したときに6年間修理保証がついています。この保証はランドセルを作っているメーカーが日本ランドセル工業会に加入している時に発行される保証で、ランドセル工業規格サイズの製品にだけ6年間保証の保証書がつけられています。

 

裏面にはメーカー番号などが記載されており、この保証書があれば期間内なら全国のどこの場所で購入したランドセルでも、贈られたランドセルでも、アフターサービスを受けることができます。

 

また、ランドセルの6年間修理保証の認定証にはピンクのもの以外にも、もう1つのタイプの保証書がついたランドセルがあり、こちらも購入をしてから6年間の修理保証をしてくれます。

 

この2つの保証書はラベル自体が6年間修理の保証書になっているため、失くしてしまうと保証が受けられなくなってしまうため、ゴミと一緒に捨てないように気をつけて、失くさないようにしっかりと保管しておきましょう。

 

ここで気をつけてほしいのが、ネットオークションなどで購入した場合、価格は安くても6年間修理保証の期間を過ぎていたり、海外の保証であったりすることで、ランドセルが壊れたときに保証が使えないということがあります。

 

また、ノーブランドのものが安く販売されていて購入してみたら、6年間修理保証自体がついていなかったということもあるので、必ず購入する前に保証がついているのか確認しましょう。

 

ランドセルの壊れやすい箇所ってどこ?

購入してすぐの最初のころは大切に扱っていたランドセルも、6年という長い時間とともにポイっと投げて置いたり、男の子であればなおさら扱いが乱暴になってきてしまうお子さんもいるのではないでしょうか。

 

6年間使用することが前提となっているランドセルは基本的に頑丈に作られていますが、6年間使用していれば扱い方によっては故障したり壊れてしまうこともあります。

 

しかし、丈夫で高品質なランドセルほど、次の箇所がしっかりとしているので壊れにくくなっています。

 

  • 背カン
  • 肩ベルト
  • 底のコーナー部分
  • 錠前
  • 大マチ

 

肩ベルト

 

背負ったときにランドセルの重さを支えるため、荷物の重さによって最も負荷がかかる箇所である肩ベルトは、丈夫に作られていないものだと負荷に耐えることができず痛んでしまい、肩ベルトが取れてしまったり切れてしまったりすることがあります。

 

背カン

 

荷物の重さによって最も負荷がかかってしまう肩ベルトを支える役割をしている背カンは、負荷がかかりやすくなっているので壊れやすい箇所です。特許がない背カンを使用している場合は特に壊れやすいので、機能や耐久性が高い、特許がある背カンが使用されているランドセルを選ぶようにしましょう。

 

底のコーナー部分

 

ランドセルの底のコーナー部分は、お子さんがランドセルを置いたときに傷がつきやすく、外の場合だとコンクリートなどにぶつけたり擦ったりすることがあるため、元気で遊びまわることが大好きなお子さんほど、底のコーナー部分の補強がしっかりとしているものを選ぶことが大切です。

 

錠前

 

ランドセルのカブセをロックする部分である錠前は、1日の中で何度も開けたり閉めたりするため壊れやすい箇所でもあります。壊れているとランドセルの中身が外に出てしまうため、錠前の部分がぐらついていたり、開け閉めがしにくかったりして壊れていないか確認しておきましょう。

 

大マチ

 

大マチの部分の耐久性が低いと、お子さんがランドセルを背負ったままで壁にもたれたり、ランドセルの上に座ってしまったりするとランドセルが型崩れしてしまうことがあります。
大手のランドセルメーカーなどでは大マチの耐久性のテストがされており、型崩れを防ぐための補強がされているものもあるので丈夫なものを選ぶようにしましょう。

 

ランドセルの6年間修理保証は無償?有償?

ランドセルを選ぶときには、あらかじめ6年間の期間に壊れてしまい修理をしてもらうということを前提にして、6年間修理保証付きのサービスがついているものを選ぶほうが安心してランドセルを使うことができます。

 

しかし、ランドセルを販売しているほとんどのメーカーが「6年間修理保証」をつけているのですが、故障の理由によってすべてが無償で修理してくれるわけではないので、保証内容は購入する前にきちんと確認しておく必要があります。

 

ランドセル6年間修理保証について

 

保証の適用範囲は?

「無償で修理」というのは、メーカーよって条件が違っています。基本的に有償修理になるか、無償修理になるかはランドセルを見てから決められますが、故意の故障に関しては有償になることが多いため、修理保証の内容をチェックしておきましょう。

 

保証が適用されるケース(無償)

  • 劣化によって自然に起こってしまった故障
  • 初期不良

 

保証が適用されないケース(有償)

  • 不注意による故障
  • 誤った使いかたによる故障
  • 故意による故障

 

ランドセルが故障してしまうときは、ほとんどが通学途中や学校の中が多く、子どもに原因を聞いても「なんで壊れたのかわからない」という答えが返ってくることが多いので、壊れてしまった詳しい原因を親が知ることができません。

 

修理中のランドセルの貸し出しサービスはある?

ランドセルが故障してしまい修理に出している間、学校へ行く子どものランドセルがないため手提げやリュックなどを代わりに持って行くということになります。

 

ランドセルではない方がいいという子どももいますが、周りと違って浮いてしまうのが嫌という子どもは、やはりみんなと同じランドセルの方がいいですよね。

 

そんなときに保証に入っていると助かるのが、修理中のランドセルの貸し出しサービスです。

 

修理にかかる間、ランドセルの貸し出しをしてくれるお店が多いので、修理をするときに聞いてみましょう。

 

保証書を失くした時はどうしたらいい?

保証書を失くしてしまった場合、保証期間が証明できないため修理ができないことがあります。

 

しかし、購入履歴による保証書番号や検品シールなどの確認が取れれば修理してくれるところが多いので、まずはメーカーに確認をとりましょう。

 

購入したお店がわからないという場合でも、保証はメーカーがしているため保証期間内であれば修理ができるのでメーカーに直接問い合わせをしましょう。

 

しかし、メーカーや工房自体がなくなってしまっている場合には、日本ランドセル工業会の6年間保証が期間内であれば、日本ランドセル工業会の保証を受けることができます。

 

池田屋のランドセルの「6年間完全無料修理」

 

池田屋のランドセルの6年間修理保証は、壊しても、壊されても、6年間完全無料修理と他のメーカーでは保証がきかないものでも無料修理してくれるなど、子ども思い保証です。

 

メーカーによって違うランドセルの6年間保証の内容のまとめ

国内のメーカーのランドセルには6年間の保証がついているものが多く、サイト管理人の周りの先輩ママさんたちの話を聞くと、国内のものは基本的に品質がいいので6年間修理を出すことはなかったという話も聞きます。

  • 6年間保証の保証書がついているものを選びましょう
  • メーカーや販売店ごとに違う保証内容を確認しましょう
  • 代替ランドセルを無料で貸し出してもらえるか確認しましょう

子どものランドセルの扱い方や経年劣化など、「壊れてしまってどうしよう!」となってしまう可能性は0ではありません。

 

6年間の修理保証がついているランドセルを選んで、ランドセルが故障してしまったり、修理が必要なときには販売店に相談してみましょう!