風合いが魅力の牛革のランドセルとは?

 

ランドセルの素材として昔からの根強い人気がある牛革は、傷がついても目立ちにくく丈夫な素材です。お子さんの成長とともに傷や汚れまでも使い込むほど深い味わいが出てくるので、ランドセルの経年劣化を楽しむことができます。

 

ランドセルに使用されている牛革の特徴とは?

ランドセルに使用されている一般的な牛革は、その原料となる皮の多くを輸入に頼っており、原皮の生産量は食肉の生産量と同じで、アメリカ、オーストラリア、ブラジルなどの国からが多く、雄牛の革「ステア」が多く使用されており、表面のキメが細かく厚みが比較的安定しているので耐久性に優れています。

 

「ステア」は生後2年以上経った成牛の革を加工しており、使用されるのはオス牛で、生後3ヶ月〜6ヶ月の間に去勢することで気性が穏やかに育ち、ケンカをしなくなるので身体にできる傷が少なくなります。

牛革の特徴

 

・繊細でキメ細かく表面が美しい
・丈夫で長持ち
・使い込むほど風合いを楽しめる

 

牛革は乳牛や肉牛として飼育されている牛が素材とすることができるため供給量が安定していることもあり、天然皮革としては1番メジャーといえます。

 

また、日本国内産の革も管理状態がいいこともあり高品質の革として人気があります。日本国内で生産されている牛革のことを地生(じなま)と呼んでおり、有名なところでは姫路レザーや栃木レザーなどがあります。

 

牛革ランドセルの特徴とは?

 

人工皮革よりも重いと言われていた牛革も軽量化技術によって昔よりも重さを感じないようになり、雨などで水に濡れてしまったときや普段のお手入れが必要になる素材と言われていますが、最近でははっ水加工や防水加工などがされているランドセルが増えています。

 

しかし、加工の仕方はメーカーによって違っているため、口コミなどで先輩ママたちの評価を参考にしてみてください。

 

特徴

ベーシックで男女兼用のモデルが多く、温かみのある天然素材ならではの風合いがあり丈夫

重さ

1,100g〜1,400g程度

耐水性

水に弱いため、はっ水・防汚・色落ち防止の加工をしているものを選べば雨の日も安心

耐傷性

素材自体に強度があり、傷がついてもだんだんと馴染んで目立たなくなる

型崩れ

型崩れしにくく、使うほど体に馴染みやすい

価格

80,000円〜100,000円くらいのものが多い

 

牛革ランドセルの重量は、人工皮革のランドセルよりも約200g多いのですが、これだけならそこまで影響はないように思えますが、教科書やたくさんの荷物を持って通学する小さな体のお子さんには負担になってしまうことがあります。

 

牛革ランドセルの相場価格は8万円〜10万円ぐらいのものが多く、高いものだと15万円以上もするランドセルもあります。モデルによっては一部に人工皮革を使用したもの、凝ったデザインのもの、機能性が高いものなど種類はさまざまなので仕様によって価格は変わります。

 

牛革ランドセルを選ぶときには価格はもちろんのこと、お子さんの通学距離、体力、体の大きさなども考慮しつつ、ある程度重くても背負いやすい工夫がしてるものなどをランドセルを選ぶときのポイントにしましょう。

 

牛革ランドセルは使っているうちにボロボロになってしまう?

牛革は人工皮革と比べると耐久性が高いのですが、天然皮革であるため水に弱いという特徴があります。
ひと昔前の牛革ランドセルは雨や雪などで水に濡れるとしみこんでしまい、そのままケアをせずに放っておくと革が硬くなりひび割れてボロボロになってしまうことがありました。

 

その時の牛革ランドセルのイメージが現在もあることから、天然皮革である牛革ランドセルは水に濡れたときのお手入れが大変だからやめておこうか…と考えてしまう方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、現在の牛革ランドセルにはメーカーによる工夫によって、はっ水加工や防水加工がされているものがほとんどなので、基本的にヒビやシワ、めくれなどが起きないようになっています。

 

ただし、はっ水加工や防水加工がされていても、もともと天然皮革は水に弱い素材なので、雨などに濡れたらきちんと乾いた布でふき取って陰干ししておくなどのケアは必要です。
また、はっ水性や防水性の高さはメーカーによって違うので、水に濡れたらふき取るということは忘れないようにした方が長持ちします。

 

牛革ランドセルを長持ちさせるお手入れ方法とは?

天然皮革は革の表面に、はっ水・防水・耐傷・耐久性などの加工がされていないと、素材に油分が不足して乾燥することによってヒビが入りやすい素材です。
牛革ランドセルは加工がされているとしても、キレイに長持ちさせるためには定期的にオイルやクリームを使用してお手入れをすることが大切です。

 

牛革がヒビ割れてしまった時のお手入れ方法

 

基本的にヒビ割れなどが起こる原因である、水に濡れてしまった場合には、水分を乾いた布でふきとり、風通しの良い日陰で乾燥させることが大切です。

 

それでもヒビ割れてしまった場合には、革に栄養を与えてあげる必要があります。
天然皮革用のオイルやクリームを少量布につけて革になじませます。ここで注意をしてほしいのは、天然皮革だからどの種類のオイルやクリームでもいいだろうというわけではありません。

 

扱い方がデリケートなミンクオイルで、間違えた使い方をしてしまうと、革にシミやカビができてしまうことがあるので、わからない場合には牛革ランドセルに使用しても問題がないかお店の方に確認しましょう。

 

はっ水性や防水性の高さはメーカーによって違っていたりするので、面倒なお手入れをあまりしたくないという方は、天然皮革の加工に力を入れているとメーカーや工房のランドセルを選ぶことをおすすめします。

 

丈夫と言われる牛革ランドセルの耐久性や耐傷性は?

牛革は堅く丈夫な素材なので型崩れがしにくいので耐久性が高い素材です。しかし、牛革の財布や鞄を持っているほとんどの方は、表面に傷がついてしまったという経験をされているのではないでしょうか。牛革が素材になっているランドセルにも使っていればやはり傷や汚れがつくことは避けることができません。

 

しかし、革についてしまう傷は表面の加工の仕方によって大きく違ってきます。
革をしぼませて皺を作る立体的なシワ模様をシボ加工といいますが、シボ加工がされていると、使う動物や体の部分によって皺の寄り方や大きさ、膨らみ具合が違うものの、表面に傷や汚れがついても目立ちにくくなります。

 

(出典:土屋鞄製作所)

 

ただし、ヌメ革の場合はほとんど表面加工をせずに仕上げた革なので、独特の風合いが魅力とも言えますが、引っ掻き傷などが残りやすくなります。

 

牛革ランドセルを選んで後悔したなと思うこととは?

お子さんの小学校生活6年間、毎日使用するランドセルだからこそ、適当に選んでしまうと購入した後に後悔しやすいのが、「重さ」「サイズ」「機能」「色やデザイン」です。

 

牛革ランドセルの場合、多くの方が後悔したと思うことの1つに「重さ」があります。ランドセル選びの時には中身が空の状態で試しに背負うのであまり感じることがなかった重さも、通学するようになって教科書やその他の荷物をランドセルに入れるようになると、約4〜6kgと一気に重くなり、小さな体のお子さんには想像以上に重くなります。

 

高級感やデザインだけで、ランドセルが体にぴったりとフィットして体感重量が軽くなるような工夫がされていない牛革のランドセルを選んでしまうと、ランドセルの重さがそのままお子さんの肩や腰にかかってしまい、小さな体に大きな負担がかかってしまいます。

 

つまり、牛革ランドセルが重くて後悔する…というよりは、牛革でも人工皮革でも体感重量が軽くなる工夫がされていないものを購入してしまい後悔するということですね。

 

牛革ランドセルを購入するときには、ランドセルが体にぴったりとフィットして体感重量が軽くなるような工夫がされているメーカーや工房のランドセルを選ぶようにしましょう。

 

重いと言われる牛革も体感重量が軽くなってきている?

 

天然皮革が素材になっているランドセルは、人工皮革に比べると重い仕上がりになります。そのため、小さなお子さんの体の負担を考えて、軽い人工皮革のランドセルを選ぶ方が多くなっています。

 

しかし、近年の牛革のランドセルでも、一部を人工皮革にして重量を軽くしたり、背負ったときの体感重量が軽くなるようなメーカーによる工夫がされているものが増えてきたため、以前よりは牛革のランドセルが使いやすくなってきています。

 

牛革のランドセルは年数がたつにつれてお子さんの体になじんできます。ランドセルのなかでは人工皮革が一番人気がありますが、牛革ならではの風合いや手触りなどを手に取って、選択肢を増やしてみるのもいいのではないでしょうか。

 

牛革のアウトレットランドセルを購入するには?

アウトレットランドセルは、使用するにはまったく問題はないものの、最新モデルのものよりも前年度〜数年前の新品の型落ちランドセル、展示会やショールームにて展示品として使用していたもの、正規品としては販売できないほんの少しのキズや汚れがあるものなどをお得な価格で販売しているランドセルのことです。
相場は元値によっても変わりますが、割引率は大体20〜30%程度のものが多く、中には50%OFFとかなりお得に購入できるランドセルもあります。

 

工房系に多い牛革のアウトレットランドセルは、もともと生産数が多いわけではないので、ネットで販売されてもすぐに売り切れとなってしまいます。
販売時期などを公式サイトでまめにチェックをしておかないとなかなか最新の情報がゲットできず、すでにアウトレットセールが終了していることも少なくありません。

 

なかには、ネットでは販売されず、実店舗でのみアウトレットランドセルを販売する工房もあるので、これも公式サイトでのチェックが必要ですね。
また、ほとんどのアウトレットランドセルは、返品や交換ができないので、購入前に気になるところがある場合には、店舗への確認をすることをおすすめします。

 

アウトレットランドセルを購入するときは、6年間修理保証の期間などの確認や、なぜ安くなっているのか理由を確認してから購入しましょう。

 

 

女の子におすすめの牛革ランドセル

 

池田屋 イタリア製防水牛革プレミアム

 


◆販売価格:68,000円(税込)
◆カラー:全9色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm
◆主素材:牛革
◆重量:約1,300g


本体には特殊な防水加工が施された牛革が使用されており、本体と違うカラーがシンプルなデザインをおしゃれにしてくれています。
シンプルなデザインだからこその刺繍シールや反射シール(別売)を、自分の好きなようにつけることができるので自分だけのランドセルにアレンジすることができます。

 

 「池田屋 イタリア製防水牛革プレミアム」詳細はこちら
 池田屋ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

羽倉(HAKURA) オーダーランドセル

 


◆販売価格:62,700円(税込)〜
◆カラー:全 メイン21色×サイド12色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.2cm×高さ 30.6cm×マチ幅 12cm
◆主素材:牛革
◆重量:約1,320g


メイン21色・サイド12色から、自分だけの組み合わせでオーダーができます。カブセのホワイトにサイドカラーは7色から選ぶことができます。羽倉のスタイリッシュなデザインとフラップ(カブセ)とマチ(本体部分)に、それぞれ異なる色と革素材を組み合わせた、周りとはちょっと違った個性的でかっこいい羽倉ならではのランドセルです。

 

 「羽倉のオーダーランドセル」の詳細はこちらから
 羽倉(HAKURA)ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

土屋鞄 RECO【新シリーズ】


◆販売価格:79,000円(税込)
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.2cm×高さ 31cm×マチ幅 11.5cm
◆カラー:全5色
◆主素材:牛革
◆重量:約1,390g


新シリーズの「RECO」(レコ)は、性別の枠にとらわれず自分らしくいられる色を選べます。モダンなベーシックカラーがそろっており、装飾を控えたシックなデザインが背中にすっとなじんで自分らしさを引き立ててくれます。
本体と背あては同系色で「色」自体をフラットな目線で捉えられるランドセルで、素材の牛革は防水加工が施されています。

 

 「土屋鞄 RECO【新シリーズ】」の詳細はこちら
 土屋鞄ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

男の子におすすめの牛革ランドセル

 

土屋鞄 ベーシックカラープラス

 


◆販売価格:67,100円(税込)
◆カラー:全4色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.2cm×高さ 31cm×マチ幅 11.5cm
◆主素材:牛革
◆重量:約1,390g


本体色はベーシックなカラーに背あてと内装に彩りをプラスしたシリーズで、背負った時にちらりと顔をのぞかせる背中の色やさりげなく映えるように配色したステッチがアクセントが、飽きがくることがない絶妙なバランスです。お子さんの体に負担がかからないような工夫もされているので、安心して6年間使用することができます。

 

 「土屋鞄 ベーシックカラープラス」詳細はこちら
 土屋鞄ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

鞄工房山本 レイブラック(牛革)


◆販売価格:69,900円(税込)
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.3cm×高さ 30.5cm×マチ幅 12cm
◆カラー:全4色
◆主素材:牛革
◆重量:約1,390g


本体の黒に映えるレッド、ブルー、ブラウンのアクセントカラーのステッチが入っており、前締めベルトだけでなく、革の裁断面を仕上げるニスの色にまでこだわっています。内装やかぶせの裏は黒に統一されており、男の子らしさが強調された、かっこいいランドセルです。

 

 「鞄工房山本 レイブラック」の詳細はこちらから
 鞄工房山本ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

萬勇鞄 ノブレス(牛革)

 


◆販売価格:67,100円(税込)
◆カラー:全4色
◆サイズ:A4フラットファイル収納サイズ
     横幅 23.5cm×高さ 31.5cm×マチ幅 12cm
◆主素材:牛革
◆重量:約1,400g


前段ポケットチャームなどの金具はかっこいいブロンズ調に統一されており、内装のチェック柄とブラウン&ブロンズのアクセントが印象的でアンティークな雰囲気のスマートでシンプルなランドセルです。

 

 「萬勇鞄 ノブレス」詳細はこちら
 萬勇鞄ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

牛革のランドセルについてのまとめ

ランドセルに使用されている牛革は、ほとんどが生後3〜6ヶ月に去勢した2歳以上の雄牛の革「ステア」が多く使われています。
表面のキメが細かく、厚みがあり、耐久性にも優れているため、こだわりを持って素材として使用しているメーカーが多く、牛革の産地・性別・年齢によって分類されている牛革を、用途に合わせて使用しているメーカーもあります。

 

牛革のランドセルは、人工皮革と比べるとお手入れなど繊細な面があります。しかし、現在のランドセルはお手入れが大変だと言われていた天然皮革も、昔よりも撥水加工や防水加工などの技術があがったこともあり、お手入れがしやすくなりました。

 

長く使用したい素材だからこそ、ランドセルを購入するときには「6年間保証」がついているものを必ず選びましょう。6年間保証の内容は、メーカーによって保証範囲が違うので、どこまでが無料修理をしてもらえるのか、修理期間中のランドセルの貸し出しはあるのかなどの確認をしておくと安心です。