クラリーノランドセルにお手入れは必要なの?

決して安い買い物ではないランドセルは、購入すれば丈夫に作られていることもあり、6年間ほとんどの方が買い替えるということはありません。

 

ランドセルに使用されている素材には、コードバン(馬革)や牛革の天然皮革、クラリーノなどの人工皮革があります。
ランドセルに使用されている素材で一番多く使用されているクラリーノは本革に似せて作られた素材で、軽くて水に強く耐久性も強いことからさまざまなものに応用されて使用されています。

 

クラリーノランドセルはお手入れはとても簡単なのですが、まったくお手入れをしなくていいというわけではありません。長い期間使用するランドセルなので少しでも長くキレイな状態を保ちたいならば、定期的なお手入れをすることがおすすめです。

 

日常的なクラリーノランドセルのお手入れ方法

軽くて耐水性、耐久性に優れているクラリーノですが、日常的に気をつけておきたいお手入れ方法を紹介します。

 

 

水に濡れたときのお手入れ

 

クラリーノの表面には、耐久効果が高いウレタン樹脂が使用されており、雨や雪などの水に強く撥水加工がされているので特別なお手入れはいりません。
濡れてしまっても基本的に乾いた布でふき取る程度のお手入れだけで、色が落ちてしまったり型崩れなどしません。

 

ここで注意してもらいたのが、早く乾かしたいからとドライヤーを使用してしまうと、熱に弱いので素材にヒビ割れしてしまうことがあります。

 

 

傷を予防するためのお手入れ

 

クラリーノにはいつくかの種類がありますが、傷に強いクラリーノ「タフロック」など以外では、傷や折れ曲がりなどの物理的なダメージには弱いということもあります。
日常的にランドセルカバーで保護しておくと傷や汚れからランドセルを守ることができキレイに保つことができます。

 

しかし、長期間ランドセルカバーをつけたままにしているとランドセルの表面とカバーがくっついてしまい、外すときに一緒にめくれてしまったり、傷になってしまうことがあるので、1週間に1度程度、時々カバーを外すようにしましょう。

 

クラリーノランドセルが汚れてしまったときのお手入れ方法

毎日の通学で背負うランドセルは、普通に使っているだけでも汚れてしまうことがありますが、元気な子供たちは遊ぶときにランドセルを床や地面にポンと置いたりしてしまうこともあります。

 

外側の汚れをキレイにするには

人工皮革であるクラリーノは汚れも簡単に落とすことができます。手軽に落とす方法としては、水に濡らした布をかたく絞って水拭きをする方法です。
中には、水拭きだけで落ちない汚れもありますが、その場合は中性洗剤を水で薄めてから布に浸してしっかりとしぼり、ランドセルについた汚れを拭いてから陰干しをするとキレイになります。

 

内部の汚れをキレイにするには

ランドセルの中に教科書などをしまうときに、内部に細かいゴミやホコリなどが入ったりして、どうしても内部も汚れてきてしまいます。ランドセルの中からゴミやホコリを取り出してから、中性洗剤を薄めた水と布を使用して内部をキレイに拭き取りましょう。

 

中性洗剤を使用するときの注意点

 

中性洗剤にはいろいろな種類がありますが、自宅にある、台所用や洗濯用(エマールなど)の洗剤で大丈夫です。
水で中性洗剤を薄めますが、ランドセルについたままにしてしまうとカビが発生してしまうことがあります。布をしっかりとしぼって使用するか、水で濡らした布でもう一度拭いて中性洗剤を落としましょう。

 

まとめ

人工皮革であるクラリーノは、天然皮革と比べるとお手入れがとても簡単なので、お子さんでも自分でお手入れをすることができます。自分でお手入れをすることでランドセルをより大切にしようと思えるのではないでしょうか。

 

ランドセルの素材としての丈夫さは、どうしても天然皮革には劣ってしまいますが、日ごろから水に濡れてしまったときや汚れをケアしていくことで、6年間キレイな状態でランドセルを使用することができます。

 

また、クラリーノが使用されているランドセルはデザインやカラーバリエーションが豊富で多くのランドセルメーカーからたくさんのランドセルが販売されています。
お子さんと一緒にお気に入りのランドセルを見つけてくださいね。