アウトレットランドセルはお得に購入できる?

毎年のように新しいモデルのランドセルが発表され販売されていますが、最新のモデルのランドセルで人気があるモデルのランドセルは数に限りがあることが多く、入学する前年度の9月頃までには売り切れになってしまいます。しかし、最新モデルのランドセルでなくても、機能性に問題ない型落ちのアウトレットランドセルならば、お得に購入することができます!

 

 

◆2021年度新モデル 最新情報【2020年2月20日更新】

 

・池田屋  1月29日より受付開始しています!

 

・カバンのフジタ 3月1日 WEB受付開始
 2021年度新モデル公開中

 

・村瀬鞄行 3月6日 WEB受付開始
 2021年度新モデル公開中

 

・羽倉 3月11日 WEB受付開始予定

 

・中村鞄製作所 3月13日 WEB受付開始
 2021年度新モデル公開中

 

・セイバン 3月12日より準備が整い次第WEB受付開始

 

・土屋鞄 3月12日 WEB受付開始

 

・宇野かばん 3月より WEB受付開始
 2021年度新モデル公開中

 

・生田ランドセル 4月2日 WEB受付開始
 2021年度新モデル公開中

 

・モギカバン 3月12日 WEB受付開始
 2021年度新モデル 2月29日公開

 

 

・萬勇鞄 2021年度新モデル公開中

 

・神田屋鞄製作所 3月上旬 WEBにて2021年度新モデル公開

 

 

2021年新モデルは、各メーカや工房の先行販売会などで、WEBよりも早く購入することができるところもあるので、公式サイトでチェックしておきましょう。

 

各メーカー・工房系 先行販売会・出張展示会・ショールーム情報

 

 

 

アウトレットランドセルってどんなランドセルのことをいうの?

 

アウトレットランドセルを購入するメリット・デメリット

 

アウトレットランドセルはどこで購入できるの?

 

アウトレットランドセルを購入する前に確認しておきたいこと

 

アウトレットランドセルを購入することができるサイトを紹介

 

アウトレットランドセルが届いたらまずは中身の確認を

 

ランドセルの偽サイトや詐欺サイトに注意してください!

 

2021年度 おすすめのランドセルメーカーランキング

 

 

アウトレットランドセルってどんなランドセルのことをいうの?

入学までに必要になるランドセルの一般的な価格帯は3万〜5万円、高いものでは数十万円もするなどけして安い買い物ではありません。小学校入学に向けての準備はランドセルだけではなく、小学校で使用する文房具や体操服、机などたくさんのものを購入するため費用は大きくなってしまいますよね。

 

できることならば少しでも費用をおさえたいという方におすすめなのがアウトレットランドセルです。使用するにはまったく問題はないものの、最新モデルのものよりも前年度〜数年前の新品の型落ちランドセル、展示品として使用していたもの、ほんの少しのキズや汚れがあったものなどをお得な価格で販売しています。

 

ランドセルは大きなモデルチェンジがない限り、機能性は最新モデルとそれほど変わりません。特に色やデザインにこだわらず、お得な価格でランドセルを購入したいという方に人気があります。

 

アウトレットランドセルを購入するメリット・デメリット

アウトレットランドセルのメリット

 

  • 30〜60%値引きされている
  • 品質や機能性が高いものがお値打ちに購入できる

 

アウトレットのランドセルのほとんどが前年度〜数年前の売れ残りの商品が多いのですが、最近のアウトレットのランドセルはA4フラットファイルサイズ対応のものや、防犯対策がついていたりなど、品質や機能性に問題はなく、最新モデルのデザインやカラーにこだわりがなければそれほど困るものではありません。

 

大手のランドセルメーカーのものであれば、ほとんどがアウトレットランドセルでも6年間の修理保証がついています。いいものをお得な価格で購入することができるのがアウトレットランドセルのメリットです。

 

 

アウトレットランドセルのデメリット

 

  • デザインやカラーが限られる
  • 販売される数が限られている
  • 直営店・公式サイト以外の購入だと偽物の場合がある

 

アウトレットランドセルは、売れ残ってしまった商品がほとんどなので、やはり人気があるデザインやカラーは先に売れてしまうためありません。また、数も限られてしまうためアウトレットのランドセルがいつ販売されるのかなど、メーカーの公式サイトなどでマメにチェックをしておかなければ、気がついたら売り切れ…なんてこともあります。

 

アウトレットランドセルはどこで購入できるの?

購入する方法はWEBか実店舗での購入となりますが、常時販売されているわけではないので、アウトレットランドセルを狙っている方は、いつ頃販売されるか欲しいブランドの公式オンラインショップをマメにチェックしてチャンスを逃さないようにしましょう

 

  • メーカー公式オンラインショップ
  • メーカー直営店
  • 大手量販店
  • 工房系販売店
  • Amazon・楽天などのショッピングサイト など

 

最新モデルのランドセルが販売される時期は4月頃からが多く、販売のピークは5〜8月と言われ、年々購入時期が早まってきているため、人気のある商品は夏頃には売切れてしまうものもあります。

 

ピークを過ぎた頃になると、多くのブランドがアウトレットランドセルの販売を始めるので、少しでも費用をおさえていいものを購入したい方は要チェックです!

 

アウトレットランドセルを購入する前に確認しておきたいこととは?

 

アウトレットランドセルは安いものがいい!という理由だけで購入してしまうと、後々不具合が出てきたときに困ってしまうことがあります。そのため、アウトレットランドセルを購入する前には必ず次のことを確認して下さい。

 

製造元メーカー

 

大手ランドセルメーカー(例:セイバン天使のはね、フィットちゃん、ふわりぃなど)のものを選ぶことで、品質に信頼性があり安心です。

 

6年間保証の有無

 

新品で購入したものに関してはほとんどのランドセルに6年間保証がついていますが、アウトレットランドセルの場合は保証がついているとは限らないため、購入するときに確認しておきましょう。
ランドセルが壊れてしまう理由にもよりますが、6年間保証がない最悪の場合、ランドセルを買い替えることになる可能性があります。

 

A4フラットファイルサイズ対応

 

A4フラットファイルサイズ対応かを確認せず購入してしまい、入学してお子さんがランドセルを使用するようになって、A4フラットファイルが入らなかったり、容量が小さく荷物があまり入らなかったりなど、実際に使用してから気がつくことがあるので、お得ということだけではなくサイズの確認もしておきましょう。

 

価格が安すぎる

 

アウトレットランドセルはお得な価格になってはいますが、実店舗を持っていないネットショップなど、他と比較したときに価格が安すぎるものは、不良品や偽物の可能性があるため注意しましょう。

 

返品・交換ができるか

 

「訳アリ」のアウトレットランドセルを購入した場合、不良品や偽物の可能性があるだけではなく、「返品不可」と返品に応じてもらえないことも多くあるため、購入する前に必ず返品方法や交換できるのかを確認してから購入しましょう。

 

アウトレットランドセルを購入することができるサイトを紹介

販売されている時期や数量などはメーカーによって違いますが、ネットでアウトレットランドセルを購入することができるサイトを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
また、ランドセルのサイズは現在主流となっているA4フラットファイルサイズだけではなく、A4クリアファイルサイズのものも販売されているので、A4フラットファイルサイズのランドセルを希望している方は注意してください。

 

フィットちゃんランドセル

 

 

フィットちゃんランドセルは大手ランドセルメーカーならではの機能性と色やデザインが豊富なので、アウトレットランドセルでも十分な機能性が搭載されています。ランドセルのサイズでは、A4フラットファイルサイズ対応、A4クリアファイルサイズ対応のものが販売されています。

 

 

セイバン天使のはねランドセル

 

 

セイバンのアウトレットランドセルは昨年のものが販売されており、機能性が高く背負うときに子どもに負担をかけないような工夫がされている、総合的にバランスが取れています。アウトレットランドセル全てのモデルがA4フラットファイルサイズ対応になっています。

 

 

ふわりぃ

 

 

ふわりぃのランドセルは、成長とともに変わっていく体型・身長などにも対応できるように、どんな子どもでも軽くて背負いやすい工夫がされているランドセルです。2016年〜2019年モデルのランドセルがアウトレットで販売されています。

 

 

中村鞄製作所

 

 

職人さんのこだわりによって作られた、子どもたちのことを考えた背負い心地、丈夫さ、安全性など安心設計のランドセルです。
ネットでのアウトレットランドセルの販売はなく、アウトレットやサンプル品を直接本店店舗で直接見て触った上での購入になります。また、商品の返品交換や取り置きはできません。

 

 

鞄工房山本

 

 

先代から現在まで、革の型入れ・裁断から仕上げまですべての工程を奈良の工房で一貫製造体制で行っており、一つひとつが手仕事で丁寧に作られているランドセルです。
商品の状態を確認したうえで販売するため、基本的に鞄工房山本 奈良本店のみでの販売になっています。また、商品の返品交換や取り置きはできません。

 

 

マツモト

 

 

マツモトのオリジナルランドセル「くるピタ」は、ランドセルの開け閉めまでもデザインする特許を取得しており、安全性が高く使い心地の良さにこだわっています。
展示品、訳あり品、在庫処分、型落ちなどのランドセルが公式オンラインショップでお得に購入することができます。在庫限りなのでお早めに。

 

 

アウトレットランドセルが届いたらまずは中身の確認を

アウトレットランドセルを購入してランドセルが届いたら、すぐに開封して、購入する時点ですでに確認されているキズや汚れなど、納得して購入しているもの以外のキズや故障しているところがないか確認をしましょう。

 

@ランドセルの変形
A縫製のほつれ
B革素材の傷・しわ
C金具類のサビや作動状況

 

ネットショップで購入した場合、初期不良の場合であれば「特定商取引に関する法律に基づく表記」に記載されているように、商品到着後5〜10日以内(メーカーによって違います)であれば返品することができます。

 

アウトレットランドセルを購入するときには、この記事に書いてある購入前のチェック項目を参考にしていただいて、品質がいいけれどお得なランドセルを見つけてください!

 

ランドセルの偽サイトや詐欺サイトに注意してください!

安い買い物ではないランドセルなので、できるだけ手頃な価格で購入したいとインターネットでの購入を考えている方もいるのではないでしょうか。

 

最近、問題になっているランドセルの偽サイトや詐欺サイトでは、インターネットで大手ランドセルメーカーのランドセルを格安で掲載し、実際には粗悪品を送ったり、お金を振り込んだのに商品が届かない、別の商品が届いた、カード情報を抜き取るフィッシングサイトだったなどの被害が出ています。

ランドセルブランドの公式サイトから無断で写真を転用して、いかにも正規で販売されているかのように装っているので、次のことをチェックしてみてください。

 

価格が安すぎる

 

大手ランドセルメーカーの最新モデルが公式価格の半値に近い値引きはありえません。また、人気モデルで在庫切れになっている商品が、在庫数が豊富な場合も注意が必要です。
安すぎる価格に疑問を持ちながらも、偽サイトや詐欺サイトでの口コミやレビューの「偽」高評価を見て購入してしまったケースもあるため、「偽」口コミやレビューにだまされないようにしましょう。

 

サイト内に不自然な日本語がある

 

外国語の文章を自動翻訳にかけると、言葉の並びがおかしかったり、変換された日本語が不自然なのが所々に見られるものは注意が必要です。

 

連絡先が記載されていない

 

公式サイトや正規の販売店などでは、連絡先を記載しなかったり、問い合わせ先のメールアドレスがフリーメールになっていることもありません。
連絡先が記載されていなかったりフリーメールが使用されていた場合は注意が必要です。

 

インターネットで通信販売を行う場合、「特定商取引に基づく表示」を掲載しなければなりません。

  • 販売元の企業情報
  • サイト運営者情報
  • 商品の販売に関する詳細 など

 

支払い方法が「銀行振込」「前払い」のみ

 

商品代金の支払い方法にクレジットカード払いや代金引換の選択肢がない場合は、振込先の口座の会社名が個人名や外国人名になっていないか、安全なサイトかどうかの確認をして、安易にお金を振り込まないようにしましょう。
また、クレジットカードが利用できるかのように見せかけて、入力されたカード番号が悪用されてしまったケースもあるため注意が必要です。

 

偽サイトや詐欺サイトにだまされない一番安全な方法は、公式サイトでランドセルを購入することです!

 

2021年度 おすすめのランドセルメーカーランキング

4月になると多くのランドセルメーカーから、新しいモデルのランドセルが販売されるようになります。ここでは、おすすめのランドセルメーカーの紹介しますので、これからのランドセル選びの参考にしてくださいね。

 

フィットちゃんランドセル

 

 

フィットちゃんランドセルはセイバンの天使のはねと同じように人気があり、評価が高いランドセルメーカーです。
大手ランドセルメーカーならではの機能性と、色やデザインが豊富なので、「かわいい」「かっこいい」ランドセルがたくさんラインナップされています。
また、数は限られていますがオーダーメイド対応で品質がいいもので低価格なモデルを出しています。

 

 

黒川鞄工房

 

 

黒川鞄工房は創業120年の「古き良き伝統ある暖簾(のれん)」と「創業者の理念」が継承された、現在五代目のオーナーである老舗ランドセルメーカーです。
分業化してランドセルを作るのではなく、ランドセルを1人で最初から作り上げられることができる職人さんが、工房で頑丈で美しいランドセルを作っています。
お子さんの健康を考えた「はばたく 肩ベルト」は、肩ベルトを立ち上げることで体感重量が軽くなり姿勢が良くなる効果が期待でき、お子さんの体への負担を軽減することができます。

 

 

池田屋

 

 

 

1950年に創業された池田屋のランドセルは、「厳選したよいものを」「お客様の立場に立ったものづくり」の2つのこだわりを持ってランドセルを作っています。
池田屋のランドセルは、職人さんによる常に背負いやすいランドセルへの工夫や努力がされており、子どもの小さな肩にかかる負担が軽減できるようにすべてのパーツの見直し、形状、素材、動きなどが検証されています。

 

 

HAKURA

 

 

 

千年の伝統を持つ日本一の鞄生産量を誇る鞄の街・豊岡から、高い品質基準を満たした鞄職人の誇りが詰まっている「豊岡鞄」が、2006年に特許庁に認められ地域ブランドになりました。「HAKURA」は、豊岡鞄ブランドと認定された初のランドセルです。
全19色の中から選ぶことができ、天然皮革の滑らかな艶や優しい色合いは、130年の伝統が培った職人技があるからこそです。ランドセルから工業製品の名残である「鋲(びょう)」を無くしシンプルなデザインになっています。お子さんが背負いやすような工夫もされており、高品質で安全性も高いランドセルです。

 

 

カバンのフジタ

 

 

 

ランドセルを作り始めてから60年になるカバンのフジタのランドセルは、シンプルでカラフルなものが多く、飽きのこない色やデザインだけではなく背あてにも色がついていたりなど、見ているだけでもワクワクする色の組み合せになっています。
アルファベットの「X」のような形状の肩ベルトや背あての部分に背負いやすくする工夫がされていることで、ランドセル本体と背中の隙間がなくなりフィットして体感重量が軽くなっている、お子さま想いのランドセルです。

 

 

鞄工房山本

 

 

 

奈良県橿原市の工房でランドセルを作りつづけて50年を迎える鞄工房山本は、鞄業界では作業の委託・分業が多いなか、一貫製造体制を守り続けており、革の型入れ・裁断から仕上げまですべての工程を、職人さんがこだわりを持って行っています。
22シリーズ86種類、カラーバリエーションも豊富にそろっており、素材選びから背負いやすさへの工夫、丈夫さ、安全性も高く、6年間飽きのこないランドセルがそろっています。

 

 

セイバン天使のはねランドセル

 

 

セイバンのランドセルはテレビのCMでもよく見ることが多く最もシェアが高い、ランドセル業界で最大手のメーカーです。
セイバンのランドセルは機能性が高く、背負うときに子どもに負担をかけないような工夫がされている、総合的にバランスが取れているランドセルメーカーです。
PUMAやコンバースなどのコラボなど豊富なラインナップがあります。

 

 

イオン かるすぽ(みらいポケット)ランドセル

 

 

テレビなどのCMなどでも見ることが多いイオンのランドセルは、ランドセルメーカーではありませんが、イオンオリジナルのランドセル「かるすぽランドセル」は、品質が高く人気があります。
今年の新作ランドセル「みらいポケット」は小マチの部分が8cmまで拡大ができて、上履きや給食袋などの荷物がたっぷりと入ります。
セイバンやフィットちゃんなどとコラボした限定モデルや、イオンのオンラインショップでしか購入できないランドセルも人気です。

 

 

ふわりぃ

 

 

老舗のランドセルメーカーである株式会社協和の「ふわりぃ」は、何よりもお子さんを最優先に考えた「子ども第一主義」の背負いやすいランドセルを作っています。
成長とともに変わっていく体型・身長などにも対応できるように作られており、障がい児用のUランドセルも高い評価を得ています。
また、オーダーメイドランドセルは、6年間使えるランドセルが自分の好きなデザインや柄にできるため特に人気が高くなっています。

 

 

KIDS AMI(キッズアミ)

 

 

キッズアミのランドセルは、職人さんが1つ1つのランドセルを丁寧に60年間作り続けてきたナース鞄工の自社ブランドです。派手なデザインのランドセルが増えている中、シンプルなデザイン、より長く使えるように耐久性を高く、背負い心地、使い心地にこだわりもった、卒業までの6年間ずっと使うことができる、デザインよりも品質を大切にしています。