ランドセル使用されている素材で7割を占める「クラリーノ®」とは?

 

人工皮革としてランドセルに使用されているというイメージが強い「クラリーノ」は、ランドセルだけではなく靴・手袋・ジャケット・ソファーなど、本当にたくさんの身近なところで使用されていることに驚きます。

 

クラリーノは天然皮革の構造をモデルにして、特殊な合成繊維を立体的に組み合せた不織布層に、主にポリウレタン樹脂を用いて表面をコーティングすることで、強さを保ちつつソフトさを損なわない素材になります。

 

1967年にクラリーノ製のランドセルが発売されてから50年以上経ち、「軽さ」「丈夫さ」「お手入れのしやすさ」という特徴を持っているランドセル用に開発された「クラリーノ®」が広く知られるようになり、現在ではランドセルの約70%がクラリーノ製のものです。

 

(出典:クラリーノ®公式

 

クラリーノ®のメリット

@軽い
お子さんが背負うランドセルは、教科書や文房具などの荷物を入れると、ランドセルの重さに2〜3kgがプラスされてしまいます。
クラリーノは素材自体が軽くランドセルの重さを軽量化することができるので、お子さんにかかる負担を減らすことができます。

 

Aカラーバリエーションが豊富
人工皮革は天然皮革に比べると染色がしやすいので、カラーバリエーションが豊富です。例えば同じピンクでも濃いものから淡いピンクまでたくさんの色があります。
また、パール系のカラーやメタリックなど、個性的なカラーも増えているので、お子さんが欲しいと思う色を見つけることができます。

 

B水や汚れに強い
クラリーノの表面はウレタン樹脂なので耐久性が高く、雨などで表面が水に濡れてしまっても型くずれや重くなってしまうことがありません。お手入れは簡単で軽く拭き取ればもとの状態に戻ります。
表面が汚れてしまった場合にも、水で薄めた中性洗剤で汚れを拭き取ってから、硬く絞った布で水拭きをすることで汚れをとることができます。

 

C低価格
天然皮革と比較するとクラリーノは価格が安く、クラリーノの平均価格は2〜5万円台ですが、牛革は5〜7万円台、コードバンは8〜10万円台と天然皮革の方が価格が高めです。
しかし、クラリーノでも人気ブランドやデザイン性が高いものは、天然皮革と同じぐらいの価格帯のものもあります。

 

クラリーノ®のデメリット

@耐久性

クラリーノは子どもが6年間ランドセルを使用するということが考えられ厳しい基準をクリアしているので、以前に比べると耐久性が高いものが増えてきました。
しかし、密度が高い牛革や、牛革の2〜3倍の強度があるコードバンの天然皮革よりは耐久性が低くなってしまいます。
あくまでも天然皮革と比べると…ということなので、クラリーノを6年間使用することに耐久性はまったく問題ありません。

 

A質感

しなやかで手ざわりがよく使えば使うほど味がでて風合いを楽しむことができる「牛革」、革のキメの細やかさ・美しい光沢・色合い・手触りがいい「コードバン」の天然皮革と比べると、クラリーノも以前に比べると質感が近づけてきていますがまだ劣ってしまいます。
しかし、これは大人の目から見たものであって、お子さんから見るとクラリーノの質感の方が好きだということもあるので、最終的に好みで選ぶということになります。

 

クラリーノ® 種類別の特徴とは?

ランドセル用に使用されているクラリーノには6つの種類がラインナップされており、それぞれの特長を生かして、この6種類をベースに様々な表面加工をすることで目的別に使い分けられています。

クラリーノ®

風合い ★★

軽さ  ★★★

耐傷  

一番軽いロングセラーの素材で、クラリーノの基本となっている人工皮革です。

クラリーノ® エフ

風合い ★★★

軽さ  ★★

耐傷  

クラリーノよりも牛革の持つしなやかさや風合い、シワなどを強く出した光沢のあるタイプの人工皮革で、軽くてしなやかなベストセラーの素材です。

クラリーノ®

レミニカ®

風合い ★★

軽さ  

耐傷  ★★

傷に強いタイプのクラリーノで、牛革のような風合いのままで光沢のある表面にウレタンが使われ、表面が傷に強くて丈夫な素材です。

クラリーノ®

タフロック®

風合い 

軽さ  

耐傷  ★★★

放り投げたり、どこかに少しこするぐらいでは大きな傷がつくことがない、ハードな傷に強い最も丈夫なタイプの素材です。

クラリーノ®

リピュート®

風合い ★★★

軽さ  ★★

耐傷  

レミニカかタフロックほどの耐久性はありませんが、その分軽くしなやかさと高級感を兼ね備え、表面にメタリック加工をすることで、牛革の風合いも持ちつつ独特なカラーリングができる素材です。

クラリーノ®

ロベニカ®

風合い ★★★★

軽さ  ★★

耐傷  ★★

背面の部分の素材で、新開発のマイクロファイバーを採用した高強力な人工皮革で、通気性、抗菌機能、天然皮革のような風合いを手触りの素材です。

 

クラリーノ® エフの他の種類

 

  • クラリーノ® エフ 2

    シワ感を失くし、その分光沢を抑えた素材です。

  • クラリーノ® エフ 3

    シワ感を失くし、光沢のある表面加工をした素材です。

  • クラリーノ® エフ レインガード Fa

    クラリーノ エフにフッ素樹脂コートではっ水加工をすることで、撥水性をさらに高めた素材で、高級感がある繊細な表目仕上げになっている素材

  • クラリーノ® エフ レインガード Fx

    クラリーノ エフにフッ素樹脂コートではっ水加工をすることで、撥水性をさらに高めた素材で、高級感がある繊細な表目仕上げになっている素材

  • クラリーノ® エフ レインガードニューモST

    撥水加工がされて雨に強く、質感がクラリーノ エフに似た傷に強い構造の素材

 

クラリーノ® ロベニカ®

 

ランドセルの背あての部分は直接お子さんの背中にあたる部分で、夏などはとくに蒸れてしまうこともあり背中にあせもができてしまうなんてこともあります。

 

そのため、通気性に優れており、丈夫でしなやかな「クラリーノR ロベニカR」は背裏の素材としてを使用されています。

 

 クラリーノ® ロベニカ® の特徴 

 

通気性

抜群の通気性と抗菌機能がついているので、夏の暑い日でも背中の部分が蒸れることなく快適に背負うことができます

丈夫で強い

新素材であるマイクロファイバーが使用されており、生地の丈夫さは今までのクラリーノ ロベニカの約2倍の強さが実現されました

風合い・手ざわり

天然皮革に近い断面であるクラリーノ ロベニカは、風合いや手触りが天然皮革に近くなっています。

※出典画像:クラリーノR公式サイトより

 

人工皮革のクラリーノは撥水性が高く汚れも簡単にさっと落とすことができるので、汗なども濡らした布でさっと拭くことができるのでお手入れも簡単です。

 

毎日背負うランドセルは、背負いやすく快適にすごせるものをと考えているなら、人工皮革の「クラリーノR」が素材になっているランドセルを選んであげたいですね。

 

クラリーノ素材のランドセルを取り扱っているおすすめランドセルメーカー

多くのランドセルメーカーや工房が素材にクラリーノを使用していますが、ここではおすすめのクラリーノランドセルを取り扱っているランドセルメーカーを紹介します。

 

フィットちゃんランドセル

 

 

フィットちゃんランドセルはセイバンの天使のはねと同じように人気があり、評価が高いランドセルメーカーです。
大手ランドセルメーカーならではの機能性と、色やデザインが豊富なので、「かわいい」「かっこいい」ランドセルがたくさんラインナップされています。
また、数は限られていますがオーダーメイド対応で品質がいいもので低価格なモデルを出しています。

 

 

鞄工房山本

 

 

奈良県橿原市の工房でランドセルを作りつづけて50年を迎える鞄工房山本は、鞄業界では作業の委託・分業が多いなか、一貫製造体制を守り続けており、革の型入れ・裁断から仕上げまですべての工程を、職人さんがこだわりを持って行っています。
22シリーズ86種類、カラーバリエーションも豊富にそろっており、素材選びから背負いやすさへの工夫、丈夫さ、安全性も高く、6年間飽きのこないランドセルがそろっています。

 

 

HAKURA

 

 

千年の伝統を持つ日本一の鞄生産量を誇る鞄の街・豊岡から、高い品質基準を満たした鞄職人の誇りが詰まっている「豊岡鞄」が、2006年に特許庁に認められ地域ブランドになりました。「HAKURA」は、豊岡鞄ブランドと認定された初のランドセルです。
全22色の中から選ぶことができ、天然皮革の滑らかな艶や優しい色合いは、130年の伝統が培った職人技があるからこそです。ランドセルから工業製品の名残である「鋲(びょう)」を無くしシンプルなデザインになっています。お子さんが背負いやすような工夫もされており、高品質で安全性も高いランドセルです。

 

 

池田屋

 

 

1950年に創業された池田屋のランドセルは、「厳選したよいものを」「お客様の立場に立ったものづくり」の2つのこだわりを持ってランドセルを作っています。
池田屋のランドセルは、職人さんによる常に背負いやすいランドセルへの工夫や努力がされており、子どもの小さな肩にかかる負担が軽減できるようにすべてのパーツの見直し、形状、素材、動きなどが検証されています。

 

 

セイバン天使のはねランドセル

 

 

セイバンのランドセルはテレビのCMでもよく見ることが多く最もシェアが高い、ランドセル業界で最大手のメーカーです。
セイバンのランドセルは機能性が高く、背負うときに子どもに負担をかけないような工夫がされている、総合的にバランスが取れているランドセルメーカーです。
PUMAやコンバースなどのコラボなど豊富なラインナップがあります。

 

 

カバンのフジタ

 

 

ランドセルを作り始めてから60年になるカバンのフジタのランドセルは、シンプルでカラフルなものが多く、飽きのこない色やデザインだけではなく背あてにも色がついていたりなど、見ているだけでもワクワクする色の組み合せになっています。
アルファベットの「X」のような形状の肩ベルトや背あての部分に背負いやすくする工夫がされていることで、ランドセル本体と背中の隙間がなくなりフィットして体感重量が軽くなっている、お子さま想いのランドセルです。

 

 

萬勇鞄

 

 

6年間快適に使用できるよう、一番負担がかかりやすい背あてと肩ベルトの部分を頑丈に、職人さんが1つ1つの工程を手縫いで丁寧に仕上げています。牛革やコードバン素材のランドセルにも刺繍等を施すなどデザイン面にもこだわりがあります。
工房系のランドセルはシンプルなものが多いなか、萬勇鞄のランドセルはカラーバリエーションやデザインが豊富にあるので、お子さんの好みに合わせたお気に入りのランドセルを選ぶことができます。

 

 

モギカバン

 

 

1929年に創業したモギカバンのランドセルは、伝統を重んじながらも、時代や環境の変化に対応した先進性を追求した、シンプルなのに存在感のあるランドセルです。
素材へのこだわり、熟練の職人さんの技術、少しでも重さを軽減するためのウィング背カンや、ランドセルのヘリをなくしたキューブ型など、機能性や安全性など6年間安心して使用することができます。

 

 

ふわりぃ

 

 

老舗のランドセルメーカーである株式会社協和の「ふわりぃ」は、何よりもお子さんを最優先に考えた「子ども第一主義」の背負いやすいランドセルを作っています。
成長とともに変わっていく体型・身長などにも対応できるように作られており、障がい児用のUランドセルも高い評価を得ています。
また、オーダーメイドランドセルは、6年間使えるランドセルが自分の好きなデザインや柄にできるため特に人気が高くなっています。

 

 

キッズアミ

 

 

ランドセル工房のナース鞄工は60年の歴史を持つ老舗ランドセルメーカーで、熟練の職人による手づくりでランドセルをひとつひとつ仕上げています。
男の子が好きなかっこいいランドセルや、女の子が好きなかわいいランドセルがランナップされており、シンプルなデザインなので高学年になっても飽きることなく、機能性や安全性も高く、耐久性、背負い心地にもこだわりを持って作られているランドセルです。