少数派だけど人気が集まってきている白のランドセルとは?

 

ひと昔前にはランドセルといえば、男の子は「黒」、女の子は「赤」と決まっていましたが、近年では紫、緑、白など本当にたくさんのカラーが増えてきたので選ぶのが楽しくなりますね!

 

近年では個性的な色のランドセルを使っているお子さんも増えてきたので、選ぶランドセルの色によっていじめに発展していくことはほとんどなくなってきたこともあり、白色のランドセルを選ぶお子さんも以前よりも増えてきました。

 

 

 

実際に白いランドセルを使っている方の口コミってどう?

ここでは、サイト管理人の周りにいる実際に白のランドセルを使用していたママさんの口コミを集めてみたので参考にしてみてください。

 

 

実際に白いランドセルを使っている方の口コミ

 

 

 

Aさん
娘がどうしても白がいいというので思いきって購入しました。
汚れが気になるのでランドセルカバーをつけたり汚れたらきちんと拭きとるようにしていて、4年生ですがまだまだキレイなままです。


 

 

Bさん
かわいい色が好きな娘に何色がいいのか聞いてみたら、予想では「ピンク」というと思っていたのに「白」という答えが返ってきてびっくりしました。
高学年になったときに色が嫌になるのではと思っていたものの、娘の希望を無視することができず白のランドセルを購入。
素材はクラリーノなので気がついたときに濡れた布で拭くぐらいですが、使ってから3年目で薄汚れている印象は今のところそれほどありません。


 

 

Cさん
入学してから白のランドセルは小学校1年生では娘だけで、他に白のランドセルを持っている子がいなかったので自分の子どもが見つけやすくてよかったなぁと思います。
6年生になった今でも多少の汚れやキズなどはあるもののそれほど気になるほどではないので、買うときには悩んだけど白にしてよかったなと思っています。


 

 

Dさん
白というよりも白に近いベージュを購入しましたが、せっかくのキレイな色を長持ちさせたいので汚れを防ぐために透明なカバーをかけています。
高学年になったときに飽きてしまうのではとも思いましたが、現在5年生ですが今でもお気に入りのランドセルとして毎日背負って通学しています。


 

 

Eさん
カタログで見た白のランドセルの可愛さに親子で一目惚れ!旦那は目立つと心配していましたが、お店に行き白のランドセルを試着している娘の嬉しそうな顔をみて結局白を購入しました。
使いはじめてから4年たちますが、たまに濡らした布で拭いたりしているからか今でもキレイに使えています。


 

 

Fさん
娘の「かわいい白がいい!」という言葉に、色とデザインを優先して購入しましたが、小さい体で毎日重そうに荷物を持って通学している娘を見て、色やデザインはとても気に入っているのですが、やはり背負いやすい工夫がきちんとされたランドセルを購入すればよかったと少し後悔しています。


 

 

白系のランドセルは、白1色というわけではなく、パステル系の淡いカラーが好きという女の子に人気が高いこともあり、白っぽいベージュや本体が白にコンビカラーで別の色が入ったものなどを取り扱うブランドが増えてきています。
しかし、ランドセルのカラーとしては比較的新しいカラーなので、まだまだ他のカラーと比べると種類は少ないようです。

 

男の子の白いランドセルはあるの?

ランドセルメーカーで販売されている白いランドセルのラインナップは、デザインが女の子向けのデザインや装飾がかわいいものが多いのですが、種類は少ないながらも、男の子向けのおしゃれな白いランドセルも販売されています。

 

元気な男の子は、遊んでいるときにランドセルを適当に置いてしまったり、雑に扱ってしまったりすることもあるので、白系のランドセルを選ぶと汚れなどが気になるところですが、最近のランドセルは素材の表面に耐水・耐傷などの加工がされているものが増えてきたので、簡単なお手入れをするだけでいいということもあり、選んでも問題のないカラーになってきています。

 

 

羽倉(HAKURA) オーダーランドセル

 


◆販売価格:62,700円(税込)〜
◆カラー:全 メイン21色×サイド12色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.2cm×高さ 30.6cm×マチ幅 12cm
◆主素材:耐性牛革
◆重量:約1,320g


メイン21色・サイド12色から、自分だけの組み合わせでオーダーができます。カブセのホワイトにサイドカラーは7色から選ぶことができます。羽倉のスタイリッシュなデザインとフラップ(カブセ)とマチ(本体部分)に、それぞれ異なる色と革素材を組み合わせた、周りとはちょっと違った個性的でかっこいい羽倉ならではのランドセルです。

 

 「羽倉のオーダーメイドランドセル」の詳細はこちらから
 羽倉(HAKURA)の公式サイト

 

 

コクホー ETON(イートン)

 


◆販売価格:68,200円(税込)
◆カラー:全7色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 31.5cm×マチ幅 12.5cm
◆主素材:クラリーノ エフ
◆重量:約1,250g


アンティークテイストの金具を採用した上品でクラシカルな雰囲気があり、礼儀や作法などを学ぶヨーロッパの名門校を感じさせる洗練された上質さが感じられる、クラシカルとモダンが融合した新しいスタイルのランドセルです。

 

 「コクホー ETON(イートン)」詳細はこちら

 

 

女の子におすすめの白いランドセル

セイバン モデルロイヤル クリスタル

 


◆期間限定価格:62,370円(税込)
◆カラー:全6色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆主素材:アンジュエール グロス
◆重量:約1,290g


雪の結晶がキラキラと輝くまばゆい世界をイメージしている「モデルロイヤル クリスタル」は、クリスタル・ガラスをあしらった上品な華やかさが特長のランドセルです。「ラクパッドフレックス」や「背中Wクッション」など、背負いやすくお子さんの体への負担軽減を考えた、セイバンならではの機能も充実しています。

 

 「セイバン モデルロイヤル クリスタル」の詳細はこちらから
 セイバン「天使のはね」ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

フィットちゃん あい・愛ティアラ

 


◆WEB販売価格:48,400円(税込)
◆カラー:全8色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.3cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆主素材:クラリーノ エフ
◆重量:約1,190g


軽くてしなやかなクラリーノ エフ2が使用されており、キレイな白の本体にサイドにはティアラの刺繍、内装、背あてにもハートのモチーフがちりばめられたプリンセスをイメージしたかわいいデザインになっています。
フィットちゃんならではの充実した機能性が加わり、背負いやすさとかわいらしさが合わさっているランドセルです。

 

 「フィットちゃん あい・愛ティアラ」詳細はこちら
 フィットちゃんランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

アーティファクト Palette(パレット)

 


◆販売価格:69,300円(税込)
◆カラー:全4色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.3cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆主素材:クラリーノ エフ
◆重量:約1,320g


透き通るようなベースカラーと、大胆な切り替えのカラーの組み合わせが特徴的で少し距離をとると抽象画のような表情も現れます。サイドはステッチでシンプルになっており、ピンクの背当てがさりげないかわらしさを演出しています。機能性はフィットちゃんと同じなので安心して6年間使用することができます。

 

 「アーティファクト Palette(パレット)」詳細はこちら
 アーティファクトランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

ハッカキッズ プリズムフラワーリボン

 


◆販売価格:88,000円(税込)
◆カラー:全6色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ(キューブ型)
     横幅 23.5cm×高さ 32cm×マチ幅 12cm
◆主素材:人工皮革
◆重量:約1,270g


カブセのリボンの鋲や小さな花がモチーフになっており、カブセの裏や前段ポケットには華やかな花のプリントがされている、おしゃれでかわいいハッカキッズ完全オリジナルデザインのランドセルです。肩紐が立ち上がり、肩紐の付け根が左右別々に動き着脱しやすいウイング背カンが使用されており、お子さんの背中にフィットすることで体への負担が軽減されます。

 

 「ハッカキッズ プリズムフラワーリボン」詳細はこちら

 

 

LIRICO アンティーク スペシャル ランドセル 2022年モデル 半かぶせタイプ

 


◆販売価格:66,000円(税込)
◆カラー:全2色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 31.3cm×マチ幅 12.5cm
◆主素材:クラリーノ エフ
◆重量:約1,200g


半かぶせならではの使い勝手の良さのある、発売から10年を記念した特別モデルです。落ち着いたカラーとクラシカル感あふれるアンティークゴールドに仕上げられたメタルパーツ、本物のヴィンテージレースを参考にデザインされたアンティークゴールドに輝く繊細でエレガントな刺繍など、清楚な高級感のあるランドセルです。

 

 「LIRICO アンティーク スペシャル」詳細はこちら

 

 

イトーヨーカドー フィットちゃん リズリサランドセル

 


◆販売価格:79,200円(税込)
◆カラー:全1色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23cm×高さ 31cm×マチ幅 12.5cm
◆主素材:クラリーノ エフ
◆重量:約1,250g


人気ブランドのリズリサとフィットちゃんのコラボランドセルで、リボンフラワーの刺繍や内装デザインがかわいらしさを演出しています。フィットちゃん背カン、肩ベルトは内部に衝撃を吸収する緩衝材を施したダブルクッションになっており、お子さんの体に負担がかかりにくい工夫がされています。

 

 「イトーヨーカドー フィットちゃん リズリサランドセル」詳細はこちら

 

 

キッズアミ 軽量13.5cmマチ ラビットワイド

 


◆販売価格:55,000円(税込)
◆カラー:全5色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 31cm×マチ幅 13.5cm
◆主素材:クラリーノ エフ
◆重量:約1,050g


「シンプル×イノセンス(品の良い・かわいらしい)」がテーマになっており、花型かぶせ鋲、大マチに花柄刺繍やスワロフスキークリスタルなど、花柄がモチーフになっています。「軽い。だけど、しっかり丈夫」を合言葉に、大マチは13.5pと大容量、革や金具の素材と加工法、ひとつひとつを丁寧に企画開発された軽量ランドセルです。

 

 「キッズアミ 軽量13.5cmマチ ラビットワイド」の詳細はこちらから
 キッズアミランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

カザマランドセル カジュアル ワイド

 


◆販売価格:49,000円(税込)
◆カラー:全3色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 31.5cm×高さ 24.5cm×マチ幅 11cm
◆主素材:クラリーノ F マット
◆重量:約1,000g


ヨーロッパ調のシンプルで高級感のある、周りとはちょっと違ったおしゃれなランドセルです。男の子・女の子どちらでも使うことができるベーシックタイプで、カブセの鋲とファスナーの引き手を無料で自分な好きなものを選ぶことができます。
重さが1,000gと軽く、小さな体のお子さんでも体に負担をかけることなく背負うことができます。

 

 「カザマランドセル カジュアル ワイド」の詳細はこちらから
 カザマランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

白いランドセルを購入して後悔することはある?

 

ランドセルを購入してから後悔したことがあるのかという先輩ママ達のお話のなかに、毎回出てくるのが「ランドセルの色」についてで、近年ではランドセルを購入する時期が早くなっていることもあり、購入した時には気に入っていた色が、入学するときには「やっぱり嫌!」ということにならないかと心配になることがあるようです。

 

男の子は黒・青系、女の子は赤・ピンク・薄紫系などの色が人気があることもあり、白色のランドセルをお子さんが選ぶとなると、周りにあまりいない色なので目立ってしまうのが気になるという方もいると思います。

小さなお子さんが自分自身で納得して選んだ色だということや、最近はカラーバリエーションが豊富なこともあってカラフルなランドセルを持っているお子さんが周りにたくさんいるので、白色のランドセルを購入しても目立ちすぎたり、いじめにつながるということはほとんどないと言えます。

 

最近は、大手メーカー、工房系、アパレル系のブランドなどから、たくさんの種類の白系の色やデザインのランドセルが販売されています。
白色のランドセルは、なんとなく派手で目立つ色というイメージがありますが、白といってもさまざまな種類の白があって意外と個性的でかっこいいものや、シンプルでかわいいものがあります。

 

どこで購入しようか迷ってしまう場合は、保護者の方がある程度、白系のランドセルがあるメーカーや工房をしぼっておいて、あとはお子さんに好きな色やデザインを選ばせてあげることがおすすめです。

 

結局のところ、6年間使用することになるお子さん本人が背負いやすく気に入って納得していれば、購入してから後悔することはないのではないでしょうか。

 

白いランドセルは汚れが目立つ?6年後はどうなってる?


個性的な色のなかでも白のランドセルは、おしゃれでキレイだと少しずつ人気が高くなってきています
白色のランドセルといってもパールが入ったものやベージュ、白の本体にヘリの部分に違う色が入っていたり、ピンクやパープルなどのハートやリボンの刺繍が入っていたりなど、おしゃれでかわいいランドセルがたくさんあります。

 

キレイな白色のランドセルだからこそ気になるところは、白だからこそ目立ってしまう「汚れ」ではないでしょうか?白色のランドセルではなくても、結局のところ汚れてしまうということに変わりはないのですが、やはり白の方が汚れが目立ってしまいますよね。

 

元気に走り回って遊ぶ子どもたちは、ランドセルを地面にそのまま適当に置いて遊んだりするのでやはり汚れはついてしまいます。6年間きれいな状態のままというのはなかなか難しいのですが、どうしても汚れを少なくしたいという方は次の方法をおすすめします。

 

カブセの部分に透明のカバーをつける
カバーをつけることで6年後もカブセの部分はキレイな状態のままです。
ただし、せっかくの白いランドセルなのでカバーをつけずに白色を楽しみたい!という方は、汚れがついても落としやすい人工皮革のモデルや、天然皮革でも汚れに強い加工がされているモデルもあります。

 

普段からマメに汚れを拭き取る
汚れが気になったときには、人工皮革のランドセルの場合、汚れた箇所を中性洗剤を布につけて優しく汚れをふき取り、天然皮革の場合には乾いたやわらかい布で表面についたホコリや汚れを拭き取ったり、皮革用クリーナーを使用して汚れを落とすなど、マメにお手入れをしておくことで、白いランドセルをいい状態で保つことがきます。

 

白色というだけではなく背負いやすさで選ぶ

白色のランドセルを選びたいと思っても、白色のランドセルを販売しているメーカーや種類などたくさんあるので目移りしてしまう方もいますよね。どうしても迷ってしまうという方は、主なランドセルメーカーのランドセルづくりの取り組みや実績などをインターネットで検索してチェックして決めるのも、ランドセル選びを失敗しないためのおすすめの方法です。

 

デザインや色がよくても、ランドセル自体の機能性や品質が悪いものを選んでしまうと、背負いにくくお子さんの体に負担がかかってしまうためおすすめできません。ランドセルを選ぶときに次のポイント参考にしてみてください。

 

 

ランドセル選びの6つのポイント!

 

Point@ デザインや色

 

PointA 素材

 

PointB 背負いやすさの工夫

 

PointC 大容量でA4フラットファイルサイズに対応

 

PointD 機能性

 

PointE 価格


 

 

2022年度 人気の高いランドセルメーカーを紹介!

2022年度に入学を迎えるお子さんをお持ちの方は、できるだけ早めにラン活の資料としてカタログ請求をしようと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

人気があるブランドのランドセルは、カタログでさえも予約をしていないとなくなってしまうこともあるほどなので、ほしいと思っているランドセルが決まっている方は、早めに資料請求をしておきましょう。

 

4月になると多くのランドセルメーカーから、新しいモデルのランドセルが販売されるようになります。ここでは、おすすめのランドセルメーカーの紹介しますので、これからのランドセル選びの参考にしてくださいね。

 

 

フィットちゃんランドセル

 


フィットちゃんランドセルはセイバンの天使のはねと同じように人気があり、評価が高いランドセルメーカーです。
大手ランドセルメーカーならではの機能性と、色やデザインが豊富なので、「かわいい」「かっこいい」ランドセルがたくさんラインナップされています。
また、数は限られていますがオーダーメイド対応で品質がいいもので低価格なモデルを出しています。

 

 フィットちゃん 公式ページはこちら
 フィットちゃんランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

鞄工房山本

 


奈良県橿原市の工房でランドセルを作りつづけて50年を迎える鞄工房山本は、鞄業界では作業の委託・分業が多いなか、一貫製造体制を守り続けており、革の型入れ・裁断から仕上げまですべての工程を、職人さんがこだわりを持って行っています。
22シリーズ86種類、カラーバリエーションも豊富にそろっており、素材選びから背負いやすさへの工夫、丈夫さ、安全性も高く、6年間飽きのこないランドセルがそろっています。

 

 鞄工房山本 公式ページはこちら
 鞄工房山本ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

羽倉(HAKURA)

 


千年の伝統を持つ日本一の鞄生産量を誇る鞄の街・豊岡から、高い品質基準を満たした鞄職人の誇りが詰まっている「豊岡鞄」が、2006年に特許庁に認められ地域ブランドになりました。「HAKURA」は、豊岡鞄ブランドと認定された初のランドセルです。
全27色の中から選ぶことができ、天然皮革の滑らかな艶や優しい色合いは、130年の伝統が培った職人技があるからこそです。ランドセルから工業製品の名残である「鋲(びょう)」を無くしシンプルなデザインになっています。お子さんが背負いやすような工夫もされており、高品質で安全性も高いランドセルです。

 

 羽倉(HAKURA) 公式ページはこちら

 

 

池田屋

 


1950年に創業された池田屋のランドセルは、「厳選したよいものを」「お客様の立場に立ったものづくり」の2つのこだわりを持ってランドセルを作っています。
池田屋のランドセルは、職人さんによる常に背負いやすいランドセルへの工夫や努力がされており、子どもの小さな肩にかかる負担が軽減できるようにすべてのパーツの見直し、形状、素材、動きなどが検証されています。

 

 池田屋 公式ページはこちら
 池田屋ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

セイバン天使のはねランドセル

 


セイバンのランドセルはテレビのCMでもよく見ることが多く最もシェアが高い、ランドセル業界で最大手のメーカーです。
セイバンのランドセルは機能性が高く、背負うときに子どもに負担をかけないような工夫がされている、総合的にバランスが取れているランドセルメーカーです。
PUMAやコンバースなどのコラボなど豊富なラインナップがあります。

 

 セイバン 公式ページはこちら
 セイバン「天使のはね」ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

カバンのフジタ

 


ランドセルを作り始めてから60年になるカバンのフジタのランドセルは、シンプルでカラフルなものが多く、飽きのこない色やデザインだけではなく背あてにも色がついていたりなど、見ているだけでもワクワクする色の組み合せになっています。
アルファベットの「X」のような形状の肩ベルトや背あての部分に背負いやすくする工夫がされていることで、ランドセル本体と背中の隙間がなくなりフィットして体感重量が軽くなっている、お子さま想いのランドセルです。

 

 カバンのフジタ 公式ページはこちら
 カバンのフジタランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

萬勇鞄

 


6年間快適に使用できるよう、一番負担がかかりやすい背あてと肩ベルトの部分を頑丈に、職人さんが1つ1つの工程を手縫いで丁寧に仕上げています。牛革やコードバン素材のランドセルにも刺繍等を施すなどデザイン面にもこだわりがあります。
工房系のランドセルはシンプルなものが多いなか、萬勇鞄のランドセルはカラーバリエーションやデザインが豊富にあるので、お子さんの好みに合わせたお気に入りのランドセルを選ぶことができます。

 

 萬勇鞄 公式ページはこちら
 萬勇鞄ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

モギカバン

 


1929年に創業したモギカバンのランドセルは、伝統を重んじながらも、時代や環境の変化に対応した先進性を追求した、シンプルなのに存在感のあるランドセルです。
素材へのこだわり、熟練の職人さんの技術、少しでも重さを軽減するためのウィング背カンや、ランドセルのヘリをなくしたキューブ型など、機能性や安全性など6年間安心して使用することができます。

 

 モギカバン 公式ページはこちら

 

 

ふわりぃ

 


老舗のランドセルメーカーである株式会社協和の「ふわりぃ」は、何よりもお子さんを最優先に考えた「子ども第一主義」の背負いやすいランドセルを作っています。
成長とともに変わっていく体型・身長などにも対応できるように作られており、障がい児用のUランドセルも高い評価を得ています。
また、オーダーメイドランドセルは、6年間使えるランドセルが自分の好きなデザインや柄にできるため特に人気が高くなっています。

 

 ふわりぃ 公式ページはこちら
 ふわりぃランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

黒川鞄工房

 


黒川鞄工房は創業120年の「古き良き伝統ある暖簾(のれん)」と「創業者の理念」が継承された、現在五代目のオーナーである老舗ランドセルメーカーです。
分業化してランドセルを作るのではなく、ランドセルを1人で最初から作り上げられることができる職人さんが、工房で頑丈で美しいランドセルを作っています。
お子さんの健康を考えた「はばたく 肩ベルト」は、肩ベルトを立ち上げることで体感重量が軽くなり姿勢が良くなる効果が期待でき、お子さんの体への負担を軽減することができます。

 

 黒川鞄 公式ページはこちら
 黒川鞄ランドセルの特徴・口コミはこちら