オーダーメイドランドセルとは?

 

オーダーメイドランドセルは、量産型の大手メーカーや少量生産の工房系のものがあり、天然皮革やクラリーノなどの人工皮革などの素材、デザイン、カラーなど、それぞれにこだわりがあるので、どこで購入しようか迷ってしまうのではないでしょうか。

 

オーダーメイドランドセルは、基本的な機能やデザインは同じですが、それぞれの素材、色、パーツ、模様、鋲などの細かい部分を、自分の好きなものを選んで組み合せることで、自分だけのランドセルを作ることができます。

 

ただし、オーダーメイドランドセルは製造工程など時間がかかるため数量が限定されているので受付期間を設けているところが多く、早めに申し込みをしないと売り切れとなってしまいます。

 

 

オーダーメイドランドセルを選ぶポイント

オーダーメイドランドセルは、既製品にはない自分だけのランドセルを作ることができますが、その後、やっぱり気に入らないから返品を…ということができません。
そのため、オーダーメイドランドセルを選ぶときには、いつくかのポイントをチェックしておくことが大切です。これからオーダーメイドランドセルの購入を考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

3種類のオーダーメイドランドセル

オーダーメイドランドセルとはいっても、大きく「フルオーダー」「セミオーダー」「カスタムオーダー」の3種類に分かれていて、どの部分をオーダーメイドにするのか選ぶことができます。

 

@フルオーダー
ランドセル本体の素材・色・装飾品などすべてを細かく選択

 

Aセミオーダー
ランドセル本体の色やデザインを選択

 

Bカスタムオーダー
既存のランドセル本体にパーツを追加

 

大手メーカー系 or 工房系

ランドセルには、大手メーカー系と工房系のものがあります。
量産型か少数生産型という違いはありますが、どちらもランドセルの品質に大きな差はありません。ただし、それぞれにこだわりがあり選ぶときの好みが出やすい部分なので、どこをポイントにするかをチェックしましょう。

 

 

機能性や背負いやすさ重視の大手メーカー系

 

セイバン、フィットちゃん、ふわりぃなどの大手メーカーのランドセルは、基本的には1つ1つ手作業で仕立てていき縫製はミシンを使用するなど、あえて機械化することで作業スピードをアップしています。
大手メーカーだからこその、これまでに培ってきたたくさんの技術や新しい機能、背負いやすさ、価格や品質の安定、安全性など、総合的に品質がいいものを選びたい方におすすめです。

 

大手メーカー系のオーダーメイドでは、自分で選ぶことができるとはいえ、メーカーによって素材、カラー、パーツなど量産されているランドセルと似たものも多いので、少しだけ自分だけのランドセルというには物足りなく感じることもあるかもしれません。

 

 

希少価値が高くこだわりのつまった工房系

 

工房系のランドセルは、製造の初めから終わりまで1人〜数人の少人数の職人さんの手で仕上げられています。
オーダー以外のランドセルも数量が限定されているので、量販店で見かけることも少なく、デザインがも周りの子と似ているということもあまりありません。

 

工房系のランドセルのオーダーメイドランドセルは、素材の天然皮革にこだわりをもっている工房や、カラー、パーツ、ネームプレートなどにも量産型にはないこだわりがある工房もあります。
価格は少し高めになりますが、周りの子とは少し違った自分だけのランドセルを見つけたい方におすすめです。

 

 

大手メーカーと工房系ランドセルを詳しく知りたい方は「大手ランドセルメーカーと工房系ランドセルならどっちがおすすめ?」を参考にしてみてください。

 

選べるパーツ数の多さ

オーダーメイドでは、「フルオーダー」「セミオーダー」「カスタムオーダー」のどれを選ぶかによって、選べるパーツ数が違ってきます。
なかには、10種類以上のパーツを選べるところもあるので、選ぶ数が多いほどオリジナリティが高い自分好みのものに変更することができます。
また、選択できるパーツの数は少ないけれど、パーツ自体にこだわりがあるものをそろえているところもあるので、どれがいいのかお子さんの好みも合わせて選んでみてください。

 

インターネットでシュミレーションができるか

最近では公式サイトで、オーダーメイドランドセルで選んだカラーやパーツのデザインなどが、実際にどのように見えるのかをシュミレーションできるところが多くあります。

 

選んだパーツがデザインと合っているのかなど、カスタムする数が多いほどトータルバランスがわかりにくくなってしまうため、出来上がりがイメージできるので楽しく選ぶことができます。

 

オーダーメイドができるランドセルメーカー

 

フィットちゃん

 


◆販売価格:64,900円(税込)〜
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
◆シュミレーション:
◆主素材:クラリーノ タフロック NEO
◆重量:約1190g

フィットちゃんランドセルの特徴

 

フィットちゃんランドセルは体にしっかりフィットする形状で背負いやすい工夫と、色やデザインが豊富なので、「かわいい」「かっこいい」ランドセルがたくさんラインナップされている、総合的に評価が高い大手ランドセルメーカーです。
オーダーメイドランドセルの色、パーツのバリエーションが豊富です。

 

 

羽倉(HAKURA)

 


◆販売価格:62,700円(税込)〜
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
◆シュミレーション:
◆主素材:耐性牛革
◆重量:約1320g

羽倉(HAKURA)ランドセルの特徴

 

羽倉のランドセルならではの鋲なしフラップで継ぎ目のない革の美しさが活かされていいます。独創的なコンビネーションでありながらもシックにまとまっている洗練されたフォルムです。
メイン21色・サイド最大12色から組み合わせは62,000通り以上で、自分だけの組み合わせがオーダーできます。

 

 

萬勇鞄

 


◆販売価格:66,000円(税込)〜
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
◆シュミレーション:
◆主素材:牛革・人工皮革
◆重量:約1250g〜約1400g

萬勇鞄ランドセルの特徴

 

職人の技術が光る丈夫な萬勇鞄で、2022年度から始まったオーダーメイドランドセルです。
バリエーションは36億7960万3200通りで、本体のカラーは39色から選べます。素材、内装、刺繍、カラーなどのパーツが自由に選べるので、お子さんだけのオリジナルのランドセルができます。

 

 

ふわりぃ

 


◆販売価格:フルオーダー 72,600円(税込)〜
      イージーオーダー 72,600円(税込)〜

◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
◆シュミレーション:
◆主素材:牛革・人工皮革
◆重量:約1,400g・約1,250g

ふわりぃランドセルの特徴

 

ふわりぃのオーダーメイドにはフルオーダーとイージーオーダーがあり、どちらも職人さんが丁寧に縫い上げており、安心・安全・便利なランドセルです。
選ぶカラー、ディティール、素材などによって100万通り以上の中から世界に1つだけのランドセルを作ることができます。

 

 

ランドセル工房生田

 


◆販売価格:56,000円(税込)〜
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
◆シュミレーション:
◆主素材:牛革・コードバン
◆重量:約1,380g〜約1,460g

ランドセル工房生田の特徴

 

本革にこだわり、丈夫で、美しく、使いやすさと安全に配慮したランドセルを、熟練した職人さんが作っています。
素材・加工・デザインがちがう5つのランドセルから選ぶことができ、カラーや内装、装飾など11項目あり、組み合わせによっては見た目の印象も大きく変わる自分だけのランドセルを作ることができます。

 

 

神田屋鞄製作所

 


◆販売価格:71,000円(税込)〜
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
◆シュミレーション:
◆主素材:牛革・人工皮革
◆重量:約1,190g〜約1,390g

神田屋鞄製作所ランドセルの特徴

 

お子さんの成長に寄り添った鞄づくりをしている神田鞄製作所のオーダーメイドランドセルは、本体のカラーや内装、ステッチなど選択項目の組み合わせで自由な配色を楽しめます。

 

 

オーダーメイドランドセルのまとめ

オーダーメイドランドセルは、自分が好きなパーツを1つ1つ選んで世界に1つの自分だけのランドセルを作ることができます。
自分で選んだものだからこそ、お気に入りのランドセルで毎日の通学も楽しくなりますよね。また、物を大切にするという気持ちを小さいながらも学ぶことができるようになるのではないでしょうか。

 

オーダーメイドランドセルは既製品の形やデザインが決まったものではないので、出来上がるまでにどうしても時間がかかってしまいます。
オーダーメイドで注文をしたい方は、早めにどこのブランドのものがいいのかチェックしておきましょう。