天然皮革のランドセルの撥水加工とは?

小学校への登下校中には、晴れの日ばかりではなく突然雨が降ってきたり、雪が降ってきたりなどすることもあります。

 

 

傘やレインコートを持っていたとしても、傘からはみ出しがちなランドセルはどうしても雨がかかってしまいます。子どもは雨の日でも水に濡れてしまうかも…と心配することはなく、逆に楽しんでしまうこともあるのではないでしょうか。

 

ランドセルに使用されている素材の中で、一番水に強いと言えるのは人工皮革です。人工皮革のランドセルであれば水に強い素材なので濡れても大丈夫なのですが、天然皮革の場合は素材の表面に加工されているかどうかで、水に濡れてしまったときにランドセルが痛む原因になってしまうことがあります。

これまでに、天然皮革の財布や鞄を使ったことのある方は、革が水に濡れてしまうと水ぶくれやシミができてしまったり、固くなってしまったりという経験がある方もいるのではないでしょうか。そのため、天然皮革のランドセルはお手入れが大変なのでは…というイメージがあり不安に感じている方もいるようです。

 

しかし、最近の牛革やコードバンの天然皮革のランドセルには、表面に水をはじく無色透明なコーティングがされています。そのため、昔ほど水に濡れることを気にしなくてもよくなり、ほぼお手入れをしなくてもよくなってきています。

 

  • 防水加工…地裏側まで水を通さない加工
  • 撥水加工…生地表面を水が転がり落ち水を弾く加工

 

小さなお子さんが毎日の登下校で背負うランドセルなので、小さなお子さんがランドセルを雨に濡れないように扱ったり、雨に濡れてもまめにお手入れをするというのは難しいですよね。

 

最近の天然皮革のランドセルには、ほとんどの場合しっかりとした撥水加工や防水加工が施されています。中には、革の厚みの半分まで防水加工されているものもあるので、天然皮革のランドセルをお子さんに持たせるのならば、表面に防水加工や撥水加工がされているものを選ぶと安心です。

 

新品の革とヌメ革は水に注意!

天然皮革の表面に撥水加工がされているものが多くなってきてはいるものの、なかには撥水加工がされていない天然皮革のものもあります。では撥水加工がされていない天然皮革は水に濡れるとどのようになってしまうのでしょうか。

 

まず、水に濡れないように注意しなければいけないのは、新品の革とヌメ革です。天然皮革はある程度使用していると、革自体から脂が出て自然の保護膜でコーティングされるのですが、新品の革と表面が加工されていないヌメ革は保護膜がないため水に弱くなります。

 

では、保護膜がない状態の天然皮革が水に濡れるとどのような状態になってしまうのでしょうか。

 

 

◆革が固くなる

 

革がびしょ濡れになってしまい水分を吸うと、乾くまでの間に繊維が引き締まって固くなってしまいます。そして、濡れてしまった革を不安定な状態で放置して乾かしてしまうと型崩れした状態で固まってしまって元の形に戻りにくくなったり、ヒビ割れなどを起こしたりする場合があります。

 

◆革にシミができる

 

革が部分的に水に濡れてしまうと水がついた部分が水ぶくれのようになったり、しみこんでシミができてしまったりなど、一度できてしまうとこのシミは落とすことができないため、全体を濡らして目立たなくするか、経年劣化によって目立たなくなるのを待つかしかできなくなります。

 

加工がされていない天然皮革のランドセルが濡れてしまったらどうすればいい?

 

最近の天然皮革のランドセルには、防水加工や撥水加工がされているものが多くなったので、雨や雪で濡れてしまっても安心して使用できるようになりましたが、全てのランドセルに防水加工や撥水加工がされているわけではありません。

 

保護膜がない状態の天然皮革は水に弱いと言われます。そのため、ヌメ革には革用またはヌメ革用と記載のあるクリーム、革用または革の鞄にも使えると記載のある防水スプレーで定期的にお手入れをすることで、革を長く使うことができ楽しむことができます。

ここで気をつけてほしいのが、クリームやスプレーの成分によっては革を傷めてしまったり、シミになってしまうこともあるため、購入するときには使用できるかきちんと確認しましょう。

 

また、ランドセルの縫い目から水が染み込んで内部が濡れてしまったり、長く使っているうちに表面の防水加工や撥水加工がはがれてしまったりする場合もあります。

 

できるだけランドセルの縫い目や隙間から内部が濡れないように、濡れる前にランドセルカバーをつけたり、水に濡れてしまっても水に濡れてしまったまま放置せず、早めに乾いた布で水分を拭き取って、ドライヤーなどで急激に乾かさずに、日陰に置いて通気性のいい場所で乾かしましょう。
そして、革専用のオイルを塗るなどのお手入れをしておくとシミや型崩れを防止でき安心です。

 

ランドセルを購入するときのポイント

最近のランドセルのほとんどのモデルには防水・撥水機能が施されています。そのため、ランドセルを選ぶときには、背負いやすくお子さんの身体に負担がかからない機能が搭載されているものをおすすめします。

 

機能やデザインで選ぼうとするとランドセルの種類がたくさんありすぎるため、どれがいいのか悩むところですが、次のポイントを参考にしていただきながら楽しくランドセルを選んでくださいね。

 

 

ランドセル選びの6つのポイント!

 

Point@ 気に入ったデザインや色を選ぶ

 

PointA 素材を比較

 

PointB 背負いやすさの工夫

 

PointC A4フラットファイルサイズに対応

 

PointD 価格が安すぎるものは避ける

 

PointE 人気のあるランドセルは購入時期を早めに


 

たくさんの種類があるランドセルに目移りしてしまう方は、主なランドセルメーカーのランドセルづくりの取り組みや実績などをインターネットで検索してチェックして決めるのも、ランドセル選びを失敗しないためのおすすめの方法です。

 

天然皮革の防水加工・撥水加工まとめ

天然皮革の防水・撥水加工は通気性を保ったまま水分を通さないので、革が濡れることがなくなります。そのため、今まで天然皮革の弱点であった、水に濡れてしまうことによるシミやシワ、型崩れなどの問題を防ぐことができるようになりました。

 

しかも、防水・撥水加工がされたランドセルは、革の表面に膜ができているので、水分だけではなく汚れなどもつきにくくなって、汚れがついても落ちやすくなり、昔の天然皮革のランドセルよりも普段のお手入れが本当に楽になりました。

 

また、革は重いというイメージがありますが、ランドセルメーカーの背負いやすさの工夫によって、体感重量が軽くなったこともあり、近年では天然皮革でも重さは昔よりも軽く感じられるようになりました。
天然皮革ならではの風合いや手触りなど、使えば使うほど出てくる味わいをお子さんにも小さい頃から感じてほしいですね。