「ベルバイオ」ってどんな素材?

ランドセルに使用されている人工皮革は、いろいろな会社で開発されて作られていますが、「ベルバイオ」は、株式会社FILWELが製造している、耐傷性や耐水性に優れている素材です。

 

 

ベルバイオは、1965年にカネボウが開発した人工皮革「ベルエース」が元になっており、天然皮革が持つ繊細な構造が追求された素材であるベルエースの本革のようなしっかりとした質感を持ちつつ、ランドセルに使用できるように重さが約半分になり、傷がつきにくく防水性も万全に最適化されました。

 

ベルバイオの特性とは?

ベルバイオの特性は、天然皮革より人工皮革だからこその柔らさと強さがあります。生地の表面は、天然皮革のような質感が表現された滑らかな手触りなので傷がつきにくく耐傷性が高いので、ひっかけたような傷がついてもしばらくするとベルバイオの持つ修復力によってすぐに目立たなく消えてしまいます。

 

また、ベルバイオの耐久性の高さは、強い繊維としなやかな繊維の2つが混ぜ合わさることで、ランドセルに最適な強くひっぱっても耐えることができます。生地が軽量なのも人工皮革ならではのメリットです。

 

人工皮革なので天然皮革のように使えば使うほど風合いが出てくるということは難しいのですが、表面の光沢感は上質で牛革のような上質な美しさが表現されているので、比較をしてもそれほど劣ることはありません。

 

こうしてランドセルの素材として作られたベルバイオは、天然皮革と人工皮革の長所を併せた生地として、ランドセルを製造する専門の職人さんがいるメーカーや工房などで使用されています。

 

職人さんの技と思いがつまったベルバイオへのこだわりとは?

天然皮革に似せた生地では人工皮革と合成皮革がありますが、天然の皮っぽく見えるように作られた合成皮革と、職人さんの技術がいる内部の芯から天然皮革の革に近づけた人工皮革では、強さや質感がまったく違っています。

 

ベルバイオの生地が作られるまでには、人工皮革ならではの職人さんの技やこだわりが生地には生かされています。

 

◆日本製

 

ベルバイオは、ベース生地(不織布)の強さやしなやかさを出す特殊な繊維である素材も製造もすべてが日本製です。職人さんの技と思いがつまった厳選された素材を使用することで、質の高い生地が作られています。

 

◆色

 

メーカーからのオーダーに合わせた色を出すために、3000種類もある顔料から色の配合をするのですが、天然皮革に似た高級感のある色味を出すために、職人さんが長年の経験と勘を頼りにして数種類の顔料を選んで配合しています。この配合する顔料の割合は、天気や湿度に合わせて微妙に変えたりすることから、コンピュータなどでは決して出来ない、職人さんならではの熟練の技です。

 

◆生地の質感

 

ベース生地(不織布)の表面に、高級感のある天然皮革の質感が表現ができるように、色味、ツヤ感、深みを、仕上げの工程で職人さんが微調整しています。

 

◆品質へのこだわり

 

出来上がったベルバイオの生地は、出荷される前に職人さんが細かい傷や汚れのチェック、生地の色味をコンピュータを使って過去のデータと照合し、最後の検品では一般的に女性のほうが色彩感覚に優れていることから、女性の職人さんが生地をじっくり見て、触れて、繊細な色味の違い、傷やほこりの混入がないかを最後の検品でチェックしています。

 

まとめ

人工皮革は機械で作られているイメージがありますが、実際には機械はもちろん使用されているものの、多くの職人さんの技術やたくさんの思いが詰まっています。

 

ランドセル業界では7〜8割がクラリーノを使用しているのですが、比べてみてもベルバイオも耐久性、耐傷性、防水性などに違いはありません。しかし、天然皮革に近い質感の生地ではベルバイオがより近いのではないでしょうか。