小学校の授業が変わる?タブレット教材とは

 

政府は、2023年度までに全国の小中学校の生徒に対し、1人1台のパソコンやタブレット端末が使える環境を整えて、タブレットで授業を受けることを推奨しており、最近では授業にタブレット端末を活用している学校が増えてきています。

 

小学校の授業では英語やプログラミングなどといった教育改革が始まっていることもあり、すでにタブレット学習が取り入れられて、毎日持ち帰っているお子さんもいると思いますが、今後は、全国の学校でタブレット端末の配布や購入をすることになり、毎日の登下校でタブレットをランドセルに入れて持ち運ぶということになってきます。

 

タブレットの収納に対応しているランドセルの特徴とは?

これからタブレットで授業を受けることになってくると、タブレットをランドセルに収納して登下校することになります。
小学校で使用するタブレット端末の多くは、10.1インチ〜10.5インチ程度のものが多く、基本的にA4フラットファイルサイズ対応の大容量ランドセルであれば、タブレットを収納することができます。

 

しかし、タブレット端末収納に対応したランドセルであれば、よりデジタル端末への衝撃を和らげることができるので、タブレットを安全に持ち歩くことができるので安心して収納することができます。

 

タブレット収納に対応しているランドセルの特徴

 

・専用の収納スペースがある
・タブレットケースを固定できる
・ランドセルの底板に衝撃緩和材が入っている など

 

タブレット収納に対応していないランドセルでも、クッション素材のタブレットケースに入れて、小マチなどに収納することができるランドセルがほとんどです。

 

しかし、ランドセルが頑丈に作られているとはいえ、タブレット端末は精密機器なので、ランドセルのロックをし忘れていた場合、中の荷物と一緒に飛び出してしまって破損や故障してしまうことがあるかもしれないので、収納したタブレットが落ちないような工夫がされているランドセルがの方が安心です。

 

入学する小学校によって、タブレットは学校保管が原則で持ち帰りをしなかったり、学校から貸与されるタブレットのサイズが収納ケースやポケットと合わず、ランドセルに収納できないということもあるかもしれないので、購入前に学校へ確認したうえで準備をしましょう。

 

現在、タブレット購入の予定はなくても、これから先にタブレット端末を導入することになるかもしれないので、対応できるモデルを選んでおいた方がいいでしょう。

 

タブレット収納対応のおすすめランドセルを紹介!

 

セイバンのランドセル

 

「モデルロイヤル クラシック MyStyle タブレットケース付き」は、モデルロイヤルの充実した機能性とクラシカルなデザインにタブレット収納がプラスされています。
タブレットケースがセットになっており、ケースはクッション性が高く自由に着脱でき、幅 17cm×高さ 24cmサイズまでのタブレットを収納することができます。快適に背負うための「天使のはねランドセル基本機能」がすべて搭載された高機能・高品質のランドセルです。

 

 セイバン 公式ページはこちら
 セイバン「天使のはね」ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

モデルロイヤル クラシック MyStyle タブレットケース付き

 

価格

期間限定価格:57,420円(税込)

サイズ

A4フラットファイル収納サイズ

横幅 23.5cm×高さ 31cm×マチ幅 12cm

【タブレットケースサイズ】

幅 約23.5cm×高さ 約30cm×厚み 約2.5cm

カラー

全6色

主素材

クラリーノ エフ 「レインガード Fα」

重量

約1,280g

 

 モデルロイヤル クラシック MyStyle タブレットケース付きランドセルの詳細はこちら

 

 

イオンのランドセル

 


 

6年間を支える機能がいろいろついているみらいポケットに、これからのタブレット端末、デジタル教科書の導入を見据えて、タブレットケース付軽量モデルが新登場しました。
タブレットの重さを感じにくくするために背あて側に収納スペースが作られており「10.5インチ」サイズのタブレットでもラクラク収納できます。面ファスナーで装着するケースなのでしっかり固定され、取り外すと通常のランドセルとして使用することができます。

 

 イオン 公式ページはこちら
 イオンランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

みらいポケット トゥインクルホロスコープ フラットキューブ(タブレットケース付)

 

価格

60,775円(税込)

サイズ

A4フラットファイル収納サイズ

横幅 23.5cm×高さ 31.5cm×マチ幅 11cm

カラー

全4色

主素材

クラリーノ タフロック NEO

重量

約1,140g(タブレットケースは除く)

 

 かるすぽ みらいポケット トゥインクルホロスコープ フラットキューブ(タブレットケース付)の詳細はこちら

 

 

みらいポケット ハイテクスポーツ FLATCUBE(タブレットケース付)

 

価格

71,500円(税込)

サイズ

A4フラットファイル収納サイズ

横幅 23.5cm×高さ 31.5cm×マチ幅 11cm

カラー

全4色

主素材

クラリーノ タフロック NEO

重量

約1,120g(タブレットケースは除く)

 

 みらいポケット ハイテクスポーツ FLATCUBE(タブレットケース付)の詳細はこちら

 

 

KIDS AMI(キッズアミ)のランドセル

 

 

大マチ幅12cm+小マチ幅が最大約8cm拡がる大人気モデルのペリカンぽっけに、大マチ内部に新機能であるタブレットポケットがつきました。大マチに11インチのタブレットをスッポリ収納でき、カブセふたによってしっかりと固定することができます。

 

 キッズアミ 公式ページはこちら

 

 

キッズアミ ペリカンポッケプラス

 

価格

72,600円(税込)

サイズ

A4フラットファイル収納サイズ

横幅 23.5cm×高さ 31.5cm×マチ幅 12cm+8cm

(小マチのファスナー開閉で奥行 12cm+8cm)

カラー

全8色

主素材

クラリーノ タフロック NEO

クラリーノ エフ

重量

約1,260g

 

 キッズアミ ペリカンポッケプラス【女の子】の詳細はこちら
 キッズアミ ペリカンポッケプラス【男の子】の詳細はこちら

 

 

鞄工房山本のランドセル

 

 

他のモデルに備えている「小マチ幅(2.5cm)」を無くして、タブレットやモバイルバッテリー用収納スペース分で「大マチ幅(2.5cm)」サイズアップした、タブレットが収納できるシリーズが登場しました。
大マチにある専用スペース(2.5cm)にはタブレットがすっぽりと入るので持ち運びも安心です。また、手前に8cmも開いて使いやすい前ポケットは、たくさん物が入っても型崩れしにくく、内部にはモバイルバッテリーを収納できるポーチポッケが装備されているので、登下校中に充電することもできます。

 

 鞄工房山本 公式ページはこちら
 鞄工房山本ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

 

ラフィーネ・タブレット(牛革)持ち手なし

 

価格

74,900円(税込)

サイズ

A4フラットファイル収納サイズ

横幅 23.3cm×高さ 30.5cm×マチ幅 14.5cm

カラー

全2色

主素材

牛革

重量

約1,440g

 

 ラフィーネ・タブレット(牛革)持ち手なしの詳細はこちら

 

 

レイブラック・タブレット(牛革)持ち手なし

 

価格

74,900円(税込)

サイズ

A4フラットファイル収納サイズ

横幅 23.3cm×高さ 30.5cm×マチ幅 14.5cm

カラー

全2色

主素材

牛革

重量

約1,440g

 

 レイブラック・タブレット(牛革)持ち手なしの詳細はこちら

 

 

タブレット収納に対応しているランドセルは今購入するべき?

タブレットは、私立小学校などではすでに1人1台で導入されているところもあるのですが、公立小学校では予算の関係もあり、1人1台でタブレットを利用することができないというところも多くあります。そのため、タブレットを購入するかレンタルにして保護者の方にもレンタル代を一部負担してもらう、という形を取る小学校もあるようです。

 

政府は2023年度までに全国の小中学校の生徒に対し、1人1台のパソコンやタブレット端末が使える環境を整えて、タブレットで授業を受けることを推奨しているので、こらからは多くの学校でパソコンやタブレット端末が取り入れられることになります。

 

ただし、数年後に「やっぱりタブレットの全国導入やめます」となる可能性もゼロとは言えないので、タブレット収納タイプで価格が少し高くなってしまうこともあり購入しようか迷うところではありますね。

 

どちらのタイプを購入するとしても、タブレット収納タイプを販売しているメーカーでは、もともとある機能性や品質がいいモデルにタブレット収納の機能をプラスしているものが多いので、「あったら便利」と言った感じでどちらがいいのかあまりこだわらなくてもいいのではないでしょうか。

 

2022年度 おすすめのランドセルメーカーランキング

現在、すでにタブレット端末の導入をしていたり、これから導入されることが決まっている小学校へ入学するという方に、おすすめのメーカーや工房系を紹介します。タブレット端末を収納できるモデルだけではなく、大容量のA4フラットファイル対応サイズであれば、基本的にタブレット端末を収納することは可能なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

黒川鞄工房

 


黒川鞄工房は創業120年の「古き良き伝統ある暖簾(のれん)」と「創業者の理念」が継承された、現在五代目のオーナーである老舗ランドセルメーカーです。
分業化してランドセルを作るのではなく、ランドセルを1人で最初から作り上げられることができる職人さんが、工房で頑丈で美しいランドセルを作っています。
お子さんの健康を考えた「はばたく 肩ベルト」は、肩ベルトを立ち上げることで体感重量が軽くなり姿勢が良くなる効果が期待でき、お子さんの体への負担を軽減することができます。

 

 黒川鞄 公式ページはこちら
 黒川鞄ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

フィットちゃんランドセル

 


フィットちゃんランドセルはセイバンの天使のはねと同じように人気があり、評価が高いランドセルメーカーです。
大手ランドセルメーカーならではの機能性と、色やデザインが豊富なので、「かわいい」「かっこいい」ランドセルがたくさんラインナップされています。
また、数は限られていますがオーダーメイド対応で品質がいいもので低価格なモデルを出しています。

 

 フィットちゃん 公式ページはこちら
 フィットちゃんランドセルの特徴・口コミはこちら

 

鞄工房山本

 


奈良県橿原市の工房でランドセルを作りつづけて50年を迎える鞄工房山本は、鞄業界では作業の委託・分業が多いなか、一貫製造体制を守り続けており、革の型入れ・裁断から仕上げまですべての工程を、職人さんがこだわりを持って行っています。
22シリーズ86種類、カラーバリエーションも豊富にそろっており、素材選びから背負いやすさへの工夫、丈夫さ、安全性も高く、6年間飽きのこないランドセルがそろっています。

 

 鞄工房山本 公式ページはこちら
 鞄工房山本ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

羽倉(HAKURA)

 


千年の伝統を持つ日本一の鞄生産量を誇る鞄の街・豊岡から、高い品質基準を満たした鞄職人の誇りが詰まっている「豊岡鞄」が、2006年に特許庁に認められ地域ブランドになりました。「HAKURA」は、豊岡鞄ブランドと認定された初のランドセルです。
全27色の中から選ぶことができ、天然皮革の滑らかな艶や優しい色合いは、130年の伝統が培った職人技があるからこそです。ランドセルから工業製品の名残である「鋲(びょう)」を無くしシンプルなデザインになっています。お子さんが背負いやすような工夫もされており、高品質で安全性も高いランドセルです。

 

 羽倉(HAKURA) 公式ページはこちら

 

池田屋

 


1950年に創業された池田屋のランドセルは、「厳選したよいものを」「お客様の立場に立ったものづくり」の2つのこだわりを持ってランドセルを作っています。
池田屋のランドセルは、職人さんによる常に背負いやすいランドセルへの工夫や努力がされており、子どもの小さな肩にかかる負担が軽減できるようにすべてのパーツの見直し、形状、素材、動きなどが検証されています。

 

 池田屋 公式ページはこちら
 池田屋ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

セイバン天使のはねランドセル

 


セイバンのランドセルはテレビのCMでもよく見ることが多く最もシェアが高い、ランドセル業界で最大手のメーカーです。
セイバンのランドセルは機能性が高く、背負うときに子どもに負担をかけないような工夫がされている、総合的にバランスが取れているランドセルメーカーです。
PUMAやコンバースなどのコラボなど豊富なラインナップがあります。

 

 セイバン 公式ページはこちら
 セイバン「天使のはね」ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

カバンのフジタ

 


ランドセルを作り始めてから60年になるカバンのフジタのランドセルは、シンプルでカラフルなものが多く、飽きのこない色やデザインだけではなく背あてにも色がついていたりなど、見ているだけでもワクワクする色の組み合せになっています。
アルファベットの「X」のような形状の肩ベルトや背あての部分に背負いやすくする工夫がされていることで、ランドセル本体と背中の隙間がなくなりフィットして体感重量が軽くなっている、お子さま想いのランドセルです。

 

 カバンのフジタ 公式ページはこちら
 カバンのフジタランドセルの特徴・口コミはこちら

 

萬勇鞄

 


6年間快適に使用できるよう、一番負担がかかりやすい背あてと肩ベルトの部分を頑丈に、職人さんが1つ1つの工程を手縫いで丁寧に仕上げています。牛革やコードバン素材のランドセルにも刺繍等を施すなどデザイン面にもこだわりがあります。
工房系のランドセルはシンプルなものが多いなか、萬勇鞄のランドセルはカラーバリエーションやデザインが豊富にあるので、お子さんの好みに合わせたお気に入りのランドセルを選ぶことができます。

 

 萬勇鞄 公式ページはこちら
 萬勇鞄ランドセルの特徴・口コミはこちら

 

モギカバン

 


1929年に創業したモギカバンのランドセルは、伝統を重んじながらも、時代や環境の変化に対応した先進性を追求した、シンプルなのに存在感のあるランドセルです。
素材へのこだわり、熟練の職人さんの技術、少しでも重さを軽減するためのウィング背カンや、ランドセルのヘリをなくしたキューブ型など、機能性や安全性など6年間安心して使用することができます。

 

 モギカバン 公式ページはこちら

 

ふわりぃ

 


老舗のランドセルメーカーである株式会社協和の「ふわりぃ」は、何よりもお子さんを最優先に考えた「子ども第一主義」の背負いやすいランドセルを作っています。
成長とともに変わっていく体型・身長などにも対応できるように作られており、障がい児用のUランドセルも高い評価を得ています。
また、オーダーメイドランドセルは、6年間使えるランドセルが自分の好きなデザインや柄にできるため特に人気が高くなっています。

 

 ふわりぃ 公式ページはこちら
 ふわりぃランドセルの特徴・口コミはこちら